« 映画「アゲイン」 ~28年目の甲子園、で泣きました | トップページ | 小棡峠と浅間峠 ~笹尾根の峠シリーズ »

武蔵御嶽神社 ~大口真神・オオカミを祀る

015年1月28日

日本の狼については絶滅して100年余で、誰もその実態を知らないのに「赤ずきんちゃん」などにおける誤った擦りこみで、人や家畜を襲う禍々(まがまが)しい生き物として脳裏に深く刻まれている。

しかし、研究者によれば狼は人に対しては臆病で、人間に危害を与えるのは極めて稀なことであるという。
反面、作物に害を与えるシカやイノシシを捕食する天敵ということで、むしろ益獣として敬われていて、それが「山犬信仰」になった。
山犬信仰は今でも全国的に健在で、特に武蔵国とされる多摩・秩父には多くの祭祀が見られる。
一説には日本武尊の東征のさい山犬(オオカミ)が大いに手助けした、という伝説もあり、それもあずかっているようだ。

そのため、古来より狼は神の使い、あるいは神そのものとして敬われていた長い伝統を持っているのである。

多摩、秩父地域にはその狼を「大口真神(おおくちのまがみ)」として祀っている神社が少なくない。
今日(25日)山仲間とお詣りした
「武蔵御嶽神社」もその一つ。
この神社には登山の道すがらこれまで何度か立ち寄っているが、オオカミには特別な関心がなかったので、通り一遍のお詣りしかしていなかった。

Imgp5485 今日はケーブルに乗らずに、御岳の山上集落へ。
五箇山を偲ばせる茅葺の建物が一軒残っている。

Imgp5491 今日もまた長い石段に息を切らせて本殿へ。
これまでは見下ろしていた仲間にも今や見下ろされる体たらくで、情けなし。

Img177_2     Img175
狼はこの神社では眷属として敬われている。
大口真神として瑞垣に囲まれた社が設けられている。
このお札のオオカミは眼が爛々(らんらん)と輝き、口は大きく裂けて見るからに恐ろしい。
実は口と耳の間に白い斑があって大きな口に見えるだけだそうである。

Imgp5500 富士峰園地で昼食

Imgp5507  奥多摩線の古里駅へ下る途中の大塚山にて~本日19名の参加。
この会は発足して14年経つが、私が入会した7年前ころは、参加者が10名を超えること皆無だった。
今は、毎回20名前後の参加で、かまびすしいこと、いや失言、賑やかなことこの上ない。

Imgp5512_original 今日の行程はほとんど展望を楽しめないが、大塚山から下った地点でわずかに長沢背稜線の天祖、長沢山辺りが望める。
この冬、今のところ奥多摩一帯は寡雪状態である。

Imgp5524 お定まりの植林を抜けて山麓に下りると「丹三郎屋敷」なる、蕎麦が美味しいと評判の古民家の店がある。
この地の庄屋、原島丹三郎の屋敷で、築200年ほどらしい。

しかし、予想通りに本日はすでに売り切れ。
そこで打ち上げは新宿・西口の「天狗」とあいなった。

 

|

« 映画「アゲイン」 ~28年目の甲子園、で泣きました | トップページ | 小棡峠と浅間峠 ~笹尾根の峠シリーズ »

登山」カテゴリの記事

コメント

風花さん、おはようございます

オオカミに血統が近い犬はいる様ですが、世界的に見てもオオカミは絶滅に近いのでしょうか?興味を持たないから目につかないのか、山犬信仰も周辺には見当たりません。これだけ鹿害が多いと、天敵は必要ですね。参拝者の多く驚きですが、お仲間でしょうか?

投稿: 岳 | 2015年1月31日 (土) 09時12分

岳様
オオカミはユーラシア大陸には野生種がたくさんいるそうです。
ただ、欧州や米国では一時「赤ずきんちゃん症候群」から大々的に駆除してしまったのですね。
そのためシカ類が増えて、生物多様性に深刻な影響を及ぼした反省から、1990年代に再導入に転換し、かなり増えてきて生態系の秩序回復の効果が出ているようです。
日本でのシカ対策としての再導入提言はどうなるか、注目されます。
御岳神社は参拝者の多い神社で、ハイカーより普通の人の方が圧倒的に多いです。
写真に写っているのも仲間より多くは一般の参拝者ですね。

投稿: 風花爺さん | 2015年1月31日 (土) 11時18分

私は神社の狛犬に興味がありますが、狼の形をした狛犬を結構見かけます。
狼も古くから神格化された動物のようですね。
海外では狼が人間の子供を育てた例もニュースなどでありましたし。。。
動物のイメージを人間が変えてしまうのも考えるとおかしな話です。

最初の画像は見事な風格の茅葺ですね。若い頃の一時期こういう日本家屋をモチーフにしていたので、場所さえ判れば出かけました。

グループは多い方が活気もあり楽しいですものね^^

投稿: おキヨ | 2015年2月 1日 (日) 00時11分

おキヨ様
狼が眷属にされたのは、シカやイノシシなどの害獣を捕食する益獣とみなされていたのも一因でしょうが、一方オオカミにたいする畏怖心もあって神の座におく、という側面もあったとされています。
茅葺屋根の家も絶滅危惧種ですね。
私も限りない郷愁を覚えるものですが、何十年か前までは信州の山奥で見られたものが、今は観光施設でしかみることができなくなりました。
向井潤吉さんの画集で往時をしのんでいます。

投稿: 風花爺さん | 2015年2月 1日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/58709808

この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵御嶽神社 ~大口真神・オオカミを祀る:

« 映画「アゲイン」 ~28年目の甲子園、で泣きました | トップページ | 小棡峠と浅間峠 ~笹尾根の峠シリーズ »