« 梅雨の黴で腐った頭でウダウダと・・・ | トップページ | 三壁山からエビ山~野反湖西岸の尾根歩き »

上高岩山~御岳周辺の小さなバリアンテ

2015年7月13日

新国立競技場メインスタジアム問題は予想通りの展開になってきた。
この壮大な無駄遣いに対し、マスコミや世論の猛烈な批判に慌てた関係者が、互いに責任をなすり合う構図である。

官房長官はデザインの見直しについて「工期の問題もあり、そんな無責任なことはできない」と。
税金の無駄づかいするほうがよほど無責任だと思う私の方がおかしのだろうか・・・

元締めの文科相は今さらながら意匠決定時に「費用とデザインを別々にしていたらずさんだった」他人事みたい。
これに対し、デザイン決定の責任者・安藤氏は、表立った動きはないが「コンペの与件として予算1300億円は提示していた。なんでこんなんなるのか分からへん」という始末。
これはいかに何でも酷過ぎではないか。

この泥仕合の根っこは日本スポーツ界のドン・M元総理の存在だろう。
体制側にも良識派はいて、内心批判はしているのだろうが、結局誰も猫の首に鈴をつけられないのだ。
裸の王様の元総理は、開き直りともとれる発言をしている。
長い間日本のラグビー協会を牛耳っていて、ラグビーのワールドカップを何がなんでも新国立競技場でやりたいのだ。
彼は「日本のプライド」のために必要という理屈を挙げているが、日本のプライドとは一体何のことだろう。
莫大な借金を抱えている人が、人の金をあてにして豪邸を新築して見せびらかすことをプライドというのか?
私の辞書にはそういうのを虚栄とか見栄としている。
私にはご自身のメンツのためとしか聞こえないが、そんな個人的な面子を立てるために税金を使うことは許されるはずがない。。

民主主義は最後は多数決だ、としてこれだけ憲法違反の批判が多く、国民の大多数が理解できていない安保法制を採決しようとすることも、反対論が圧倒的な新国立競技場の建設を強行しようとする姿勢も民主主義とは相いれないものだ。

なのに為政者はいつの時代にも民意とか、多数決論理を自分の都合の良いように使うものである。
あ~ 暑苦しい!

いつものように辛気臭いイントロになった。
ようやく陽光が戻ってきた。
同時に猛烈な蒸し暑さにもなった。
こんなとき近郊の低山は決して快適には歩けない。
それでも空白が2週間にもなったので、かねてチョット気になっていた「上高岩山」102mから御嶽のロックガーデンへ下るルートを11日(土)に歩いてみた。
気になったわけというのは、3週間ほど前、上高岩山から養沢神社をつなぐサルギ尾根を下るときに見た上高岩山山頂で見た「このルートは要注意」の警告であった。
それはどの程度なのか・・・を確かめるのが今日の目的。

ケーブル利用で楽をし御嶽にあがり、まずレンゲショウマの状況を見ておいた。

Dscn4758 開花は一か月ほど先になるだろうから、まだ蕾は固い。

Dscn4760 開花直前のギンバイソウ ~一年前、これをタマアジサイとして汗をかいた。
今日はお墨付きをいただけるだろう。

Dscn4763 猫の額ほどもない上高岩山 1012mの山頂。
少し進めば展望休憩舎があるのだが、今日はここで昼食。
山頂も貧弱だが、弁当はさらにプアーです。

Dscn4761 ここからの下降ルートについてこんな注意書きがある。
フンフン「悪路」ときたかか・・・どんなもんかな・・・

Dscn4764 下り始めると唯一の展望で、先日歩いた御嶽・奥ノ院が目の前に見える。

Dscn4765 下降路は鎖場あり

Dscn4766 乱雑にむき出した木の根あり

Dscn4767 アルミ梯子あり
で、この辺りの山としてはなかなかスパイスが利いている。
ただ、注意さえ怠らなければ特に危険なところはない。
登ってくるハイカーもそこそこいて、意外であった。

20分あまり下ると普通の平凡な山道となり、あまりバリエーション気分も味わえず、拍子抜けだった。

Dscn4768 下り着いた登山口にも同文の注意書き。
ここからはハイカーの往来が賑やかなリクレーションゾーンとなる。

Dscn4770 落差30mほどらしい「七代の滝」だが、見える範囲では10m程度か。

Dscn4772 御嶽方向と分かれ、上養沢のバス停に下る道に入ると、再び人影を見ることもなくなる。
路傍ではタマアジサイがそろそろ開花を迎えている。
車道を歩いていると後ろから来た車の窓が開き”乗っていきませんか?”と声をかけられた。
一瞬、ためらったがご厚意に甘えることとした。
もちろんバス待ちのロスタイムがなくなること、暑い日盛りを歩く苦痛から免れる、という実利もあるが、せっかくの厚意に背くのは、ちょうど乗り物で席を譲られるとき、それを断るのは相手に決していい感じを与えない、という心理が働いたこともある。

地元・五日市の方で、この辺りの山は長年歩いているのでわが庭同様でしょう。
私も幾らかの足跡は残しているので、たちまち山談義が弾み五日市駅まではアッという間だった。
この方はいつもこうした善意を現しているそうである。

その善意の蓄積はいつか何らかの形で返ってきますよね。
ありがとうございました!

|

« 梅雨の黴で腐った頭でウダウダと・・・ | トップページ | 三壁山からエビ山~野反湖西岸の尾根歩き »

登山」カテゴリの記事

コメント

新国立競技場の費用問題はますます高まってきました。
もう国民の声を無視して進めるには難しいのではないでしょうか。

わが家もたまに、雨が降り出した時など〔善意の人〕になります^^ 
喜んで乘って頂くと気持ちがいいですね。

投稿: おキヨ | 2015年7月13日 (月) 12時17分

おキヨ様
無責任の集合体のようなこのスタジアムは結局「時間が無い」という名分で、厚顔無恥な少数で強引に進められることになるのではないでしょうか。
宴が済んでからこのデカイ容器は国民の負担という災厄の象徴になるのでしょうね。
厚意は素直に受け取るべきでしょうね。
もし、今私に1億円下さる厚意が示されたら・・・お断りするのは折角の志を無にする非礼となるでしょうから、やはりいただくことになるでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月13日 (月) 16時47分

こんばんは。
スタジアムもそうですが、オリンピック、ワールドカップ、そうした国際的な競技会そのものに疑問を感じています。
選手の努力を貶めるつもりはありませんが、予算、広告、熱狂、、全てが行き過ぎていると思います。

低山バリ、お疲れ様でした。
レンゲショウマはまだ見たことがありません、、
こちらはヒルはいないのでしょうか??

投稿: itta | 2015年7月13日 (月) 23時05分

itta様
私は純粋に、力と技を競うことに打ち込む選手の姿には感動を覚えますが、その周辺に不純な動機でうごめく徒輩がいて、スポーツを利用しようとしているのには腹がたちます。
東京近郊の山では少し変わった面白そうなバリエーションルートが、例えば「新ハイ」などに紹介されると、たちまち普通の山道になってしまう例がけっこうあります。
やはりハイカーの絶対数が多いのでしょうね。
レンゲショウマは個体数は少ないのですが、近郊の山ではチラホラ見られます。
四国の「剣山」(深田百名山)には「キレンゲショウマ」という固有種があるのですが、私は花期に行っていないので、実物は未見です。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月14日 (火) 07時09分

風花さん、こんばんは

同感です! 
国民の意見を聞く事は無く、初めから国会を延長して丁寧に説明する。
すべて自己収入に繋げる延長は、与野党関係なく皆さんの収入源なんです。
誰も責任は取れなくても税金は自由に使えるんですね。
長い間追いかけたンゲショウマ、このイライラを癒してくれると思います。

投稿: | 2015年7月14日 (火) 21時44分

岳さま
今の霞ヶ関の様子は安保反対運動が炎上したころを思い出させます。
安倍総理の祖父・岸 信介が首相だった時なので、お祖父さんと孫の奇しき因縁を感じます。
確かに孫のほうは祖父が果たせなかった憲法改正を実現することが悲願ですから、その次善の策として安保法制の成立にシッチャキになるんでしょうね。
税金を無駄遣いすることは、行政や政治家の本能みたいなもので、いつになってもなくならないですね。
考えると精神衛生上よくないので、なるべく見て見ぬふりをしていたいのですが・・・。
せめて山にでも、と予定していた計画が台風11号の来襲で流れてしまいました。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月15日 (水) 06時52分

お早うございます。
朝から台風の影響で雨が降っています。
山にも出かけられず、おとなしくせざるを得ません。

スタジアム白紙になりましたネ
安保法案採決強行の翌日なので世論の批判を交わす
目的も見え見え、内閣支持率低下から回復策へのドタバタ劇に見えます。

今回、国民の声を聞き、見直しとのことですが安保法案反対の声は無視に
これまた納得できませんネ・・・

投稿: かおり | 2015年7月18日 (土) 08時01分

かおり様
本格的だった梅雨がようやく終わりそうな気配になったら台風の襲来。
計画が次々に流れ、アルキニストには実にサンザンな日々でしたね。
かおりさんもさぞかし不本意に過ごされていたのではないですか。
新国立競技場問題については、政権は初めは大したことないと、多寡をくくっていたのではないでしょうか。
それがマスコミ各紙での世論調査で驚くような結果がでて、非常に慌てたでしょうね。
このまま放置すると、安保法案を単独採決したために急降下した支持率に歯止めが利かなくなる・・・
これ以上に反対運動が高まり、参院での審議への悪影響を懸念して、本丸の安保法案を仕上げるための生贄としてメインスタジアム計画を差し出すことに追い込まれたということでしょうね。
そこらの魂胆は国民にスッカリ見透かされています。
責任のなすりあいなど、一連のドタバタは醜態の限りでしたね。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月18日 (土) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/60708780

この記事へのトラックバック一覧です: 上高岩山~御岳周辺の小さなバリアンテ:

« 梅雨の黴で腐った頭でウダウダと・・・ | トップページ | 三壁山からエビ山~野反湖西岸の尾根歩き »