« 鍋倉山 ~信越トレイル核心部へ | トップページ | 御前山 ~リハビリ山行はこれにて打ち止め »

荒崎 ~三浦半島シーサイドハイク

2015年10月29

私は「山彦」だが、年に数回程度は無性に潮騒を聞き、汐の香りをかいでみたくなる。
私たちの会は山歩きの会だが、そんな思いは共通するのか年に一度は湘南方面でのシーサイドハイクをしている。
今日(25日)は21人で三浦半島西岸の「荒崎」へ。
私が荒崎を訪ねるのは子供たちが小学校低学年のころ、1976年の丁度今ごろの10月31日以来39年ぶりになる。

Img004 当時10歳くらいだった次女。

Dscn5042 三浦半島の西岸にある荒崎に入ると、相模湾の洋上に富士が浮かんでいる。
先日、初冠雪があったが根雪にはならずほとんど消えかかっている。

Imgp8330_original 本日の最高所?城山で ~二等三角点がある。

Dscn5045 富士をアップしたのだが不鮮明。

Dscn5051 荒崎は固い凝灰岩と柔らかい砂岩とが長年かけてこうした模様を描き出してきた。

Dscn5053 日南海岸の鬼の洗濯岩を思わせる。

Dscn5060 汐の香りと潮騒とを無上のご馳走にして軽い中食。

Dscn5061_2 栗谷浜漁港にある「かねしち丸」 ~しらすと地だこを販売している。
21名がそれぞれ買い物をしたので、お店としては大漁旗を挙げたい気分になったはずである、キット・・・。

Dscn5062 渚の柔らかい砂浜を歩くのはけっこう足に負荷がかかるものである。

Imgp8397_original 「妻は夫を労りつ 夫は妻に慕いつつ・・・」
浪曲「壷阪霊験記」そのままに若い女性会員が後期高齢者会員をサポートしているうるわしい一コマです。
~実はわざと手を引かれるようにするズルイ魂胆である~
こうした光景が随所に出るわが会なのです。

Dscn5067 海べりのハイクが終わっても、地の魚が美味しい三浦半島から寄り道せずに帰るわけにはいかない。

Dscn5066_2 三崎漁港に上がる魚のお造り。目玉は黄金鯵だそうである。
本日の女性リーダーKさんは下調べのため何度か足を運んだ様子。
段差が大きい場所の補助に折り畳み式の踏み台まで持参していた。
打ち上げの店選びにも吟味を尽くしたようで、お蔭さまで最近になく美味しい金目鯛にもありつけた。
私たちの会(ばかりではないが・・・)はこうした目に見えない努力を喜々として尽くしてくれる人たちによって支えられている。

Img_0513 ところで今日の歩行中に両足の靴底が剥離した。
購入して8年が経過した街歩き用のローカットシューズである。
かなりな頻度で発生する加水分解(靴底と本底の間にある中間のウレタンが湿気によって分離してしまう)による剥離と思われる。
加水分解被害は、私はこれで2足目になるが、多湿の日本では6~7年経過すると、いつ発生しても不思議ではない。

|

« 鍋倉山 ~信越トレイル核心部へ | トップページ | 御前山 ~リハビリ山行はこれにて打ち止め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

貴ブログには珍しい海の図ですね。
大人の遠足・・・これもまたよしです。空は晴れ晴れ、海は青いし魚は美味しい。たまには海もいいですね^^

ホント、〔鬼の洗濯岩〕に似てますね。

使えば痛むものですが靴がこんな状態になるとは!。。。
ここまで愛用すると、手放すときにはいろいろと思い出がよみがえるでしょうね。

投稿: おキヨ | 2015年10月29日 (木) 12時04分

おキヨ様
小学唱歌「我は海の子」に「高く鼻つく磯の香に 不断の花の香りあり・・・」という歌詞があります。
たまにどうしてもその香りに包まれたくなるのですね。
魚類がおいしいと思うのは多分に暗示にかかっている、という側面があるとは思うのですが・・・。
加水分解が発生した靴は、ほとんど雨の日の街歩き用なので使用頻度は低いのです。
使い方とはほとんど無関係に、一定の期間(7年前後)が経過すると自然発生するようです。
登山靴以外では起こらない現象ではないでしょうか。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月29日 (木) 16時47分

風花さん、こんばんは

素晴らしいハイクでしたね!
山や海には関係無く、日本の素晴らしい風景には、
いつも感動を覚えます。
しっかりと気配りの出来る人は少ないですが、
そんな人の配慮には心打たれ、自分もそうありたいと思います。


投稿: 岳 | 2015年10月29日 (木) 21時18分

岳様
私は(岳さんもそうでしょうが・・・)海なし県育ちなので、海に対する思い入れはさほどありませんが、時に海を見たいという思いが強く湧くことがあります。
山と海があってこその日本ですね。
人がグループを形成すると、多くはを中心にして振る舞いますが、少数ですが中には「気働き」に優れた人がいますね。
そういう人は自分は人の上に立とうなんて気がなくても、いつしかひとりでにリーダーになります。
そうありたい、とは思ってもなかなか・・・・・・。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月30日 (金) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/62220468

この記事へのトラックバック一覧です: 荒崎 ~三浦半島シーサイドハイク:

« 鍋倉山 ~信越トレイル核心部へ | トップページ | 御前山 ~リハビリ山行はこれにて打ち止め »