« 高校野球とうな重と~関係ないんですが・・・ | トップページ | 季節のアンソロジー ~九月 »

夏の終わりのよしなごと

2015年8月29日

なんか夏いっちゃいそうですね・・・
あの熱気、誰が吸い取ってしまったのでしょうか?

日本陸上界に突如(でもないかも知れなが・・・)超新星が耀き始めた。
いうまでもなく短距離の
サニブラウン・ハキーム選手のこと。
16歳での200mタイムがかのウサイン・ボルトの16歳時を上まっているという破天荒さである。

A
期待の大きい桐生選手が足踏み状態なのを見ても早熟型の才能が伸び悩む例が多いが、彼には是非大成してほしいものだ。
日本人に苦手な瞬発力や跳躍力を上げるためにはアフリカ諸国との混血が欠かせない条件に思える。
欧米の選手には黒人が多い現状を見れば日本もいつまで純血主義にとらわれているべきではないだろう。
血が混じるということは両者の優性がブレンドされてより優れたものが生まれる可能性が期待できることである。
~その逆もあるかも知れないが・・・

某日、日本山岳会に処分する山の本を持ち込んだ。
身辺にありふれる「物」を少しづつでも減らしていくことを心がけている。
書物はその最たるもので、山岳会での恒例の「図書交換会」に出品するためである。

Dscn3958         Dscn3959

冊数は50ほどで、蔵書の1%になるかならないか程度だから、減量効果はゼロに等しいが、何もしないよりは増しだろう。

27日、リハビリ開始のつもりでもっともイージーなコースで高尾山を歩いた。
もちろん空白が長いからヘタレはしかたない。
これからコツコツと可能な限り原状回復を目指したい。
山を下りてから先日オープンしたばかりの
「高尾599ミュージアム」に立ち寄ってみた。
高尾をオシャレにしていく先駆なのか、瀟洒な外観。

Photo

アクリル樹脂に封入された花の標本が綺麗だが、サンプル数にはやや不満足。

昨夜は京王プラザホテルで開かれた日本山岳界の重鎮「神崎忠男氏を労う会」に出席

Photo 雛壇上の山岳会のお歴々~右端が神崎氏。

Photo_2 田部井淳子さん~エベレスト女性初登頂の前に不安に心が揺れていたとき”大丈夫、登れるよ”と神崎氏に励まされたことが忘れられない、と語った。

神崎氏はこの6月、4年間その任にあった「日本山岳協会」会長を退任した。
その前は「日本山岳会」の副会長を務めた。
日本での登山組織の頂点の要職を長く務めたその労をねぎらう集いである。
私もその末席を汚した、という次第。
ご本人は堅苦しい役職とは縁遠い、山男の典型とも言える磊落(らいらく)でありながら、細やかな気配りもできる実に魅力的な人柄である。
それゆえに人を引きつける磁力があり、今宵の席も270人ほどが出席するほど盛大なものであった。

在来の組織からは離れるが、本人は至って意気軒昂。
もう一段、スケールの大きい組織を構想しているようで、それがどんなものになって現れるか楽しみである。

自民党総裁選は無投票での安倍さんの再選が事実上決まった。
自民党(だけではないが・・・)の人材枯渇ここに極まれり、という現象。
かつての「三角大福中」時代のダイナミズムはどこへやら。
小選挙区制が自民党にも中央政権化をもたらしてしまった。
こうなると派閥が力を持ち得る中選挙区制のほうがより増し、という思いがしてくるから、統治の制度というものがいかに難問であるかを思い知らされる。

|

« 高校野球とうな重と~関係ないんですが・・・ | トップページ | 季節のアンソロジー ~九月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の書棚もだいぶ立て込んできました。
そろそろ整理どきです。
サニブラウン選手・・・これほど明確にDNAの優勢さを示されると他の日本人選手は複雑でしょうね。

お身体が順調に回復されているようで何よりですね。

投稿: おキヨ | 2015年8月28日 (金) 12時20分

おキヨ様
まことにお恥ずかしいかぎりですが、下書き中のものをうっかりミスでアップしてしまいました。
代わり映えはしないでしょうが、こちらが本編です。

体調のほうはなんとかメドがつきそうですが、何しろ年が年ですからどこまで戻せるやら・・・

日本が優秀なスプリンターやジャンパーの出現を望むならアフリカや中南米民族との混血は不可欠ではないでしょうか。
もうそういう時代なんでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2015年8月29日 (土) 06時53分

すっかりご無沙汰致しました。
暑い、暑いと言う言葉は気がついたら口にしなくなりました。

「疾走してゆく時間」に追いつけないでもがきつつ後追いしている状態です。
山岳関係の本はホンの数冊しかないですが、多くは手塚氏のエッセイ風の物や、山小屋に関するものばかりです。

投稿: noritan | 2015年8月29日 (土) 12時45分


風花さん、こんにちは

一歩一歩前に進んでいますね。何よりです。
私も本の整理を考えていますが、生家に持ち込んだ本は8割くらいは箱の中に眠っています。それよりも家をどうするか?などなど、沢山の課題を抱えています。 センスのある建物だなぁと思った「高尾999ミュージアム」、流石に京王グループの広告塔ですね。機会があれば訪れてみたいと思いました。


投稿: 岳 | 2015年8月29日 (土) 13時33分

noritan様
季節の移ろいの何と気ぜわしいこと。
夏から一気に中秋になってしまいました。
もう少し夏の名残を惜しみたい気がするのですが・・・
私は所蔵本は多いのですが、目を通していないものもずいぶんあります。
何のために入手したのか、とわれながら理解不能です。
ほんとうは自分にとってかけがえのない数冊があればそれで足りそうな気がします。

投稿: 風花爺さん | 2015年8月29日 (土) 14時07分

岳様
>それより家をどうするか?
同感です。
私の場合は、遠からず運転ができなくなるでしょうから、山荘が不要になります。
これをどうするかが最大の難問です。
別荘需要はスッカリ冷え込んでいますから・・・。
私は大町山岳博物館の存在が羨ましいのです。
一度しかいっていないのですが、今行けばその時には気付かなかった貴重な展示品があるのだろうと思います。
いずれは再訪できることを楽しみにしています。

投稿: 風花爺さん | 2015年8月29日 (土) 14時13分

あれだけの本で1パーセントということですので驚きです。
私は先ほどまで地形図の整理をしていました。
ネットでも印刷できますが、やはり、国土地理院の大きなものを蛇腹にたたんで携帯する方が好きです。
最近はカラーのものも出始めて、これもまた綺麗で欲しくなります(笑

リハビリ登山、始まりましたね!
これから色づいていく山が楽しみですね。

投稿: itta | 2015年8月29日 (土) 22時04分

itta様
長年にわたり買い集めてきた本がいつのまにか自分の手に負えないモンスターに成長してしまいました。
数年後には山岳書を専門に扱っている古書店に引き取ってもらうことになると思っています。
今の登山者では地理院地形図を使わない人が多くなっていますね。
ハイキングを超えるレベルの登山をする場合には地形が読める地形図は必須アイテムだと思いますが、さすがはittaさんですね。
地形図は図郭を大きくしたり、多色刷りにしたりと改良を加えていますが、致命的なのは登山道などの情報が古くて間違いがあることですね。
面倒ですが昭文社の地図と併用するのがベターでしょうか。
昨今はハンディGPSが使えるのでまた様子が変わってはきましたが。

投稿: 風花爺さん | 2015年8月30日 (日) 06時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/61360564

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりのよしなごと:

« 高校野球とうな重と~関係ないんですが・・・ | トップページ | 季節のアンソロジー ~九月 »