« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

美瑛の丘から「哲学の木」が消えた日

2016年2月26日

今朝、新聞紙面の片隅の記事に目が留まった。
記事は美瑛の丘陵の畑に立つ一本のポプラの木が切り倒されたことを伝えていた。
その木はいつのころからなのか「哲学の木」と呼ばれるようになり、私が最後にその木の下に立ってから五年が経つ。

緩やかな起伏の寒冷の大地を、開拓に入った人々が、筆舌に尽くしがたい苦労を長い年月をかけて積み重ねながら営々と切り開き、小麦や馬鈴薯を作ってきた。
一人の写真家がそれまで誰も気付かなかったその丘陵の、人の手によって巧まずしてつくりあげられてきた「美」を発見した。
前田真三氏である。

A_3
前田真三氏の写真集でうねる大地の上に人の手で生みだされた光景に多くの人が感動し美瑛は一躍、観光地として脚光を浴びた。

その一角で人気スポットの一つとされていた「哲学の木」が24日、遂に土地所有者の手によって切り倒された。

A        A_4

麦や馬鈴薯を作物とする畑に立つ、何の変哲もない一本の「イタリアプラタナス」
私も数度、その足元に立っているが、どこにでもあるごく平凡な樹木でしかない。
それがどうしたわけか、やや傾いたその樹形が哲学者の思惟の姿を思わせることから「哲学の木」の名を与えられ、観光バスも乗り着けるような有名スポットになった。

 美瑛の丘をさらに有名にしたのは日産自動車の「ケンとメリーのスカイライン」のCFで美瑛の丘にスックと立つポプラであった。
パッチワークの花畑、十勝連峰を背景にしてスッキリ立ち上がる姿は美瑛の丘に立たなければ見られないものとなった。

A_2

これらがが引き金になって、セブンスターの木、親子の木、マイルドセブンの丘など、それまでただの点景でしかなかったものが次々とスターダムに名乗りあげてきた。
過熱した観光ブームは地域振興に大いに役立ったのだろうが、その陰でヒッソリと命を終える木があることに、多くの人は無関心であろう。

畑の持ち主がこのポプラを切ろうと思い立った動機は、木の老齢化もあるが押し寄せる観光客の傍若無人な振る舞いの繰り返しにある。
畑に立ち入らなくても写真は撮れるのに、ズカズカ入りこみ畑を荒らし、時にはたまたま置いてあるトラクターに乗りこんだりの仕放題。
この有様に地主自らも対策し、行政にも善処をもとめたが成果はなく、もう数年前から伐採することを考えていたようである。
この数年間、切るか切るまいかの葛藤に揺れ動いていたが、不本意ながら結末を迎えたこととなる。

 
開拓農家の汗の結晶の恩恵をタナボタ式に受けたはずの行政には何か打つ手はなかったものか悔やまれる。

~手元に美瑛で写した適当な写真がないためネット上でお借りしました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

小さな地域イベント~文化祭のことなど

2016年2月22日

代議士や識者などと呼ばれるいい大人たちが、ファストフ-ド店のハンバーグをそこで食べるか、テイクアウトするかの類の消費税率をめぐって口角泡を飛ばしての議論に右往左往している。
思わず今議論しなければならない大事はそこか?と言いたくなるような、漫画ティックなこの光景は言うまでもなく消費税の軽減税率を巡るものである。
そもそもこのような光景の生みの親はK党である

平和の党の仮面をかなぐり棄てて安保法制の成立に手を貸したため、支持者から反発され、その代償として支持者が固執する軽減税率を成立させるため、なりふり構わずに狂奔した。
夏の参院選で憲法改正の足場をより強固にしたい政権党は、参院選で勝つために不可欠なK党の顔を立てるために、本意ではないが軽減税率を導入しなくてはならない羽目に陥った。
今の混迷はこうした政党間の党利党略による貸し借りが生んだものであり、国民に及ぼす影響についての配慮など置き去りにされている。

海の向こうでは3月のスーパーチューズデイを迎える大統領選が進んでいる。
半年前までは初の女性大統領の誕生が確実視されていたのに、俄にに浮上したリベラル派サンダース氏の思いもよらない善戦で民主党内での指名争いが激化している。
片や、共和党ではこれまたビックリポンで、際物視されていたトランプのジョーカー氏、いやトランプ氏が、アメリカ人の良識などどこ吹く風で首位を走っている。

A
この度の大統領選ではモザイク国家アメリカが抱える深刻な病理がますます顕在化している気配が濃厚である。
このダイナミズムと対比的な日本の政治の閉塞感を思うと、今やすっかり息絶えている「首相公選制」の声が懐かしくなる。

さて本題は・・・・・・
私の居住する渋谷区では、コミュニティ活動のため地域ごとにその拠点があり、そこで地域住民による絵画、俳句、語学など様々な活動が展開されている。
年に一度「文化祭」と称してそれらの活動成果の発表会が開かれる。
私たちの山歩きの会でもかれこれ15年ほどになるこのイベントに毎年参加している。
この様子をこれまでこのブログで紹介したことはなかったが、熱心に牽引する会員の姿の一端をご紹介しておきたい。

Dscn5504 ディスプレーの最中。

Dscn5508 長谷部 健渋谷区長の来訪。
これまでの区長が取り巻きを引き連れての巡行だったのに比べて、若さをそのままに普段着で気楽にお一人でお見えになった。

区長はわが会の生みの親とも浅からぬ縁があり、そんなことで立ち話ながら歓談した。

Dscn5509 熱心な来場者もあり、この催しを契機にして入会する方も、毎年数名いる。

Dscn5555 餅つきを始めもろもろの軽食の提供もある。
お祭り騒ぎが嫌いではない会員の皆さん、お疲れさまでした。

そうそう、NHKの「日曜美術館」では私が好きな、民家を描き続けた向井 潤吉画伯の作品が紹介された。

Dscn5518 こうした幻影が激しくノスタルジーを呼び覚ます。

Dscn5548 左の実景にくらべて、絵の方は邪魔な電柱などなどはもちろん描かず、反対に無いはずの雪山を取り込んでいる。
芸術であるためには、写生ではなく、現実に仮託した創作でなければならないことがうなづける。
写真ではこう都合よくいかない。
ここのところが写真でしか風景を切り取れない私には実に羨ましい。

実際に生活が営まれている茅葺屋根の民家など、今は実在していないだろう。
また現実にこのような家屋で快適な日常生活が送れるとは思えない。
生活の快適性の追求の結果、消え去ることが必然であった。
しかし、失われたものへの郷愁は消えることがない。
「・・・滅びしものは美しかな・・・」(牧水)
美しいものは「郷愁」の中でしか遺されていないのか・・・。

| | コメント (4)

今冬最初の赤城は鍋割山へ

2016年2月14日

毎冬、今ごろまでには数度は雪の赤城山のどこかに登っているが、今シーズンは会山行による今日(12日)の鍋割山1333mが最初の赤城入りになってしまった。
基地にする山荘が、給湯ボイラーの凍裂で雪が解けるまで利用できないためである。
この行程は危険な個所が無いので、初心者を含めた雪山歩きにはうってつけである。
積雪量は平年より少ない印象である。

Img_6894 スケートリンクみたいにツルツルに凍結した姫百合駐車場でアイゼンを装着したりして出発準備。
本日、一番の危険個所はここだった。

Img_6897 登山口に入る一行は13名。

Img_6929 80歳を超えた老兵が、若手?の後続に追いたてられながら必死で先頭を行く。

Img_6946 荒山高原~この顔触れの中には、3年前ここから猛烈な地吹雪のため撤退した経験をしているメンバーが数人いる。

荒山高原から南下して「火起し山」の小ピークにさしかかると展望が開けてくる。

Img_6971 西から北にかけての遠望が利いていて、これは草津白根(左)から志賀の横手山を経て岩菅山~白砂山へと連なる上信国境の山々。
大気がごく透明な日には北アルプスまで見通せることもあるが、今日はとてもそれは望めない。

Img_6972 苗場山を挟んで左に佐武流(さぶる、またはさぶりゅう)山、右に平標・仙ノ倉から万太郎山。

Img_6985 それらの山々を同定中の老兵。

Img_6976 浅間山のアップ~手前の鋭峰が榛名の「相馬山」

Img_6984 こんな風紋やら、小さな雪庇があったりして、生意気に冬山を気取っている。

Img_6991 竈(かまど)山への登り。

Img_7011 竈山から鍋割山までの間は、短いながら雪稜歩きができる。

Img_7033 鍋割山頂

P2120122 すっかり食が細くなって、昨今の昼メシはカップ麺だけで足りている。

Photo 荒山や鈴ヶ岳を見やりながらの下山の道。
♪山よさよなら ご機嫌よろしゅー
    また来るときにも 笑っておくれ
       また来るときにも 笑っておくれ♪

荒山高原からの下りも、石ころだらけでまことに歩きにくい夏道が、今は雪ですっかり覆われ快適に歩ける。
かくしてベストコンディションに恵まれ、なにごともなく出発地点に戻った。

~掲載写真のほとんどは同行のS・S氏およびK・K氏撮影のものを拝借しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

山の画文集『心に映える山』から吹いてくる優しい風

2016年2月7日

過日、鉢岡山で思いがけない束の間のご縁を得た中村 好至恵(よしえ)さんの画文集『心に映える山』を手にしています。
丁度2年前の出版で、早くから知っていたのですが、どういうわけか行きつけの紀伊国屋で見かけないままに過ぎていました。

Img020  帯に「絵筆が奏でる山の音色」というコピーがあります。
キザを承知で書きますが、この画文集を開いた私には確かにモーツァルトの「フルートとハープのための協奏曲」が聴こえてくるのです。

山の画文集といえば古くは加藤泰三の『霧の山稜』や、才人・辻まことの『山で一泊』、五文足のクライマー・芳野満彦や串田孫一など、山書の世界で一定のジャンルを占めるほどたくさん刊行されています。
画は文章以上に個性が際立ちますから、それぞれ独自の作風を競ってくれています。
形ある山は、描かれることの親和性が極めて高いことから、こうなるのも自然な成り行きでしょう

熊谷 榧さん(熊谷守一画伯の次女)はこの分野での女性先駆者でしょうね

Img196      Img021      Img197

私は絵心に恵まれていないため、作品の出来栄えとか、技巧的なことについて語れるものは持ち合わせていません。
自分の感性(もともと乏しいのに、今やすっかり劣化していますが・・・)のままに好き嫌いを区別するしかありません。
その意味では、中村さんの絵は淡い色づかい、自然なフォルムなどから『山の本』の連載が始まったときから私には馴染みやすいものでした。

一括りに山の絵といっても、足立源一郎のように「山」そのものに正面から激しく対峙し描いたものから、新生『岳人』の表紙を飾っている畦地梅太郎のようにデフォルメされた人物が主となる版画など多様です。
中村さんの絵は肩肘張らず、自然体で素直に「山」を描いているように思えます。
山を見る眼差しがとても優しく、しなやかに感じられるのは、山そのものが心からお好きなからなのではないでしょうか。
ページをくくるとその行間に山からの優しい風が吹いてくるような心地よさを感じます。

随所に3・11の被災者、被災地の対する思いやりのフレーズが見られるのも、作者が優しい心根の持ち主であることを窺わせます。

中学生の時のことですがJ・Yという水彩画の上手な同級生がいました。
彼が描く冬枯れの葦原に囲まれた寒々しい沼や、茅葺屋根や田の間を縫って流れる灌漑用水などの絵がこの上なく好ましく、今から思えば稚拙なものだったのでしょうが、私にはその画才が羨ましくてならなかったものです。

画集の初めのほうに小淵沢駅前で描いた甲斐駒の絵があります。
この絵は60年近く前の私にとって忘れがたい回想シーンに連なります。
新宿からの夜行列車を小淵沢で降り、小海線の一番列車を待つ間に駅前で歯磨きしているとき、朝もやの中に甲斐駒がスックとたっているのを見ました。
その凛々しい姿に一目ぼれして、以来今日まで甲斐駒熱愛が続いているのです。

Img020 これが1957年の小淵沢駅前で、背後に甲斐駒があるのですがもやで写っていません。
私の足元がサンダル履きのようでご愛敬ですが、時代を感じるのが向こうへ下っていく駅前商店街の通りがまだ舗装されていないことです。


中村さんの画文に戻りますが、こんなフレーズにも出あいました。
描くことは『省略』の世界であり、不必要なもののない画面は美しい」と。
そうか、上手い文章とはいかに書かないか、という作法と同じなんですね。
私などともすると、たとえばレンブラントの「夜警」などのように細部まで描きこまれた絵にただ”ウーン”と感心してしまうのですが、絵画も文章も余白に語らせる、余白にこそ真髄が潜んでいる、そういうことなのでしょうか。

~どうでもいいことですが、私はこのブログもそうですが書くことも、話すことも「長い」ということで大方の顰蹙を買っています。
私としては「身に覚えがない」のですが・・・

詩人・伊東静雄はセガンティーニの「帰郷」から詩想を得て「曠野の歌」という作品を生みました。

A 私の手元にあるセガンティーニの画集にはその「帰郷」がないので、モティーフが似ているアルプス三部作のうちの「死」を紹介しておきます。
~背景の山はセガンティーニ晩年の大作アルプスの「生」「自然」「死」に共通して描かれている、イタリアとの国境の「ベルニナ山群」です。


    わが死せむ美しき日のために
    連嶺の夢想よ! 汝が白雪を
    消さずあれ   (中略)
    近づく日わが屍骸を曳かむ馬を
    この道標はいざなひ還さむ
    あゝかくてわが永久の帰郷を
    高貴なる汝が白き光見送り (以下 略)

画才ばかりか詩才にも恵まれていない私には、中村さんの絵に献詩の一篇も作れませんが、おりに触れてはこの本を開いて山から吹いてくる優しい風を感じることでしょう。

続きを読む "山の画文集『心に映える山』から吹いてくる優しい風"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入笠山 ~雪山入門には最適の山

2016年2月2日

「一月は往く」で、今日は早くも一月の最終日で、山の会での入笠山1955mへ同行した。
入笠山は簡単に登れて、広大な展望が楽しめることから、昔からの人気者で、実態は行楽地に近い。
アクセスが良いため初めての雪山歩きにも最適で、近年はスノーシューのメッカの感もあってこの時期、とても入山者が多い。

私もこれまで無雪期、有雪期を通じて数度登っているが、年々人が多くなってきている印象を受ける。

Dscn5485 甲斐駒~中央高速の車窓から。
甲斐駒の山頂付近は急峻なことと、北西の風がまともに吹き付けるため雪が着きにくく、厳冬期でも黒々しているが、今朝は一面に張り付いた霧氷のため珍しく全身を白く粧っている。
こうして見ると、作家の宇野浩二が『山恋い』という作品の中で甲斐駒を「山の団十郎」と形容している。
猛々しくも雄々しいその姿は、まことに荒事師・団十郎そのもので、作家の眼力には感心させられる。

Dscn5487 こちらは同じく車窓からの八ヶ岳~奥に白いのが権現岳で手前右が編笠山、左が西岳。

P1310023 左の頭だけが白いのが入笠山で、右の白い立て筋が交錯するのが富士見パノラマスキー場。

Dscn5488 積雪期の登山口になる沢入駐車場。
ここから山頂までは標高差500m足らず。 
装着初体験のIさんを初め、それぞれにアイゼンを履く。
私は8本だが、6本でも十分。
12本爪持参のSさんはさすがに仰々しいと思ったのか、ノーアイゼンのままで歩きとおした。
事故を未然に防ぎ、体力もセーブできるのでアイゼンは履いたほうがベターだろうが、アイゼンなしで歩くことも経験しておいていていいだろう。

Img_6662  いざ行かん 行きてまだ見ぬ 山を見ん・・・ナーンチャッテ・・・。

Dscn5491 朝方、沿道の山々を幻想的に飾った霧氷も、標高が低いところでは早々に消えてしまったが、標高が上がると未だ残っていた。

Dscn5492 入笠山の山頂が近づくと、南の編笠山から北の北横岳まで、八ヶ岳が勢ぞろい。

Img_6766 上の写真で外してしまった蓼科山。
御所平のマナスル山荘前から短いが本格的な登りとなる。
よく踏まれて、しっかりとトレースができているのでスパッツも不用なくらい。
これをスノーシューで登っている人もずいぶん見かけるが、見るからに登り難そう。
これではスノーシューの浮力が全然活かされていないので意味がない、と思うのは僻目(ひがめ)か・・・。

Imgp9086 一行17人~入笠山頂で。
ほとんど無風状態なのに、さすがに山頂では冷たい風が吹き抜けていて、震えあがる。

Img_6797 うーッ、寒む~
で、せっかくの花の顔(かんばせ)もお目にかけられない・・・

Dscn5491_2 甲斐駒と手前の鋸岳

P1310055 中央アルプス ~一番の有名人「宝剣岳」は小さすぎるか、伊那前岳の陰になるかで定かに指摘できない。

Imgp9109 昼食を済ませて山頂を後にする。

Img_6809 下山は富士見パノラマスキー場のゴンドラで一気に山麓へ。
登りは歩き、下りが乗り物・・・フツーはこの反対なのだが・・・
この人工スキー場のことは前から知ってはいたが、一度も滑ったことはない。
以前だったら、スキーヤーの姿を目にすると気持ちが揺れたものだが、今はそれはない。
スキーへの未練はもうきれいに消えている。
”願っていたほどうまくはなれなかったけど、もう十分滑ったからな”
今は素直にそう言える。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »