« 和田峠.古峠の探索と鷲ヶ峰 | トップページ | 愚かな「孫黒檜山」の命名を嗤う »

大峠から南大菩薩・黒岳へ ~56年を経て

2016年8月26日

この夏の天候不順はひどい。
なんでもかんでも地球温暖化のせいにするのも陳腐だが、こう毎年異常気象が続くとやはり原因は温室化効果かなと思うしかない。

トレーニング山行をしたいのだが、そんな経過で2週間も間が開いてしまった。
ようやく今日(25日)チャンスがきた。
行き先は大月市の北西にある大峠から
小金沢・黒岳1987m。
標高差は400m強。
普通のハイカーなら楽勝のレベルだが、再起途上の私には簡単にはクリアできないハードルである。

私が大菩薩嶺から南へ伸びる小金沢連嶺を北から南へ縦走し、黒岳に至り、ここで東に進路を変えて、今日のスタート地点ここ大峠に下りて来たのは今から56年前のこととなる。
今では大峠まで車道が通じているが、もちろん当時は違う。
大峠から大月近くの真木まで、木材搬出用の木馬道(きんまみち)が延々と続き、重い足を引きずってようやく真木のバス停にたどり着いた。

Img007  場所は別の所だが、これが木馬道
ソリに木材を積み馬がこれを引いた。
1960年ころから用途がなくなり、今日この実物を見ることはほとんど不可能であろう。

今日はその大峠から、あの日とは反対に、老いの身を重力に逆らって黒岳まで運び上げようとしてするものである。

Dscn6199 大峠から大菩薩南嶺の最南端、滝子山を見る。

Dscn6196 大峠の黒岳登山口~峠の風情は一変している。
この反対(背中)側には、昔の500円札の裏の富士山撮影地として有名な雁ヶ腹摺山の登山口がある。

56年前の記憶はおぼろげながら、登山道はかなり笹藪に覆われていたように記録には書いてある。
今は明瞭な登山道が通っている。
ただ、途中の1792m標高点(赤岩ノ丸というらしい)を通過してから不意に不明瞭になった。
紛らわしい赤テープに惑わされるが、尾根筋を外さなければ大きな間違いはしない。
・・・ここで私が少々の迷走をしたのは、赤岩ノ丸手前に右へ迂回することを示す標識を見落として直進したためである。

登山道は、登山口から終始一貫して急な登りがなく、クッション性の良い土の上を歩くので足に優しい。

Dscn6197 もしかしたら67年前に見たかもしれないが、もう少し後の標識と思われる。
それでも朽廃し文字の判読不能。

一貫して樹林帯を登るため、一度も眺望を得られないまま、黙々と歩き、大菩薩から黒岳に連なる主稜線に乗り上げた。

Dscn6198 一等三角点・黒岳 ~これで4度目になるかな・・・
以前と違い山頂回りの樹木が伐採されているので明るい雰囲気になってはいるが、相変わらず展望はない。

山頂までの所要時間はジャスト2時間。
昭文社登山地図では1時間半だから30分多くかかっている。
30%増しか・・・
昭文社地図のコースタイムは中高年にはおおむね妥当な値になっている。

私も1年前くらいまではなんとかそれをクリアできていた。

今日の結果は病み上がり、というハンディはあっても自身を納得させられるものではない。
やはり加齢による限界なんだろうか。
せめて20%増しくらいのレベルにしたいものだが・・・

登りも不本意だが、それにも増して深刻なのが下りであった。
おそらく薬がもたらす作用だろうが、体のバランスが悪くなっていて転倒が怖い。
血小板が低下しているため出血することは厳禁である。
転倒しないために勢い足の運びが慎重に、緩慢になる。
以前なら路面状態がよければ小走りしていたようなところでも
単にスピード低下ばかりでなく、上りより下りの方が足への負荷が大きい。
膝が笑い、今にも痙攣がおきそうである。
下り用の筋肉がまだできていないのだろうか?
結果として、下りの標準タイム1時間に対し、1時間40分もかかってしまった。
峠まで戻った時にはもう一歩も歩けないほど
ヘロヘロになっていた。

今日は28日の会山行のための足試しの意味があった。
しかし、この調子ではとても当日の800m近い標高差を下ることはできない。
帰宅してさっそくリーダーのM氏に参加取り消しの連絡をした。

まだまだ前途の楽観はできないことを痛感させられた山歩きであった。

|

« 和田峠.古峠の探索と鷲ヶ峰 | トップページ | 愚かな「孫黒檜山」の命名を嗤う »

登山」カテゴリの記事

コメント

いろいろ頑張っておられますね!
大菩薩、大峠と見て、てっきり雁ヶ腹摺山かな!と思いましたら黒岳、小金沢山でした!
2005年11月に単独で介山荘に泊まり、翌日に小金沢山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山とピストンして上日川へ下りました。
2015年に仲間と大峠から雁ヶ腹摺山へピストンで行きました。
ようするに風花様が歩かれた大峠から黒岳、牛奥ノ雁ヶ腹摺山までは歩いていません(ーー;)
大峠が通行閉鎖になる前に行ってみたいと思いました。
どちらも霧で展望はゼロでした。
出来れば大峠の閉鎖がもう少し後だと良いのですが、山梨は積雪は無くても林道がアイスバーンになることがあるので、寒くなると危険なのでしょうね。
大菩薩界隈もコースは縦横にあるのですが、マイカーだと制限されてしまいます。
少しずつ、無理せず山歩きを継続されて、羨ましい限りです。

投稿: のりこ | 2016年8月27日 (土) 10時05分

のりこ様
そうですよね、大峠まで入る人はあらかた雁ヶ腹摺へ向かいますよね。
大峠への車道は供用開始後しばらくは通年で通行できました。
そのころ私は大晦日に雁腹に登ることを習慣にしていました。
黒岳はあまり魅力を感じない山ですが、そのすぐ南にある白谷ヶ丸は素晴らしいです。
広い草原状の山頂で、牧歌的雰囲気が横溢していて、何時間でもボンヤリしていたい所です。
さらに南へ下がり湯ノ沢峠から登り返した大蔵高丸もかつては白谷ヶ丸に負けない爽快な山頂だったのですが、今では雑木が覆ってきつつあり、かなり雰囲気が損なわれています。
大菩薩南山嶺の南端になる滝子山も、バリエーションの浜立尾根から登るのが私のお勧めなんです。
新潟からはいかにも遠隔になりますが、フットワークの良いのりこさんには是非機会をつくって遠征していただきたいものです。

投稿: 風花爺さん | 2016年8月27日 (土) 12時08分

風花さん、こんばんは

やはり気力が凄いですね!登り2時間は厳しいです。
今年の暑さは今までに感じた事の無いくらいで、遠見尾根の撤退以来山に足が向きません。 米子大瀑布から根子岳を目指した時も同様でした。昨日から漸く涼しさが感じられる様になって来ましたが、果して気力も蘇るでしょうか?痛めた足が腫れていて、登山靴を履くと傷みます。風花さんも頑張っているのだから頑張ろうかな・・・

投稿: 岳 | 2016年8月28日 (日) 19時19分

岳様
長野県はそんなに猛暑が続いたのですか。
自分の体温を超えるような気温になると、たいていの人は気力も体力も低下してしまいます。
9月の声を聞いたら少しは良くなるでしょおうか?
それより岳山の脚が心配です。
随分長くなりますね。
登山靴が履けないのでは山歩きは不可能ですよね。
原因不明なんですか?
だとすると治療の方法もみつかりませんね。
たいていのことは人間の持つ自然治癒力で時間さえかければ良くなるものですが・・・
私の方は行きつ戻りつですが、なんとかなってくれるものと期待しているのです。

投稿: 風花爺さん | 2016年8月29日 (月) 06時27分

木馬道と呼ばれるものは、てっきり木材を引き摺ることにより、ヘラで抉ったように付けられた道跡だと思っていました。写真をみて驚きました。
一つ疑問に感じたのは、馬はどのように歩行したのだろうかということです。大変貴重な写真をありがとうございます。

投稿: itta | 2016年8月29日 (月) 21時51分

itta様
まことにご尤もなお尋ねです。
写真のような場所では馬は歩けませんから、人力で引いたそうです。
路面と木馬の間に隙間がない場所までくると、馬に代わったのではないでしょうか。
私が山登りを始めた昭和30年代ではどこでも見られたものですが、その後森林起動が出来たり、車道網が整備されてきてアッという間にご用済みになってしまいました。
林業遺産としてどこかに保存されていないものでしょうか。

投稿: 風花爺さん | 2016年8月30日 (火) 06時33分

風花さま~ 今晩は。

昨日は気象台統計以来の東北上陸、岩手や北海道は大雨による川の氾濫で大きな被害が報じられています。
特に北海道は度重なる台風襲来で相当痛めつけられてお気の毒としか言いようがありません。

木馬道は昔京都北山で一度だけ見た事があります。木材を搬出するための手段だったかと思います。今はリフトや林道を使いトラックで運搬できますが林業の衰退は目を覆うばかりです。

徐々にレベルを上げながらの山歩きに頭が下がります。
当方は猛暑続きに気力が萎え、殆どこの夏は余り歩いていません。年上の風花さまがこれだけ頑張っていられるのに
じっと指を咥えて眺めているわけにはまいりませんネ~

投稿: かおり | 2016年8月31日 (水) 22時16分

かおり様
耐風10号が描いた奇蹟は異例中の異例のようで、まるでこの夏の天候不順を象徴しているようにもおもえました。
利根川水源地には恵みの雨になったのでしょうが、それを上回る被害をもたらしましたね。
木馬道は過酷な林業の象徴ですが、私には懐かしい風景です。
関東周辺での山歩きではごく普通に見られましたね。
炭焼き同様時代を表すものが遠くの方にいってしまいました。
右肩上がりで順調に回復すると期待していたのですが、どうもそうは問屋がおろしてくれないようです。
ここ10日ほど、食欲不振、体調不良気味なんです。
つい泣き言を言ってしまいました。

投稿: 風花爺さん | 2016年9月 1日 (木) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/67181978

この記事へのトラックバック一覧です: 大峠から南大菩薩・黒岳へ ~56年を経て:

« 和田峠.古峠の探索と鷲ヶ峰 | トップページ | 愚かな「孫黒檜山」の命名を嗤う »