« 旧正丸峠から刈場坂峠~奥武蔵の峠をつなぐ | トップページ | 季節のアンソロジー(詞華集) ~3月 »

迷惑メールと「ダーイシュ」のこと

2015年2月27日

それは突然にやって来た。
5日ほど前の夜のこと、私のケイタイに目を疑うような幸運なメールが舞い込んできた。

A
差出人は藤堂〇〇〇という女性名 ???
心当たりはないが・・・もしかしたら昔の不倫相手?
・・・考えるまでもなく、そんなシャレタものが居るはずがない。
文面を見ると、救済基金1億円を20名に贈呈することになり、あなたもその一人で「500万円を呈上するので手続きをしてください、締め切りは24時です」・・・とある。
縁もゆかりもない私に500万円もくれるなんて、なんと奇特な方。
一瞬ドキンときたが、でもこれって怪しくない?
何が狙いか分からないので無視していたが「24時の締め切りまでに早くすませて」と催促メール。
「振り込が確認できました」というのもある。
振り込み先を知らせていないのに、どうして振り込みできるのか?よく読めば「振り込みの用意ができたことが確認できた」というもので、うさんくささはは増すばかりである。

24時を過ぎれば自然に消えるだろうと放ったらかしにして一夜明けたら「基金提供者の特別な計らいで、期限を24時間延長しました」と、敵は執拗に攻撃の手を緩めない。

そうこうするうちに「表にできないお金が9460万円あり、これをあなたにもらっていただかないと大変困ることになるので、私を助けると思って受け取ってください」という夢のようなメールに飛躍した。

それからは何人もの女性名で手を変え、品を変えして洪水のようにメールが着信する。
これまでには、どうやら出会い系サイトへの誘い口であることの魂胆が見えてきた。
そんな魔界へ誘い込まれたら地獄を見ることになる。

事態はますますエスカレートし、ピンサロのチラシまがいのものなど雑多なメールで、こうなるともはやノアの洪水である。

何にしても一時間に5~60通ものメールでは消去するのにも疲れてきたし、この先際限がないと、ついにアドレスを変える事態に追い込まれてしまった。
迷惑メールをフィルタリングする方法もあるようだが、完全にシャットアウトできないようなので、アドレス変更が最上の策と愚考した次第である。

迷惑といえば今世界で最も迷惑な、というより危険な存在はいうまでもなく「ISIL」(イスラム国)である。

ことの起こりは2003年の湾岸戦争で、ブッシュJrがパンドラの箱を開けてしまったことにある。
当時、アラブ世界の事情に詳しい識者は、フセイン政権は崩壊したが新たなテロを生みだすと予言したが、実際に今日見るような果てしない報復の連鎖を生んでしまった。
この過激な存在はイスラム信者の組織のように見えていて、彼らが殺害している犠牲者の大半はイスラム教徒である。
この過激組織がイスラム教とは無縁なもので、まともなイスラム教徒は今や被害者であり、この過激組織を心あるアラブの人々は軽蔑を込めて「ダーイシュ」と呼ぶそうである。
私たちはイスラムということだけで、一視同仁してしまうが、アルカイダの流れをくむ過激派は、イスラム教徒とは全く別物の鬼子と見なければいけないようである。

私たちはあまりにもアラブ世界について無関心であり、したがって無知である。
何かが起きたその時には瞬間的な関心を向けるが、それは長続きしない。
卑近な例が、ついせんだってまで、あれほどの騒ぎになった後藤健二さんのことはもうほとんどマスコミや人の口に登らなくなっている。

私たちは平和にドップリと浸かり、今この瞬間でもアラブばかりでなく、アフリカの「ボコ・ハラム」による遠い国で起きている悲惨な出来事に思いを馳せることがない。

B ダーイシュの少年訓練兵

辛うじて、その断片を知ることができるのは、命を失う危険と背中合わせで取材している後藤さんのようなフリーのジャーナリストのお蔭なのである。
後藤さんと同じように危険地域で取材をしているカメラマンの亀山亮氏はこの有様を「日本のメディアはなんの保証もせずにフリーランスをイラクに行かせ、問題が起きると切り捨てる。その手口は、やくざな手配師と日雇い労働者の関係そのままだった」と指摘しているが、メディアだけではなく、日本そのものが手配師そのものだろう。


人間誰しもが自分が一番大事である。
あるのは自分であって、それ以外にはなかなか関心が向かない。
それはそれで、自然なことであり、他者が非難することでもない。
しかし、そうではあってもたまには、地球のどこかで貧困、飢餓、難病、内戦、テロなどさまざまなことで苦しんでいる人々がたくさんることを想像してみてもよいだろう。
・・・などと書きながら、己は果たしてどれだけのことができているのか・・・・・・。

|

« 旧正丸峠から刈場坂峠~奥武蔵の峠をつなぐ | トップページ | 季節のアンソロジー(詞華集) ~3月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

携帯電話なるものが出始めた頃珍しもの好きの私、早速携帯を手にしたのですが、夜中になると携帯が連日かかるようになり〔借りた金を返せ〕の催促。。。執拗でした。
その手のソフトタイプでしょうか?いづれにしても危険なメールでしょうね。。。

新聞テレビで世界のニュースを知るたびに下記と同様のことを私も思わないでもないのですが、結局己の小さな日常がその上を被ってしまいますね。

投稿: おキヨ | 2015年2月28日 (土) 12時26分

風花さん、こんにちは

私は早期退職してから、携帯のキャリアの仕事を10数年していましたので、撃退法は存じています。フィルタリングや着信拒否、Uターンして送り返す攻撃型など様々あります。ショップに行って設定していただくのが一番でしょうね。イスラム国の連鎖的な問題、力では解決できない難しい問題ですね。

投稿: 岳 | 2015年2月28日 (土) 16時58分

おキヨ様
科学や技術の進化はおおむね人々の生活をより豊かにするために役立っていますね。
ただ、その副作用として、開発者が予測していなかったようなワルサをする輩がいて、それが被害者を生むことになり、いいことづくめにならないのが、悩ましいところです。
この瞬間でも世界のどこかでの戦いで、悲惨な犠牲者が生まれています。
その中には年端もいかない幼児や少年、少女もいます。
そうした悲劇を遠い国のこととして、ほとんど無関心でいられる日本はなんと平和な国でしょうね。
それだけでも日本はいい国だと言えるでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2015年3月 1日 (日) 06時44分

岳様
岳さんの爪の垢を煎じて飲みたい思いです。
送り返す反撃ができたら、さぞかし溜飲が下がるでしょうね。
アナログ人間の自分が歯がゆくてなりません。
今、中東やアフリカで起きているイスラム過激派の跳梁はこれまでの文明や宗教戦争とは異質の、不気味なものが感じられます。
やられたらやり返すという、憎しみだけの報復の連鎖で、出口が見えない気がします。
一番根っ子にあるのは「貧困」問題なんでしょう。
人類はこの問題を乗り越えられるのでしょうか?

投稿: 風花爺さん | 2015年3月 1日 (日) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/59065817

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑メールと「ダーイシュ」のこと:

« 旧正丸峠から刈場坂峠~奥武蔵の峠をつなぐ | トップページ | 季節のアンソロジー(詞華集) ~3月 »