« 日の出山 ~悔恨にさいなまれた道を再び | トップページ | 新しい年の門出に »

行く年、来る年

2014年12月31日

再びくることのない2014年最後のアップで、大つごもりの新宿界隈を点描してみよう。

毎年のことだが、今年もやり残しはいっぱいある。
せめて簡単にできることとして「新宿・中村屋」の「ナポリターノ」を食べることとした。
中村屋は創業者が安曇野・穂高出身で、インドの独立運動家・ラス・B・ボーズを匿ったなど歴史が古いだけにエピソードも多い。
中村屋といえば「カリー」だが、このスープパスタの評判もなかなかのものらしい。
前にもその目的で来たのだが、生憎建て替え中だった。

時間をずらせたのだが、行列がすごい。
いったんは”また今度”にしようかとも思ったが、まァいいか・・・

Img_5        Img_3                        

 
それでも回転がよいのか30分ほどで着席できた。

Img さて、お目当てのパスタだが、残念ながら私は合格点がつけられなかった。
そもそも麺類は固めが好きで、パスタ類もアルデンテが望みなのだが、ここのきしめんのような平打ちのパスタは見かけは好みだったのに、食感は立ち食い饂飩並みで、私お気に入りの「スミヴィーの」の手打ちには遠く及ばない。

Img_2 家人の注文はオーソドックスにコールマンカリー。
中村屋はやはり月餅とカリーか。

地下道には来年の大河ドラマ「花燃ゆ」の等身大の大看板。

Img_4

毎年”今年こそ通して見るぞ”と思いながら2~3回ほど見ると根気が続かず、見ずじまいになってしまう。
今度こそは・・・

Dscn3840     Dscn3842
京王百貨店と小田急百貨店の間に「モザイク通り」という小路がある。
                            
コジャレタお店が並んでいるが、私などここでは通りすがりの異邦人にしかすぎない。

Img 夜は月並みに年越し蕎麦
京王線・初台駅の近くの住宅街にある隠れ家的なここ「かわしま」の蕎麦は都内の超有名店のどこと比べても遜色ない高いレベルにある。
いつ食べても裏切られることがない。
それなのに値段はおそらく半値であろう。
自宅から歩いて行ける範囲内で、こんな上等な蕎麦にありつける幸運を思わずにいられない。

かくして騒々しいだけの紅白が終われば、今日の続きの明日でしかないが、人並みに気分をリセットして迎えようか。
軽やかに飛ぶことはできないので”ドッコイショ”と・・・。

君が手にふるる水は過ぎし水の最後のものにして、来るべき水の最初のものである」  byダ・ヴィンチ
2015年はそのようにして、あと4時間後にやってくる。

|

« 日の出山 ~悔恨にさいなまれた道を再び | トップページ | 新しい年の門出に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/58422762

この記事へのトラックバック一覧です: 行く年、来る年:

« 日の出山 ~悔恨にさいなまれた道を再び | トップページ | 新しい年の門出に »