« 金剛山と宝ノ山~再び藤野の里山で初雪歩き | トップページ | 入笠山 ~雪山入門には最適の山 »

安孫子・手賀沼で初めての鳥見会

2016年2月29日

自慢することではないが、烏と雀と鳩以外は私にとって全て「鳥」にしか見えないくらいの鳥〇〇チである。
・・・アッそうそう、シャッキン鳥とヤキ鳥もちゃんと見分けがつくか・・・
山荘では四季折々に鳥がやってきては、しきりに囀っている。
せっかくのご来訪に備えて、鳥の見分けのための図鑑や、聞き分けのためのCDなどを傍らにおいて学習も試みたが、どれだけ相性が悪いのか一向に成果が上がらない。
そんなおり、山の会の行事として、中学生のころからのバードウオッチャーTさんのプランで冬鳥の観察会が26日、
安孫子の「手賀沼」で行われたので参加してみた。

大気がピーンと張りつめた寒い朝、このところとんとご縁のない常磐線で安孫子駅へ。
安孫子に来るのは名門でかつ手強い「安孫子カントリー」でヘボゴルフをして以来だろうからもう何十年になることやら・・・
10人のメンバーはいっぱしのバードウオッチャーを気取って、それぞれが双眼鏡を首から下げて駅からブラブラと水際へ下る。

Dscn5458

P12600011 沼の畔につくと冬の水鳥が群れている。
メンバーはユリカモメ、オナガガモ、カモメ、オオバンなど。
もちろん全てT先生に教えてもらったもの。

P12600101 ハクセキレイ

P12600261 バードウオッチングのビギナーにとっては憧れるカワセミ ~同行Sさんが撮影したものを拝借。
今日は一度だけダイブシーンがあったが、獲物は取り逃がしたようだった。

Dscn5465 沼を2分して渡る「手賀大橋」

Dscn5463 この河童らしい彫像の上に一羽のアオサギが停まっていて、いつまでも身じろぎもしない。
この哲人的な風貌の鳥は何を思索しているのだろうか?

Dscn5467 「鳥の博物館」で剥製のトキ ~本物に会うため佐渡にも渡ってみたいが・・・

Dscn5469 今回初めて知ったのだが、手賀沼畔は「白樺派」の梁山泊で武者小路実篤、志賀直哉、有島武郎、里見弴などが集って、大正時代の理想主義、人道主義の灯を掲げた。
昔感動した実篤のヒューマニズムに共感する純真さは今の私には残っていないが・・・

Dscn5471 志賀直哉居宅跡~今は書斎棟だけが保存されている。

駅前に戻り「コ・ビアン」というレストランに入る。

A  A_2  A_3 150円なりとは
イタリアン風なのだがメニューには焼き鳥などもある無国籍ぶり。
何よりワイン3本、ビールに料理もいろいろ注文したのに一人当たり1100円というのには感動した。
これなら普段痛切に感じている
「割り勘負け」
も苦にならない。
こんなに安い店があるなんて、安孫子市民が羨ましい。

|

« 金剛山と宝ノ山~再び藤野の里山で初雪歩き | トップページ | 入笠山 ~雪山入門には最適の山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何事にもおくわしいと思っていた風花さんにも不得手なものがおありでしたか^^
私は花同様鳥のほうも見事な○○チですのでちょっぴりほっとしました。
興味なら人並みにあるのに、なぜか固有名詞が覚えられないですね。セキレイは町中にも見かけるのでやっと覚えました。
鳥に詳しくなったらバードウオッチングは楽しいでしょうね。

昔の文士たちの別荘は意外と小さいことが多いですね。
ホテルに缶詰め状態の昨今の作家たちよりは優雅だったでしょうけれど。。。


投稿: おキヨ | 2016年1月29日 (金) 13時18分

おキヨ様
鳥は一番身近な野生なのがかえって仇になり、特別な関心が生じないのか、いまいち親しみを覚えません。
何事でもそうですが、まずは姿と名前を一致させることが大事な第一歩ですが、一ヶ所に留まっていないので観察が十分にできないのですね。
昔の文士は総じて貧しかったですね。
金よりも志が優先しているので、むしろ貧しいことが勲章でもあった感があります。
今でも、なかなか芽が出ないため三度の食事もままならないのに、それでも作家の道を諦められない人がいるのでしょうか。
芥川賞、直木賞の受賞者のコメントではそうしたことが聞かれますが・・・。

投稿: 風花爺さん | 2016年1月29日 (金) 19時58分

風花さま~ 今晩は

山から離れてバードウオッチングでしたか・・たまには門外漢になって一つひとつ覚えて行くのもよいかもしれませんネ
当方も山の名前は分かっても鳥の方は名前すら覚えることができません。

時々NHKの「自然のアルバム」見ますが元から覚える気がないので
流し眼で見ているだけです。

新緑頃山に登るとあちこちらから聞こえる小鳥の囀りには
癒やされますネ

投稿: かおり | 2016年1月29日 (金) 23時31分

かおり様
山歩きをしていれば自然にいろいろな野鳥の囀りを聞いたり、姿を見かけたりするのですが、”知ろう”とする気がないものですから、いつまでたっても鳥が身近なものになりません。
動かない花は鑑賞するにも、撮影するにも苦労が要りませんが、鳥はその点では面倒ですね。
私も「自然のアルバム」で随分と鳥を覚えたつもりですが、山に入るとみんな同じように見えてしまい、お手上げになります。
鳥たちは今は「地鳴き」なので地味ですが、繁殖期に入ると囀るようになるので鳴き声が多彩になりますね。
小鳥たちの囀りが山道に賑やかになる春が待ち遠しいものです。

投稿: 風花爺さん | 2016年1月30日 (土) 06時29分

風花さん、こんにちは

私も小鳥に興味を持ったのは最近の事で、林檎の木にいた「エナガ」を写真に収めてNHKに投稿し、放送されてからいろいろ探す様になりました。昨年は山で「ルリビタキ」、「コガラ」など見る事が出来ました。「カワセミ」を探していますが見つかりません。最近は焼鳥にもお会いしていませんね~


投稿: 岳 | 2016年1月30日 (土) 09時32分

岳様
野鳥も豊かな自然を作り出す大事な要素なのに、概してハイカーの関心は高くないですね。
数えきれないほどの山ブログでは花の写真は多くても、野鳥の写真にはまずお目にかかりません。
色の美しい「ルリビタキ」は「アカショウビン」と」ともに一度はお目にかかりたい憧れの鳥なんですが、これまでチャンスに恵まれていません。
シャッキン鳥とは縁が切れていますが、ヤキ鳥には月に何度か遭遇してしまいます。

投稿: 風花爺さん | 2016年1月30日 (土) 11時54分

「カワセミ」「ルリビタキ」などなど・・・
名前は知っていても、実際に啼き声を聞き分けたり、姿を見つけたりすることは、全く出来ません。
時々、ネットの動画で観たりするくらいです。
朱鷺は昨年、朱鷺の里でゲージ内で実物を見ました。
山を歩いていて、囀りが聞こえてくると姿が見つけられたら良いなぁ~と思うばかりです。

投稿: のりこ | 2016年1月30日 (土) 23時55分

のりこ様
山ノボラーの多くは何故か野鳥に弱いですね。
見分け、聞き分けができるようになれば、生き物だけにキッと好きになれるのでしょうが・・・。
ずいぶん昔、新潟博?が開催されたとき、ついでに佐渡島に渡ったことがありますが、そのころは佐渡からトキの姿が消えていたのでしょうか、印象がありません。
できればもう一度渡島して、トキが舞う姿を見たいものだ、と思うのですが、実現の可能性は低いですね。

投稿: 風花爺さん | 2016年2月 1日 (月) 06時35分

鳥は写真を撮るのが難しいですね、、止まってくれませんので(笑

釣りをしている頃、よく背後に青鷺が立っていました。
外道を釣ったら施せと言わんばかりに睨み付けて立っています。
あまりに偉そうな目つきに、あげないときもありました。。

投稿: itta | 2016年2月 2日 (火) 00時15分

itta様
ittaさんも野鳥はイマイチですか。
たくさんの山ブログを見ても花はギョウサン出ますが、鳥はほとんど見かけませんね。
山の鳥ではライチョウが定番ですが、あとはホシガラスくらいでしょうか。
アオサギにチョットばかり意地悪しましたね。

投稿: 風花爺さん | 2016年2月 2日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/63665658

この記事へのトラックバック一覧です: 安孫子・手賀沼で初めての鳥見会:

« 金剛山と宝ノ山~再び藤野の里山で初雪歩き | トップページ | 入笠山 ~雪山入門には最適の山 »