« 新しい靴で金時山へ~春は装いも新たに | トップページ | 季節のアンソロジー ~四月 »

今井VS田部井/両巨峰のトーク~「山の日」フォーラムで

2015年3月31日

2016年から8月11日は国民の祝日「山の日」になる。
すっかり定着している「海の日」にくらべて当然認知度は低い。
国土の7割を占める山の恩恵をもっと知ってもらうため関係団体ではさまざまなキャンペーンを全国で展開している。
27~28日、東京国際フォーラムでもその一つが開催された。

Img187
各種のイベントの中に今井通子さんと田部井淳子さんという、日本山岳会のビッグネームお二人のトークがあるので、これは聞き逃すわけにはいかない。

地下鉄に乗っている僅かな時間に深い眠りに落ちて乗り換える神保町を4つも乗り越してしまった。          

Dscn4194       Dscn4193_3

巨大な国際フォーラムでも迷って時間をロスして開演から15分ほど遅刻してしまった。

Dscn4171 会場に入り、最初に耳にした言葉は今井さんの「佐宗ルミエさんですね」という言葉だった。
察するに田部井さんの登攀パートナーで、谷川・一ノ倉沢で仲間の墜落を止めようとして自らが墜死してしまった佐宗さんの話題が終わったところのようだった。
遅刻で聞き洩らしてしまった・・・無念!

今井さんはお医者さんでありながら、女性として世界最初のアルプス三大北壁の登攀を成し遂げたことを始め、ヒマラヤでもおおくの足跡を残している屈指の女流登山家である。
新田次郎は彼女をモデルにして『銀嶺の人』を著した。

Dscn4181 これは今井さんが登攀したアイガー北壁。
現地では絵葉書になって売られているショットだそうである。

Dscn4179 もうお一人の田部井さんは改めて紹介の必要のない方だが、女性最初のエベレスト登頂者となり、最近もガンとの闘病もしながらも精力的に活動していることは一般的にもよく知られている。

Dscn4180 1975年5月16日 エベレストに立つ田部井さん。

お二人とも登山界でゆるぎない地歩を築いたが、講演会の類もたくさんこなしているので、お話が上手。
伝えたいことを面白く、無駄なく伝えられる話術が巧みで、会場はしばしば笑いに包まれ、アッというまに終了時間になってしまった。

今井さんが取り組んでいるのが、ご自身がお医者さんであることから「森林セラピー」だそうである。
「森林浴」という言葉を聞くようになってもう30年近くになるようであるが、その効果についての医学的データがないまま、気分的なものと思われていた。

それが近年、森林浴がもたらす生体反応を医学的に評価する技法=森林セラピー=が進化してきていて、抗癌効果などが解明されつつあるとのことである。
”そうか、オレは図らずも森林浴の恩恵を受けていたのかもしれないな・・・”内心そう思った。

Dscn4188
一方、田部さんはご出身が福島県(三春の滝桜の近く)ということで、原発被害者の支援をしていて、その一つとして高校生を富士に登らせるイベントを毎夏実施している。
登山者が千人に達するまで続けるそうである。

道こそ違え、高みを目指してきた人が到達する境地というものは、いつしか仰ぎ見るような高さになるのだな、と思わされる時間だった。

Dscn4195 これはついでのようなものだが、建て替えのため休業している「ニュー・トーキヨー」
有楽町界隈のサラリーマンに絶大な人気を持つビアホール。
そもそも屋上ビアガーデンなるものも、昭和12年ここから始まったものだそうである。
私ももちろん何度かはいき、曲芸もどきでたくさんのジョッキを運ぶ店員のパフォーマンスに感心したこともある。
一つの歴史は終わるが、また新しい物語が生まれる。
銀座にはそれがとくに顕著である。

|

« 新しい靴で金時山へ~春は装いも新たに | トップページ | 季節のアンソロジー ~四月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風花さん、こんばんは

山の日フォーラムには山岳県の筆頭ですので、当県も気合いが入っていて、知事をはじめ沢山の方の期待が込められていました。今井さん、田部井さん、それぞれフィクションで語れる話題をお持ちですから、間違いなく期待は裏切らないですね。お台場は一昨年までは毎年行きましたが、今回は行きたい気持ち120%でした。

投稿: 岳 | 2015年3月31日 (火) 20時00分

岳様
おはようございます!
海のない長野県としては待望久しい「山の日」制定で、さぞかし気合が入っていることでしょう。
海も良いですが、山の方が何倍も好きな私としても大歓迎です。
もっとも、国民の休日が増えても、その恩恵は実感できない身分ですが・・・
田部井さんはマスコミにもしばしば登場するお馴染みの方ですが、やや地味ながら今井さんも昔から聞こえている実力派の登山家ですね。
いつか谷川山岳館で、彼女が未だ20歳代のころの、一ノ倉沢の登攀写真をみましたが、アイドルそこのけの愛らしい容姿でした。
今は・・・それなりになっていますが。

投稿: 風花爺さん | 2015年4月 1日 (水) 07時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/59450203

この記事へのトラックバック一覧です: 今井VS田部井/両巨峰のトーク~「山の日」フォーラムで:

« 新しい靴で金時山へ~春は装いも新たに | トップページ | 季節のアンソロジー ~四月 »