« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

ユキワリソウには遅すぎた~五日町・六万騎山

2016年4月19日

小松左京は日本全国の活断層図を見て「これじゃわれわれは『ひび焼き』の陶器の上に住んでいるようなものじゃないか!」と、日本列島の脆弱性を嘆いた。
実際そうなのだが、私たちは日頃、無意識に
「正常性バイアス」によりかかっているものだから、深刻な危機も無視したり、過小評価したりしてこの現実の直視から逃げている。
もちろん私もそうで、何の根拠もないのに「オレが生きている間には、命を落とすような地震はこない」と信じようとしている。
そして、その結果またしても日本のどこかが熊本地震のような事態にさらされることになる。

地震のことは置いて自身のことでは、一進一退を繰り返しながら、薄紙を剥ぐようにして体調はゆっくり戻りつつあるようでもあるが、全身の不調状態はこの一ヶ月余、ほとんで改善していない。
しかし、いつまでそんなことでウダウダもしていられないし、ムリをしない程度の足慣らしもしてみたい。

新潟県、五日町の東にある里山「六万騎山321m」は目下の私の足の状態を測るには恰好そうである。
この山のことは近くにある
花の「坂戸山」と合わせて知ってはいたが、あまりに低山すぎてこれまで食指が動かなかった。
その六万騎山でユキワリソウが見られる、というネット情報があって、しかもまだ間に合いそうな内容だった。
栽培種であれば山荘で鉢植えや露地で育てたことあるが、自生しているユキワリソウは見たことがなく、長年自生種に逢いたいと焦がれていた。
有名な
角田山まで足を延ばせば、そんな願いはたやすく叶えられることもよく承知はしているが、「ユキワリソウに逢いたしと思えど、角田山はあまりに遠し・・・」と、萩原朔太郎の気分なのである。

16日、関越道を北に向けて走る。
水上辺りでグンと近づいた谷川岳は天神尾根に早くも黒い部分が見えて、寡雪だったこの冬を象徴しているようだ。
それはさらに異様としか言いようがないほどの岩原、湯沢、石打など雪の欠片も見えないスキー場の様子につながる。
それでも魚沼盆地に入ると姿を現す八海山から中ノ岳や、金城山から巻機山に連なる山々はさすがに豊かな残雪を纏っている。

Dscn5852 八海山と右の中ノ岳

Dscn5853 金城山から右の巻機(まきはた)山

この時期の、この山岳景観にはなかなかエキサイティングでいつも少々興奮させられる。
五日町で魚野川を渡ると頂上を桜で染めている小高い里山が目の前になり、多分それが六万騎山だろうと見当をつけたら、ほどなく登山口に着いた。

Dscn5854 地蔵尊に一礼し山道に入ると降りて来た人と交差したのでさっそくユキワリソウの情報を尋ねた。
すると「今いるこの辺りに咲くのだが、今年は雪解けが早かったせいで、とうに終わっている」という何ともつれない返事。
早々に今日一番の目的はあえなくついえ去ってしまった。

Dscn5871 カタクリだらけというほど、山道の両端をカタクリが埋め尽くしているが、花はあらかた終わっている。
でも、カタクリにはいささか食傷気味なので残念な気はしない。
それを補っていたのがイカリソウで、とくに濃い紅色のものが多く、今日の主役は彼(いや彼女)だった。
登る足はすっかり鈍っていて、10歩歩いては立ち休みの繰り返し。
土曜なので次々やってくるハイカーに抜かれるばかり。
どうやら一ヶ月のブランクのせいだけではない、何か別の原因があるとしか考えられない。

Dscn5858 一株だけみかけた白花のイカリソウ~ピンボケ!

Dscn5862 途中での巻機山(左)から金城山の連なり。
左端に坂戸山の裾の一部が写っている。

Dscn5863 山頂付近のサクラ~ヤマザクラであろう。
地表を覆いつくすカタクリの群落。

Dscn5866 山頂一帯はサクラのプロムナード。

Dscn5868 山頂からの巻機山(左)と金城山。

Dscn5870 八海山はグンとズームインでまじかに迫る。

Dscn5869 北に遠ざかりて雪白き山あり。
問えば「越後のシラネー山」とぞいふ。
~地図を案ずればこの方向でこれだけ白い山となると守門(すもん)岳になると思われるが、自信はない。

Dscn5872 下山道から振り返る山頂。
下降にとった道ではイワウチワやタムシバなど、それなりに花は咲いていたがカメラを向ける気にはなれなかった。
今、下肢が強張った状態が続いていて、階段の下りでは足の運びがスムーズにいかない。
これも一連の不調のうちの顕著な例である。
新宿駅のコンコースにある階段など走って下ることにしているが、今はとても出来ない芸当である。
用心のためストックは携えていたが、山道の下りは階段下りよりは楽なようで、ストックの厄介になることはなかった。

あれこれの症状の一つが胸のムカムカ感。
そのため食欲は著しく減退したままで、何かの食べ物をイメージしただけで拒否感が生じる。
もともとR27沿いには食欲をそそるような店が無く、そんな調子なので食事を摂ることもなく早々に帰荘した。

A        A_2
これはネット上で拝借した六万騎山のユキワリソウの画像。
来春こそ逢いにいくぞ~

今日が山歩きに戻れる小さな一歩であってほしいが、この調子では前途多難と、正直思わざるをえない。
どうしたものかな・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ホセ・ムヒカさんを知っていますか?

2016年4月9日

その人は「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれていたのだそうです。
今、来日してる
ウルグァイの前大統領「ムヒカ」さんのことです。
私も今度の来日で初めてしりましたが、そもそもウルグァイってどこにあるの?というくらいの認識しかありませんでした。
ムヒカさんの生活哲学は、貧しいというより質素と言った方が正確らしいのです。
一例を挙げると大統領としての報酬月額約100万円ほどの9割は寄付して、ご自身は月10万円で、清貧そのものの暮らしぶりだそうです。
当然身なりにも頓着なく、たとえばローマ法王に会う時でさえネクタイなど締めないということです。
他の国と違い、大統領専用機など持たないので、海外へ行くときは便乗することもあるそうです。

E7f01827 これはメキシコのペーニャニエト大統領機にチャッカリ便乗しているムヒカ氏。
世界にはこんなに潔く貧しいことを受容している指導者がいるんですね。
それにくらべて我が国の「税金だから無駄遣いしても全然苦にしない」為政者がゴマンといて、近頃は諦めの心境です。
直近での枡添知事一行の大名旅行など、こころの貧しさ、卑しさが見え見えで、情けない限りです。
一泊198000円のスイートルームに連泊するなど、良心の欠片くらいがあったら胸がチクリとするものでしょうが、それすらも感じないのでしょうか。

そんなムヒカさんの対極にあるのが、世界中に幾つかあるタックスヘイブン(租税回避地)へ巨額の資金を移しているビッグネームたちです。
このほど暴露された「パナマ文書」によると中国の習首席の近親者を初め、世界中の指導者および近親者の名前が取りざたされています。
この文書のデータはCDなら3700枚に相当する膨大なものなので、その分析には多くの労力と時間を必要とすることでしょう。
なんとか全容を白日のもとに晒し、巨悪を炙り出して世界には正義があることを証明してほしいものですね。

近ごろ都の話題といえば「バスタ新宿」のオープンでしょうね。
新宿駅西口一帯の19か所に散らばっていた高速バスの乗降場を一ヶ所に集約して、利用者の利便性が各段に向上させました。

Dscn5828 南口に直結しているバスターミナル

Dscn5831 4階にある発着ターミナル

Dscn5830 地方の空港より活気にあふれている?待合室。

Dscn5840 バスタから少し歩いて新宿御苑に入りました。

Dscn5838 孫娘が花見のためにアメリカから帰ってきているのです。
桜は終末で、折からの強い風にしきりに花吹雪を散らしていました。

Dscn5839

苑内を1時間足らず歩いただけでひどく疲れを感じました。
私ごとなので、事細かに書くのは慎まなければならないと思いますが、体の至る所から生じてくる理由の分からない痛みのため、日常生活もままならない毎日で、ブログの更新はもちろん、パソコンを立ちあげることも負担になっています。
なので、皆さんのブログの拝見も間遠くなっております。

そんな情けないありさまですから、山に戻ることはしばらく断念しなくてはならないようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »