« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

美の森山から天女山 ~八ヶ岳中腹のトレイル

2016年5月27日

八ヶ岳の東側には広大な裾野が広がり、特に南半分(おおむね山梨県)は古くから酪農が営まれ、パストラルな雰囲気が横溢しています。
今日(25日)はその一部の「美の森山」と「天女山」を結んだハイキングコースを、花に囲まれて19人で歩いてみました。
私としては2ヶ月ぶりの会山行参加です。

Static 今日の行程 ~久し振りにトラフィックログをとってみました。

Dscn5986 スタート地点の「美しの森」の駐車場に着くと笹原の中に赤い塊が見えます。
近づくと予想通りニホンサクラソウの群落でした。
何故こんなところに・・・?

1 今日リーダーデビューするHさん~このところ緊張の日々が続いていたといいますが、どうしてどうして落ち着いて良いペースで先導し、無難に務めを果たしました。

Dscn5989   A ズミ(コナシ)~ 今八ヶ岳中腹の高原はミツバツツジ、ヤマツツジ、レンゲツツジなどがが花盛りですが、その間を縫うように控えめにながらズミも咲いているのです。

Dscn5988_2   Dscn5990 高原点景~奥は三つ頭~権現岳

Photo_2 高曇りだったので、不鮮明ながら富士山も見えていました。
雪の富士もそろそろ見納めになります。

Photo_8   いっちゃん 滑り込み! ~美の森山で。

Photo_4 クリンソウの群生地などもあるのです。

Dscn5994 川俣川の渡渉 ~人工の石を並べて橋状にしているのですが、その先が崩落のため通行できません。
適当な渡渉ポイントを選んで、飛び石伝いに対岸へ渡ります。
増水時だとかなり危険になりそうです。

Dscn5997 ひろびろした牧場の上の直ぐそこに盟主赤岳が威嚇的に聳えています。
参加者の大半はその頂上に立っているので感慨があるでしょう。
その山頂から左へ急角度で落ちる尾根があります。
尾根のほぼ中間部に「大天狗」と呼ばる目立つ岩峰があります。
これにちなんで
「天狗尾根」というバリエーションルートになっています。
20代のころですが冬の入口の時期に一人でこの尾根を登ったことがあります。
丁度大天狗にかかるあたりから風雪になり、進路を的確に選べないまま、ハイマツに突っ込んだり、手がかりの乏しい草つきの急斜面を辛うじて上りきったりして縦走路にでました。
当時の粗末な天然素材のアノラックはバリバリに凍り付いてしまいました。
今では逆さになってもできない若気の至りですね。

Photo_5 牧場地帯に入り、久し振りにこんな牧歌的は草原の縁を歩きました。

Photo_6 私には懐かしくも快心の思い出のある権現岳から三つ頭へ続く尾根を眺めながら「展望台」で昼食。

Photo_7 ゴール地点の天女山。
ここまで累積標高差が400mに満たない行程で、Hリーダーのペースも適切でした。
なので、みんな余裕を持って歩いていたのに、私だけがこのペースにすら追随できず遅れ勝ちでした。
これが情けないことですが今の私の姿です。
こんな素敵な仲間たちとは出来るだけ長く愉しいハイキングを続けたいと願っています。
それがいつまでのことになるか・・・

Dscn6000 待機していたチャーターバスに乗り込んで、走り出すと直ぐに「八ヶ岳倶楽部」の前に着きました。
説明不要でしょうが柳生 博さんが手造りで趣味の延長で造り上げた広大な林の中の瀟洒なレストランです。
平日ながら、また昨今の清里の凋落をよそに客の入りは上々のようでした。

これまで私にとっては行楽地とか、山への入口でしかなかったエリアを歩いてみて、新たな発見をずいぶんしました。
八ヶ岳の懐はとてつもなく深い・・・・・・

こうした皆で感動や感嘆をともにしながらのハイキングはただただ愉快というほかはありません。
良い仲間に対する感謝の念がひとしお強くわいた一日でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

山歩きの基本を学習する~小仏城山にて

2016年5月22日

・山道で、登り下りが交差した時は、原則として登りが優先する。
・必要がない場合は熊鈴をむやみに鳴らさない。
・人混みや車内ではストックは手に持ち、ザックにはくくりつけない。
・山頂標識、三角点周辺は占拠しないで空けておく・・・・・etc・

~こうしたことは山歩きの世界では誰でも当然に知っておかなければならない基本的マナー、ルールです。
ところが中高年登山が一種のブームになってからこうしたことにはトント無頓着としか思えないハイカーがけっこう多くなっています。
決して悪意からではなく、恐らく基本を知らないためでしょう。
しっかりした山岳会などに入っていればそうしたことはトレーニングされるのですが・・・。
今さら組織に拘束されたくないと考える人は気ままに山歩きを楽しみたい道を選びますから、そうした常識を学ぶ機会がないままに山に入っている結果がもたらしている現象です。

一例として「熊(除け)鈴」を採りあげてみます。
熊鈴の音は山の静謐さを損ねる耳障りな人工音そのものです。
したがってクマが出没しそうな季節や山域で限定的に使用すべきです。
ところが絶対にクマが出そうにないシチュエーションでもチンジャラチンジャラ騒音をまき散らしながら歩く人が少なくありません。
甚だしいのは電車内であろうが、行列が絶えない丹沢バカ尾根でも鳴らしています。
また一人で3個もつけていたり、グループの全員で協騒曲を演奏じている場面にも出あいます。
たいていが山の初心者で、山歩き気分をより盛り上げる小物として、無邪気にまた得意気に熊鈴を鳴らしているようです。
この音が他人にどれだけ不快な思いをもたらせているか、については全く頓着していません。
これは「無知」からきています。
彼女、彼らは熊鈴が他人に迷惑を及ぼしていることを誰からも教えられず、学ぶことのないままでいるのです。
稀に登山関係の本や雑誌に熊鈴は無暗に使うな、式の啓蒙記事もありますが、彼女、彼らはこうした記事を読むこともありません。
かくして今日もどこかの山で、あの金属的で耳障りな熊鈴の音が、ただ風のそよぎや、野鳥の囀りを聴きたいために山に入っている人の神経を逆なでていることでしょう。

私たちの会でも山歩きが好きなグループの端くれの責務として、外部講師を招いたり、自主的な勉強会をしたりして一応の対処はしてきています。
ところがこれが座学なのでなかなか聞く耳にとどかず、身につかないで、実践の場で生かしきれないきらいがあります。

そこで実際に山を歩きながら歩行技術、マナー、ルール、地図読みなどを学習する、いわばO・J・T(オン・ザ・ジョブトレーニング)を会としては初めて今日(20日)実施してみました。

Photo スタート前のミーティング~改めて今日の目的を確認。
参加者14名のうち本物のビギナーは数名です。
残りはそれなりの経験者ばかりなのに、何故か参加したのでしょうか?
先生役の私のお手並みを拝見しようとの意地悪な魂胆かな・・・

Photo_2 先ずは足元から~フックの掛け方(これは好みの問題)、止め結びやり方(W蝶結びが一番簡単)などから始めます。
・・・ちなみに私は専らリール式の靴を履いているので、靴紐について頭を悩ますこととは無縁ですが・・・。

Photo_3 登り優先で山側に待避して道を明ける~何故登り優先なのか?
何故山側に待避するのか?
単にマナーでそうなっているから、ということではなく、何故そういううマナーが定着したかを考えました。

Photo_4 ここでは今いる場所が地形図のどこになるのか、周囲の物理的情報を総合して判断します。
山歩きで道迷いを起こさない最大のポイントは、自分がいる位置が地図上のどこに当たるかを連続的に確認していくことです。
現在位置が分からなくなったら、地図もコンパスも限定的にしか役に立ちません。
~もっとも昨今はGPSという強力なツールがありますが・・・

Photo_5 今日の目標地、小仏城山山頂でK氏によりコンパスと地図を使って今見える山が何山であるかを同定する(今見えている山が目的の山であるかどうかの確認も同じ・・・)方法を学びます。
コンパスは万能ではないが、知っておくことには意味があります

Photo_8 城山山頂 ~高尾山には及びもつかないが、ここにもそれなりに人が集います。

城山東尾根を下山ルートに使い、尾根道特有のアップダウン地形が、地形図の等高線でどのように描かれているか、そのことから自分の現在位置を判定することを学習しました。

Photo_6 山道が左右に分かれています。
左の入り口に枯れ木が数本横たえてあります。
これは「こっちは登山道ではないよ」というサインであることもノウハウの一つとして覚えてもらいます。

Photo_9 城山東尾根は数年前まではヴァリエーションルート扱いされていましたが、ここ数年で立派な登山道に変貌し、今やこんな標識まで置かれるようになりました。
ここで日影沢を渡渉すると研修ハイクはほどなく終了します。

Photo 高尾駅前で反省会
これポッキリなのでいつもに比べるとかなり質素です。
今日やったことに果たして意味があるのかどうか、時が答えを出してくれるでしょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

荒神山~その名を知ってから70年目の登山

2016年5月17日

舛添都知事は国際政治学者、参院議員という活動を通じて、政界の中では「良識」という座標軸をそれなりに持っている人だろうと思っていました。
すなわち「公・私」の峻別が出来る、ということです。
それが手ひどく裏切られましたね。
「公」と「私」の峻別ができないただの凡夫だったのです。
政治や行政を司っている立場にいれば確かに「公と私」とを明確に区分ができないグレーゾーンのことも少なくないでしょう。
そんな場合には「とにかく私」の負担において処理するという決断が優れたリーダーの条件なのですが、昨今舛添ばかりではありませんが、いまや絶滅危惧種化しています。


舛添さんの都知事になってからの、税金を湯水のように浪費する行為をみていて「都知事っそんなにて偉いの?」と思っていました。
人口1千万人の巨大都市の長とはいえ、所詮一地方行政のそれに過ぎないのではないですか。
それなのに何を勘違いしているのか、世界の国の元首並みの気前の良い金使いをするんですね。
確かに都は富裕団体です。
しかし、それは都民が長年にわたり都税を納めてきて積みあがったものであって、舛添さんの功績などひとかけらもありません。
今は都といえども冗費を省き、すこしでも差し迫った待機児童や貧困対策に使うべき時なんです。
陳腐ないいかたですが、ムヒカさんの爪の垢を煎じて飲んで欲しいものです。
フジTVや記者会見の様子をみていて舛添さんてこんなにセコイ小物だったのかと実像を知って正直ガッカリしました。
ご本人は記者会見で”これから東京を世界一の都市にするためグランドデザインを描いて一生懸命働く”と広言していましたが、こんな器の小さな人に大きな絵が描けるはずがない、と思ってしまいますね。
いつもながら話はよどみなく流れるが、久しぶりに
「巧言令色すく鮮(すくな)し仁」という古めかしい諺を思いだしました。

さて、あれは多分私が10歳前後のころのことだったのだろうかと思いますが・・・
どういう話の流れでそうなったのかは全く記憶にないのですが、父から生家のある町の北の方の山深いところに
「コージン山」という山があることを教えられました。
山といえば赤城山と浅間山しか知らなかった幼い私には新鮮だったし、その名前からしてある種の畏怖の念も覚え、心の中に植えつけられた。
~若しかしたら広沢虎造の浪花節、次郎長伝の「荒神山の決闘」のことも(この荒神山は伊勢にある別の山だが・・・)山のイメージ形成に影響していたかも知れません。

長い年月を経て荒神山624mが私の視野に入ってきたのは山歩きを再開してからになります。
すでに神秘的な山でもなんでもなく、その気になればいつでも登れる里山になっていました。
そうなるといつでも登れる山に格落ちしていて、いよいよ自分の体力が落ちてきて登れる山がなくなってから登る山として後回していました。
いよいよ体力が低下してきて、登れる山が限られてきてようやく足が向いたのが9日のことでした。

Dscn5966 渡良瀬川に架かる「黒保根大橋」の向こうにズングリと荒神山が身を横たえています。

Dscn5967 わたらせ渓谷鉄道が水沼駅に入ってきました。

Dscn5968
この看板尾を右折した先から暗い樹林下を黙々と高度を上げていきます。
単調です。

Dscn5969 二等三角点の山頂。
視界はまったく閉ざされています。

Dscn5972 山頂西側に展望台が設けられていて、赤城山や袈裟丸連峰が眺められるが、広大という感はありません。

Dscn5975 水沼駅温泉の駐車場に戻り、駅の中にある温泉、ということで人気が高い「水沼温泉」で一浴。

長年心の中で温めていた山ですがが、印象には残り難い山でありました。
それでも普段忘れがちな亡父のことをあれこれ思いだしながらの時を過ごせたことがせめてもの親孝行だと勝手に決めました。

Img
あり、ロマネコンティを抱きて遠方より来る」
遠来の山仲間が、ワイン好きなら垂涎の的と渇仰するワインの超最高峰「ロマネコンティ」を持参してくれ試飲会をやりました。
私ごときワイン音痴ででも死ぬまでに一度はどんなワインなのか味わってみたいと熱望していたことが今実現したのです。
ライトボディくらいの軽い口当たりのワインはとても飲みやすく、一口、口に含めばたちまち羽化登仙に遊ぶ心地になりました。
・・・・というのは実は昼の夢・・・
朋友の説明によると、ロマネコンティはあまりにも高すぎて手が出せず、代わりにロマネコンティの樽で仕込んだワインを持参してくれたのだ、という種明かしでした。
若い有望なワイン造りを育てるために、ロマネコンティが一肌脱いで樽を貸してくれるのだそうです。
樽だけでもその高根の花の一端に触れた、ということになるのでしょうか。
という次第で、夢の実現は依然として遥か高みにあります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

赤城・荒山~願わくばアカヤシオの下にてわれ・・・

2016年5月8日

アカヤシオツツジには「アカギツツジ」という別名(ほかにヒトツバナとも)があります。
それほど赤城山に多いということでしょうが、別に赤城山の専売品というわけでもなく群馬、埼玉、栃木、静岡の山では,偏在はありますが普通に見られる花です。
四国のアケボノツツジとは見分けがつかないくらい酷似しています。
ツツジの仲間では木々が芽吹く前の春先一番に咲き始めます。
赤城の観光シーズンが始まる前に咲くので見ることのない人も多かろうと思います。
赤城のツツジというと6月のレンゲツツジが代名詞になるほどですが、レンゲツツジのあのケバさには辟易気味の私には、それとは対照的に上品な色気のあるアカヤシオはこの上なく好ましく映ります。
自分の時間が戻った7日、てじかな赤城・荒山にヤシオを求めて最短距離で登りました。

Dscn5932 登山口になる軽井沢峠の標識。
面白いのは「登り65分に要する消費カロリーが630kcal」とあることです。
~フンフン・・・するとオレは基礎代謝が1400Kcalほどだから、今日はカツ丼と天丼とザルソバ食べてもOkだな・・・
誰かが化学的に測定した根拠のある数値なのかどうか分かりませんが遊び半分に眺めておきます。

Dscn5962 荒山に至る一般登山道と別れ、ここから笹原の斜面に入ります。
緩い上りなんですが病の癒えぬ私には決して優しくありません。
早々に息遣いが荒くなります。


Dscn5935 早速にヤシオが迎えてくれます。
荒山へのこの北面のルート(私は自分の便宜として「荒山北尾根」と私称していますが・・・)は昔、崩壊のため立ち入り禁止の措置がとられたままになっていますが、秘められたヤシオ観賞ルートになっています。

Dscn5937 通常は同じ花の写真は2枚以下にしているのですが、今日はこれでもか、とばかりにしつこくアップします。

Dscn5939

Dscn5941 薄い紅色の微妙なグラデーションは神の業のなせるものでしょうね。

Dscn5947 梢の間から画面中央の上州武尊と、尾瀬の至仏山が白い姿をのぞかせています。
平年ならまだ真白なんですが・・・

Dscn5948 たッた一株見かけたフデリンドウ。
山荘の庭のフデリンドウはとうに姿を消していますが、春がようやくこの高みにまで上ってきているのですね。

Dscn5952 標高が上がったせいなのか、個体差なのかまだ蕾の段階のヤシオもあります。

Dscn5956 荒山山頂からは久し振りに遠望が利いて、苗場山と仙ノ倉山が見えました。

Dscn5958 荒山山頂にも一本のヤシオがありました。

Dscn5960 山頂から東へ「ひさし岩」経由のルートで下山。
予想外だったのはこのルートでもヤシオを随所で見かけたことです。
何となく、山の西面だけに咲いていて、東面には無いと思い込んでいたので、東斜面でも見られることに意表を衝かれました。

Dscn5965 帰路の赤城南面道路から見た荒山。
今日のルートは山頂から左へ落ちる尾根を登ったのですが、40度近い勾配なので、なかなかの急斜面です。
写真では判然としませんが、山肌の何ヶ所かが染まっていますが、ヤシオの群生ですね。

このところショートコース選んで歩いていて、今日はアカヤシオづくしの行程でしたが、私自身の原状復帰への道程は容易ではないと改めて実感させられました。
まだまだ時間がかかりそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

赤城界隈の花を訪ねて

2016年5月03日

私が大変気に入っていて、いろいろな示唆を受けるブログのいくつかが長年にわたって更新されないままになっています。
何らかの事情でブログを中断しているか、事実上閉鎖しているのでしょう。
このブログもしばらく更新がされていないので、もしかしたら自然死したと思われるむきもおられるかもしれません。
ドッコイ生きています。
繰言になるのでもう触れませんが、相変わらず情けない状態から抜けられないため2週間もの間、更新しないままに過ぎてしまいました。

今年も例年通り黄金週間の前後は山荘で過ごしています。
軽い山歩きから再開したいと思っているのですが、入れ替わりながらやってくる身内の応対で思うようには動けません。

そんな時には、近場の「赤城自然園」はとても重宝な存在で、手っ取り早く園芸種ではない花を見たい場合に間に合わせられます。
丁度今はヤマシャクヤクが最盛期らしいので身内と一緒に入園してみました。

Dscn5895 シャクナゲ園では今が最盛期。

Dscn5896       Dscn5899
一番のお目当てヤマシャクヤクはもううんざりするくらいに咲いていました。
人工園内のせいもありますが、初めて遭遇した時の感動はもう遠いものになりました。

Dscn5904 ?フッと思いがけない花を見かけました。
熊谷草? 敦盛草?
居合わせた何人かの人の見立ても分かれました。
帰宅してから調べてところ、どうやら「中国熊谷草」のようです

Dscn5901 こちらは「ウラシマソウ」~ちゃんと釣り糸が垂れています。
そのほか園内ではヤマブキソウ、ラショウモンカズラ、ミツバツツジなどが見られますが、珍しくもないので写真は割愛。

中一日おいて久し振りの山歩きの足慣らしで赤城山の一角「長七郎山」1579mにファミリーで歩くことにしました。
ある期待をもって鳥居峠に寄ってみたところ、期待通りにアカヤシオが咲いていてくれました。

Dscn5913

花に近づくためには足場の悪い岩を拾って上ります。
常の私なら何の造作もないことですが、今の私は別人。
覚束ない足取りには我ながら情けなく、焦燥感にも駆られました。

Dscn5908

Dscn5910

今シーズンはこんな調子なので、ヤシオには逢えずじまいになってしまうかと悲観的だったのですが、これで幾分かは慰められました。

Dscn5912

Dscn5914 小沼の対岸の丘が長七郎山。

Dscn5915 湖畔の道をいきます。

湖畔から長七郎山までの標高差はたったの100m強。
腐っても鯛~これくらいは何とでもなりますが、この先について愁眉が開けた、とはいえません。
徐々にハードルを上げながら何とか再起のメドをつけたいとの思いは切なるものがあります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »