« 赤城・荒山への2度のトレーニング | トップページ | 黒川鶏冠山 ~信玄夢の跡 »

音楽はアナログで~愛しのカセットデッキ

2015年9月29日

帰京の途次、カーラジオで「120分のオーディオカセットテープの生産が打ち切られることとなり、在庫品が払底。
ネットでプレミア価格で売られてる」とアナウンスしていた。
今日、ついでに寄ったヨドバシにも確かに90分テープしかなく、カセットテープの棚は悲惨なくらいに寂れていた。
もう30年もの間のつきあいになる「カセットテープ」時代がそろそろ終焉を迎える時期にさしかかってきているということか。
私はその生き残りの一人になる、ということか・・・。
振り返ればSPレコードがLPレコードにとって代り、それがまたカセットテープに主役の座を明け渡し、それもCDがその座を奪いとり、そのCDも今やネット配信に命運を絶たれようとしいる。
いつの時代も栄枯盛衰は世の習いか・・・・・・。

私のオーディオ遍歴は子供のころ蓄音機に始まる。
ゼンマイを巻き、SP盤に針を落とすとおもむろにザーザー、チリチリと針音を伴って東海林太郎の「赤城の子守歌」が流れてくる。

A 蓄音機   A_2 電気蓄音機

叔母が嫁いだ先は裕福な商家で立派な電蓄があり、小学3~4年生のくらいの私はこの電蓄で「愛染かつら」の全挿入歌や「誰か故郷を思わざる」など覚えた。

その私が自分用のレコード再生用のステレオ装置を持てたのは結婚後で、そのころはLPの黎明期だった。

A_3
居間にデンと構えた装置で、結婚祝いにいただいたナタン・ミルヒタインの演奏するメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲や、バックハウスの弾くベートーベンのピアノ協奏曲「皇帝」に聞き惚れ、ささやかな幸福感に包まれたものである。
そこに革命をもたらせたのが録音ができるカセットテープの登場である。
音楽の環境が一変し、誰もが自分だけの音楽を持つことができるようになった恩恵は計り知れない。
アナログ最後の戦士カセットは、これまた革新的なデジタルのCDが出現するまで王座を守り続けていた。
とにかく聴きたい音楽を録音ができることが嬉しくて、FM放送を中心にして一時はエアチェックに熱中したものである。
ジャンルはクラシック中心で、懐メロ、カントリー、ポピュラー、Jポップ、イージーリスニングと多岐にわたっていた。
もちろん所有するCDもいつの間にか相当な枚数になっているが、カセットはその比ではない。

どれくらいあるか面倒なので数えたことはないが、余りスペースを取らないので邪魔に思うこともない。

本数が殖えるわけは、たとえばベートーベンの「田園交響曲」一つとってもフルトベングラー、カール・ベーム、カルロス・クライバーなどと異なる指揮者のものを、またオーケストラもウィーンフィルもベルリンフィルもアムステルダム・コンセルトヘボーも聴きたい、ということになるから際限ないこととなる。

私はいわゆるオーディオマニアではない。
従って音質においてCDに劣るカセットでも不満はない。
かつてはカセット特有のヒスノイズが少々耳障りだったが、ノイズリダクションのレベルが上がり、私の聴力では今はまず聞き取れない。
自宅の再生装置もプアーなものだし、もちろんリスニングルームもないがそれでも満足している。
山荘の方は、大きな音も出してもご近所の迷惑にはならないからもう少しましなものにはなっているが、それとてマニアのものにくらべればオモチャのレベルであろう。
BGMみたいにとりあえず音楽が流れていればそれでいいのだ。
そもそも私の聴力ではアナログとデジタルの音質の聞き分けなどできっこない。

Img
自宅のこのカセットデッキはもう随分ながいこと使っている。
今時のペラペラのデッキに比べて重い。
オーディオ評論の権威、長岡鉄男さんが製品のスペックで「重さ」を重視していたが、確かに大事な要素であることはこのデッキの長寿ぶりでも納得できる。
比べて今時のCDの再生装置はいかにも安手でウスッペラにできていえる。
重厚な音楽を聴くのにはなんとも頼りない。

音楽を聴く環境はこれからも変化し続けていくだろうが、こと私に限っては30年前に進化が止まったままになっている。

|

« 赤城・荒山への2度のトレーニング | トップページ | 黒川鶏冠山 ~信玄夢の跡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風花さん、こんにちは

子供の頃叔母さんの家に行き、竹の針でレコードを聴いた事がありました。高校時代は放送班で、オープンリールのテープレコーダー。社会に出てからは仕事でラジオカセット、ウオークマン、、CD、そしてステレオなど毎日携わって来ましたので、大変興味深く拝見しました。評論家の長岡さん、第一人者でしたよね!懐かしいです。重いアンプにデッキ、未だしっかり働いてくれています。30年以上勤めた会社、CDを世に出した大賀さんの賞状があります。

投稿: 岳 | 2015年9月30日 (水) 12時28分

岳様
竹の針~知っています。
大戦末期、金属はことごとく徴用されてしまったためにレコード針までなくなってしまったためですね。
オープンリールのテープレコーダーはほとんど業務用で高嶺の花でした。
ティアックやソニーのレコーダーがまぶしかったですね。
それだけにカセットレコーダーが出現したのは大変な福音でした。
CDの誕生にはカリスマ指揮者・カラヤンが大賀社長に”ベートーベンの「合唱」が一枚に収録できるものを創ってほしい”と語ったことがキッカケになったというエピソードを聞いたことがあります。

投稿: 風花爺さん | 2015年9月30日 (水) 19時54分

風花様~ こんにちは。

興味深く読ませて頂きました。こちらもカセットテープとの
付き合いは30年近くになります。
テープも安く購入できたのでFM放送から気軽に録音できる恩恵は
計り知れず、仕事しながら懐メロ、イージーリスリング主体に
録音、嵩張らないので数えたこともなく200本近くあり、今も時々聞いています。

風花様の愛好される「月見草」なども、時たま聞いています。
アナログを再評価する流れに今レコードが静かなブームを呼んでいるようです。
10年前に生産停止した音響機器なども再販売、復活の動きが
再燃しているそうです。

投稿: かおり | 2015年10月 1日 (木) 10時33分

記事を拝見して、ほとんど同じ工程のオーディオ歴です。手回しのポータブル蓄音機、 体が入ってしまいそうな電蓄、
横長の大仰なステレオ・・・どれをとっても懐かしいものです。ただ私にはクラシックという分野は極めて一般的なものがほんの数枚でしたが。。。

山ほどあったカセットテープはすでに処分、CDも今や聴くこともありません。ラジオとPCでまにあってしまいました。
耳も心も音楽に対してすっかり雑になってしまいました。

投稿: おキヨ | 2015年10月 1日 (木) 11時57分

かおり様
かおりさんと私の音楽への性向には共通点が多いように思えます。
懐メロについてはよく、同じ歌手が後年になってステレオで録音しなおしていますが、私はオリジナルの針音がするほうが好きです。
レコードを聴く、ラジオを聞くなど受け身だった音楽を、好きなものをいくらでも録音できるカセットレコーダーの出現は実に革命的でしたね。
アナログ機器の見直しの機運もあるようです。
私もおいおい手軽なラジカセに移行していくだろうと思いますが、これからも長くアナログのカセットテープと付き合っていくつもりです。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月 1日 (木) 12時06分

おキヨ様
高度成長と技術革新の流れの中で、多くの日本人が辿ってきた軌跡には共通点が多いですね。
その多くが思い出の側になってしまいました。
私はビディオテープは捨ててしまいましたが、音楽テープはまだその踏ん切りはつきません。
BGMのようにして聴くことが多いので、まだまだ生活上の必要性があります。
確かに音楽もパソコンのYou Tubeで手軽に間に合わせられのでいよいよ便利にはなっていますね。
だんだん面倒なことは減らして、シンプルにならざるを得ませんから私の音楽ライフもいずれは自然に変わってくるのでしょうが・・・。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月 1日 (木) 12時29分

こんばんは。
BGM…私もそのように聴くことが多いですね。
限られたスペースなので、愛着のあるテープやレコードは処分して、今はCDばかりになってしまいました。
居間には音質が良いプレイヤーを、台所と、寝室の枕元には小型の軽いものを置いて、集合住宅ゆえ音量に気をつけて聴いています。数少ない枚数なのですが。
クラシックMIDIやYou Tubeは記憶を確かめたりするには便利ですね。
いつか本が読めなくなっても、好きな音楽は最後まで聴いていたいと思います。
今夜は映画「みじかくも美しく燃え」で使われたモーツァルトのピアノ協奏曲第21番第2楽章の、天国的な美しいメロディーを聴きながら眠ります。おやすみなさい。

投稿: 淡雪 | 2015年10月 1日 (木) 22時17分

淡雪様
クラシックMIDIは初めて知りました。
これも音楽の検索サービスのようですね。
さっそく試してみます。
カセットでは致命的な頭出しの不便さが、CDでは完璧に克服されているので、この点では勝負になりません。
たいていBGMとして流しっぱなしにしているので、我慢できる範囲にはありますが・・・
モーツァルトのP協奏曲21番・第二楽章は私もたいへん好きな一曲です。
どうしてもあの悲恋の映画のイメージと重なってしまうのですが・・・。
ついでながら同じモーツァルトのP協奏曲20番と24番の第二楽章(緩徐楽章)もまた、例えようのない美ししさを湛えていると思います。
聴いているときに、胸にひたひたと満ちてくる思いをどう表したら伝えられるのか、私の貧しい表現力がもどかしくなりますね。
音楽があって良かった!と思い、それらを遺してくれた「努力した天才」に乾杯です。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月 2日 (金) 07時32分

こんばんは、私もカセットテープが大好きでした。
私はロックばかりでしたが、今はなきFM Fanをチェックしては録音に勤しんでいた頃が懐かしいです。数百本あったテープは廃棄、同じく数百枚のCDも埃をかぶっています。
若い頃のように音楽を楽しむ感性が私には残っていないようで、、何とも寂しいかぎりです。。

投稿: itta | 2015年10月 2日 (金) 20時58分

itta様
私もFM FANの番組表でエア・エックする放送をチェックしていましたね。
串田孫一の「音楽の絵本」や城達也の「ジェットストリーム」などを懐かしく思いだします。
>若いころのように・・・と言われますがittaさんは私などよりはるかにお若いとお見受けしています。
山好きの方なら豊かな感性は枯渇するはずはない、と思います。
世間には美しいもの、楽しいもの、面白いもの、旨いものなどなど人生を豊かにしてくれるたくさんのものがあります。
貪欲に享受したいものですね。

投稿: 風花爺さん | 2015年10月 3日 (土) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/61329719

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽はアナログで~愛しのカセットデッキ:

« 赤城・荒山への2度のトレーニング | トップページ | 黒川鶏冠山 ~信玄夢の跡 »