« 南房総・麻綿原のアジサイは今が花盛り | トップページ | 三峰山に寄り道し美ヶ原へ »

「南高尾山稜」で復活3戦目

2016年7月27日

梅雨明けが遅れている関東地方は夏とは名ばかりの低温の日々である。
こんな時は高尾山界隈の低山歩きも苦にならないのがありがたい。
そこで今日(25日)このところ少し間があいた南高尾に向かう。
このところ定番にしているズル~10:14高尾山口駅前発の相模湖行きのバスに乗り、大垂水峠で下車する~をして高度を200mほど稼ぐ。

大垂水峠から登り始めると、足取りがシッカリしてきていることが実感された。
この調子なら自分が思っていたより大分早く復調できそうだな、と思わず色気が出てしまった。

Dscn6067 峠から南高尾の稜線に乗りあげた位置の標識。
南高尾の尾根筋では今の時期、ギボウシと、香りだけで存在が分かる山百合くらいしか花を見ない。

Dscn6068 今日の最高点「大洞山」~といっても標高わずかに536mで高尾山より低い。
大垂水峠との標高差もたったの150mほど。
いったん下り、右への巻き道を取らずに真っ直ぐ登り返すと「コンピラ山」になるはずなのだが、どうしたわけか名物化しているザック掛けなどが見当たらない。
怪訝な思いを抱いたまま下る。

Dscn6072 下った所が中沢峠。
南高尾の山稜には甲州街道へのエスケープルートが何本もある。
この中沢峠は大垂水峠側からだと、一番早く甲州街道へ下りられる。
登りの調子ではまだまだ歩けそうな気がしたが、今日は初めからここから下るつもりでいた。
これまでこれを下降ルートとして利用したことがなかったので、様子を知っておきたいという理由もあった。

Dscn6074 山道を下ると間もなく林道になった。
その道すがらの草叢の中に一際目を引く花が咲いていた。
一瞬「ヒメサユリ」?と思ったが、こんな場所に咲いているはずがない。
よく見るとユリ科の花のように葉がなく、地面から真っ直ぐ茎が立ちあがりその先端に花を着ける。
ネットで調べたところ、南ア産の「ネリネ」(別名ダイヤモンドリリー、ヒガンバナ科)に酷似している。
しかしネリネは花期が秋だそうで、その点が合致しない。
名前の分からない別種であろう。

Dscn6075 こちらはキツネノカミソリに似ているが、やはり別物なんだろうな・・・
前出の花もそうだが野生種には思えない。
誰かが園芸種の球根を植えつけたものであろう。

Dscn6079 珍しくもないが、余りに豪華な咲きっぷりに思わずカメラをむけてしまった。

林道は舗装された車道になり、足取りがすっかり重くなってきた。
復帰後の山道下りは2度目になるが、1度目のとき下りのバランスが極度に落ちていることに気づいた。
自慢になるが、私はバランスはよく、目で足元の岩石を拾いながら、ゴロタ道を余り苦にしないで歩けていた。
ところが、すっかり様変わりしてしまった。
少しでも足元が悪いとスムーズに足捌きができず、また足もとが良い道ではスピードが上がらない。

Dscn6080 ほどなく道の両側に数寄を凝らした和風の建物が立ち並んで所に下りてきた。
食欲をそそるいい匂いも漂う。
アレ!もしかしたら・・・その、もしかの通り「うかい鳥山」に下りたのだ。
入口の様子には見覚えがある。

R20(甲州街道)に出た。
ここから「高尾山口」駅までのがやけに長く感じられた。
最短距離で降りたことは正解だった。

自分で想定していたよりは回復の足取りは早いようだが、これから少しずつハードルを上げていくとして、それは順調に右肩上がりの軌跡を描いてくれるだろうか?

|

« 南房総・麻綿原のアジサイは今が花盛り | トップページ | 三峰山に寄り道し美ヶ原へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

風花さま こんばんわ

右肩上がりになりますよ! きっと。

退院後、すごい行動力ですね。でも、無茶はダメですよ。 

若輩(実際は歳、とってますが)ものが言うのも何ですが、、

おひとりで、筋力鍛えるのも良しかも、ですが、楽しい会話で気

分をもりあげるのも、体には思いがけない効果があるそうで
す。   
   これから、暑くなりますから・・・・

投稿: アメリカンブルー | 2016年7月27日 (水) 22時42分

アメリカンブルー様
こと山登りについていえば復調度は30%くらいですね。
まだまだ、これからです。
先日は2ヶ月振りに会の行事に参加しましたが、愉しいものですね。
早く戦列に戻りたいです。
そのためにもトレーニングは欠かせません。
飲み会にも参加したいものの、目下のところアルコールはドクターストップがかかっていて、そもそも体が拒否反応を起こしてしまいます。
もう少し、もう少しですね。

投稿: 風花爺さん | 2016年7月28日 (木) 06時15分

回復力抜群ですね!

不安に陥った月日があったのちの順調ぶり、山で出会うすべてが新鮮に感じられると思います。
純粋に生の喜びを感じられるときではないでしょうか。


スミマセン、少しオーバーでしたか?^^

投稿: おキヨ | 2016年7月29日 (金) 11時18分

おキヨ様
まだ手放しで喜べるレベルではありませんが、このまま順調に行けば再び元の位置にまで戻れそうな期待もあります。
もう山歩きは出来ないのではないか、とも思ったこともあることを思えば、山の中に自分の身を置けるだけでも言葉に表せない喜びがあります。
梅雨も明けました。
暑くはなりますが、山の涼を求めるには最適の季節です。

投稿: 風花爺さん | 2016年7月29日 (金) 13時55分

風花さん、こんにちは

気力が凄いですね! 気力は体力回復のバロメーター、着実に復活されていて驚きます。ユリにもキスゲにも似た花、判っても山野草の種類は多く、中々覚える事が出来ません。私の山歩きはその時々でいつも違いますが、7月に限って言えば、気温は低いのに発汗量が過去になく多く、ここ2回共膝までビッショリになりました。 山で休んでいると快適ですが。。。

投稿: 岳 | 2016年7月29日 (金) 17時36分

岳様
何とか山に戻りたい、という気持ちだけを支えにしていますが、それがどこまで通じるか・・・
気力と体力が両立しなければ行けない道ですよね。

一般論としては活発な発汗は好ましい状態ですね。
最近の岳さんの発汗は正常範囲ですか?
私は額と頭に一番汗がでます。
そのために一頃はバンダナを使っていました。

関東も遅い梅雨明けして、真夏の空が広がるようになりました。
夏はこれでなくてはなりませんが、やはり暑いのには参ります。

投稿: 風花爺さん | 2016年7月29日 (金) 20時34分

風花さま~ l今晩は。

千葉の房総から南高尾山稜へと順調に回復されているご様子、レポ拝見していて
こちらも嬉しくなりました。
どうぞ余り無理をなさらずに体を労わりながら
一歩一歩前進され山への復帰を祈っています。
房総でのヤマヒル被害にビックリ、京都北山も今の時期は
被害に遭いそうなので暑い時期は出かけません。

こちら連日35度の猛暑続きに気力体力とも減退して山歩きは
休みがちどす・・・暑さを克服しないとダメですネ

投稿: かおり | 2016年8月 1日 (月) 21時55分

かおり様
西日本は連日の猛暑のようですね。
関東地方は一応梅雨は開けたのですが、天候不順で山日和がやってきません。

おかげさまでどうにか回復の道を前に進んでいますが、日暮れてなお道遠し、の感もあります。
かおりさんのように北アのど真ん中をサクッと踏破する日は再びやってくることはないでしょう。
思い出があることだけでも良しとしましょう。

かおりさんは涼しくなるまで小休止ですか?

投稿: 風花爺さん | 2016年8月 2日 (火) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/66698544

この記事へのトラックバック一覧です: 「南高尾山稜」で復活3戦目:

« 南房総・麻綿原のアジサイは今が花盛り | トップページ | 三峰山に寄り道し美ヶ原へ »