« 「山の本」の本、いろいろ | トップページ | 季節のアンソロジー ~七月 »

富士山の下半身を登る

2015年6月29日

富士山を登る、ということは当たり前だが、山頂に立つことだ。
今はこれも当たり前だが、五合目などの中腹が起点となる。
従って通常はそれ以下の部分は切り捨てられる。
山の会の企画でその切り捨てられている部分を歩くことが取り上げられて、なかなか味なプランだと興味を抱いた。

それが28日(日)のことで26人が参加した。

荒天の予報が一転して梅雨晴れが期待されることとなり、中央高速での富士山はこの時期には珍しく透明な大気のなかでスックと立っていた。
残念ながら雪はほどんど融けてしまっていたが・・・。

富士吉田の浅間神社脇を通過して古い富士登山の道は「馬返し」1450mまで車道が通じている。
車道終点の「馬返し」には意外なことに駐車場から溢れた車が路側にもビッシリ停めてある。
何でこんなに車が入りこんでいるのだろうか?

Dscn4715の登山道の名残り「馬返し」から歩き始める

Dscn4717 このルートはすっかり廃れているものと、勝手に思い込んでいだが、ドッコイどうして、トレイルランナーを中心にして大勢の人がしきりに登ったり、下ったりしている。
これで先ほどの疑問は氷解した。
このさまは往時にひけを取らない賑わいにをみせているのではないか

Dscn4718 標高差850mをクリアーするため、いざ出発!

Dscn4719 一合目の「鈴原社}~どういういわれのある建物か?

Dscn4722 立ち入り禁止になっている「御室浅間神社」
富士吉田からの富士登山のメインルートとして長い歴史を持つこの沿道には由緒のある建物が朽ちていく姿をさらしている。

Dscn4723 ここは二合目

Dscn4724 朽廃した往時の建物 ~「滅びしものは美しかな」とはなかなかならない。

Dscn4725 ここは三合目

Dscn4726 三合目の展望 ~ベンチから遠望する「八ヶ岳」
左から編笠山~権現岳~阿弥陀岳~赤岳~横岳。
手前に薄く金ヶ岳と茅ヶ岳。
一番手前が御坂山塊の雪頭ヶ岳と鬼ヶ岳と右端の節刀ヶ岳。

Dscn4728 やはり廃屋がある四合目~焼印所の文字が判読できる。

Dscn4735 いったん車道に飛び出す。

Dscn4736 コース沿いで唯一営業している「佐藤小屋」
これで今日の標高差850mに及ぶ登高がほぼ終わる。
足に優しい火山礫が敷き詰められている、上り一方の緩い登山道のおかげで、ヘタレな私でもなんとか登り切ることができた。

Dscn4737 五合目からの富士山~角度が表現できないため、ノッペリしている。
富士山は離れた場所からでなければその造形美を観賞することはできない。

Dscn4739 フジハタザオ~日本固有種で、富士の中腹だけに分布している。

Dscn4741 スカイライン九合目 ~ここは天地の境なのにやたら人が多い。
聞こえてくるのはほとんど日本語ではない。

Dscn4742 南アルプスの鳳凰、甲斐駒
左の白根三山は頂稜が雲に包まれている。

Dscn4743 途中のリタイアと、付き添って一緒に降りたメンバーを除いた全員が揃った。
ここから富士スカイラインを下る。
つまり、歩いて登り、車で下るという普段とは正反対の行程となったものである。
これってやっぱ変かな~・・・

|

« 「山の本」の本、いろいろ | トップページ | 季節のアンソロジー ~七月 »

登山」カテゴリの記事

コメント

いつも静岡側の道しか歩きませんので、御坂の山越しの八ヶ岳がとても新鮮に感じられました。吉田の道も歩いてみたくなりました。
それにしても、大賑わいなんですね、、驚きました。

投稿: itta | 2015年6月30日 (火) 23時40分

itta様
私は逆に静岡側からアプローチしたことがありません。
このプランは、初めは森林帯の中腹を歩いたって面白くないだろうと思っていました。
ところが実際に歩いてみたら、意外に良かったですね。
食わず嫌いはいけないことを再認識しました。
この山歩きの会は以前は参加者が10人にも満たなかったのですが、今や30人に迫る勢いです。
私は一人歩きが一番なのですが、時には賑やかなのも悪くありません。
特に下山後の風呂上りでビールを飲るとか、ターミナルの新宿や池袋で打ち上げと称して、飲みながらの際限のないダベリなどは、単独行では得られない愉しみですね。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月 1日 (水) 06時14分

風花さん、こんにちは

静岡側の方は富士山といい、南アルプスといい、かなりの山通が多い様です。海抜0メートルから山頂へ、又宝永山を庭にしている方、富士山登頂1000回や、富山から静岡までアルプスを走るなど様々な方がいらっしゃいます。山仲間で話しながら歩くのも楽しいですね。

投稿: | 2015年7月 3日 (金) 15時46分

岳様
なにやかにや言ってもやはり富士山は日の本一のお山、その楽しみ方、接し方はさまざまですね。
今回は頂上に立たないなんて意味ないと思っていたのですが、歩いてみたら歴史の古道で意外に良かったですね。
食わず嫌いはいけませんね。
グループでの山歩きは、どうしても話に意識を奪われがちで、そのため肝心の「山を味わう」ことが疎かになってしまうことが難点になります。

投稿: 風花爺さん | 2015年7月 3日 (金) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/60551528

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の下半身を登る:

« 「山の本」の本、いろいろ | トップページ | 季節のアンソロジー ~七月 »