« ユキワリソウには遅すぎた~五日町・六万騎山 | トップページ | 赤城・荒山~願わくばアカヤシオの下にてわれ・・・ »

赤城界隈の花を訪ねて

2016年5月03日

私が大変気に入っていて、いろいろな示唆を受けるブログのいくつかが長年にわたって更新されないままになっています。
何らかの事情でブログを中断しているか、事実上閉鎖しているのでしょう。
このブログもしばらく更新がされていないので、もしかしたら自然死したと思われるむきもおられるかもしれません。
ドッコイ生きています。
繰言になるのでもう触れませんが、相変わらず情けない状態から抜けられないため2週間もの間、更新しないままに過ぎてしまいました。

今年も例年通り黄金週間の前後は山荘で過ごしています。
軽い山歩きから再開したいと思っているのですが、入れ替わりながらやってくる身内の応対で思うようには動けません。

そんな時には、近場の「赤城自然園」はとても重宝な存在で、手っ取り早く園芸種ではない花を見たい場合に間に合わせられます。
丁度今はヤマシャクヤクが最盛期らしいので身内と一緒に入園してみました。

Dscn5895 シャクナゲ園では今が最盛期。

Dscn5896       Dscn5899
一番のお目当てヤマシャクヤクはもううんざりするくらいに咲いていました。
人工園内のせいもありますが、初めて遭遇した時の感動はもう遠いものになりました。

Dscn5904 ?フッと思いがけない花を見かけました。
熊谷草? 敦盛草?
居合わせた何人かの人の見立ても分かれました。
帰宅してから調べてところ、どうやら「中国熊谷草」のようです

Dscn5901 こちらは「ウラシマソウ」~ちゃんと釣り糸が垂れています。
そのほか園内ではヤマブキソウ、ラショウモンカズラ、ミツバツツジなどが見られますが、珍しくもないので写真は割愛。

中一日おいて久し振りの山歩きの足慣らしで赤城山の一角「長七郎山」1579mにファミリーで歩くことにしました。
ある期待をもって鳥居峠に寄ってみたところ、期待通りにアカヤシオが咲いていてくれました。

Dscn5913

花に近づくためには足場の悪い岩を拾って上ります。
常の私なら何の造作もないことですが、今の私は別人。
覚束ない足取りには我ながら情けなく、焦燥感にも駆られました。

Dscn5908

Dscn5910

今シーズンはこんな調子なので、ヤシオには逢えずじまいになってしまうかと悲観的だったのですが、これで幾分かは慰められました。

Dscn5912

Dscn5914 小沼の対岸の丘が長七郎山。

Dscn5915 湖畔の道をいきます。

湖畔から長七郎山までの標高差はたったの100m強。
腐っても鯛~これくらいは何とでもなりますが、この先について愁眉が開けた、とはいえません。
徐々にハードルを上げながら何とか再起のメドをつけたいとの思いは切なるものがあります。

|

« ユキワリソウには遅すぎた~五日町・六万騎山 | トップページ | 赤城・荒山~願わくばアカヤシオの下にてわれ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風花さん、こんばんは

ヤマ芍薬の開花する季節なんですね。一度は見たいと思っています。山荘までの移動も大変でしょうが、前向きな気持ちは私を上回っていそうです。 春先の天候は思いにまかせず、4月は里山も一回だけ、それも展望なくフラストレーションの溜るこの頃です。クラブの山行きも雨で中止、新潟の離山も雪解けが早くリフトの運休で中止、アカヤシオを一度くらいはと思っています。

投稿: 岳 | 2016年5月 3日 (火) 18時59分

岳様
岳さんのコメントを読んで、改めて信州の山にはアカヤシオがないようだと気付きました。
群馬の西端の山では至る所で見受けるのに内山峠などの県境を越えた山ではあまり語られていませんね。
ヤマシャクヤクも自生種に巡りあえるのはよほどの幸運に恵まれないと実現しませんね。
栽培種でガマンするしかありません。
岳さんの山のクラブはどんな会なのですか?
今回は流れてしまいましたが、次の機会での紹介を愉しみにしています。
お互いコンディションがいまいちですが、今は仕方ないですね。

投稿: 風花爺さん | 2016年5月 3日 (火) 20時24分

今頃の赤城山は春の植物で見ごたえがあるでしょうね。
赤城自然園というところがあるのですね。探してみます。

人間の体調には波があるようですね。
我が家の夫も今年出かける気力がぐんと落ちました。昨年の桜のシーズンにはあれほど出かけたのにです。
これが人の自然の流れだと思い、あまりけしかけるようなことは言いません。

体調のご回復を願っております。

投稿: おキヨ | 2016年5月 4日 (水) 11時09分

おキヨ様
いつも泣き言にお付き合いいただき申し訳ありません。
外見では全く分からない不調なので、人様にはうまく説明できません。
それでも幾つかあった症状の半分くらいは消えているので、もう少し時間をかければどうにかなるかな、」と思っています。
赤城も大沼辺りまではまだ春は上ってきていないのですが、赤城自然園は標高が低いので、春の花が次々と咲きます。
園内は緩い上りの遊歩道を歩きながら路傍の花を愛でるようにできています。
群馬フラワーパークのような園芸種で構成するものではなく、野生種を栽培しているのです。
私にはこのほうが好ましいのです。
入園料は千円ですが、セゾンカードなど何種かのCDとJAFの会員証などを提示すると半額になります。

投稿: 風花爺さん | 2016年5月 4日 (水) 16時41分

休日を過ごすことのできる山荘があるなんて、とても羨ましいです。ましては、近くにこんなに花が見られる場所があるなんて、、
ヤマシャクヤクは、南アルプスの茶臼岳への道中で群生しているのを見たことがあります。
アカヤシオ、、今年も半ば諦めています。何とかシロヤシオは楽しみたいのですが、、

投稿: itta | 2016年5月 4日 (水) 22時46分

itta様
東京と地方の山懐に拠点がある、という夢は実現しましたが、良いことばかりではありませんでした。
まともな山に行けない状態なので、代償行為でごまかしています。
ヤマシャクヤクは群生する傾向があるようですが、その場所がとても少ないですね。
私は山中湖の篭坂峠の車道から僅かに山道に入ったところで見ましたが、後にも先にもこれ一回だけです。
ツツジの主役はアカヤシオからシロヤシオに代わりますね。
季節の足取りの早いこと・・・・・・。

投稿: 風花爺さん | 2016年5月 5日 (木) 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/65269631

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城界隈の花を訪ねて:

« ユキワリソウには遅すぎた~五日町・六万騎山 | トップページ | 赤城・荒山~願わくばアカヤシオの下にてわれ・・・ »