« 残馬(間)山 ~落ち葉のかそけきトレースを拾って | トップページ | 奥多摩・月夜見山のあたり~風と落ち葉と老婆と »

銀座NAGANOオープン

2014年11月12日

数え上げたことはないが、登山、スキー、観光、旅行、撮影などいろいろな目的ででかけた先は間違いなく長野県が一番多いはずです。
それだけ長野県の風光は私にたくさんの恵みをもたらしてくれた、ということになります。

その観光・長野の偉大なる広報マンとしてブログ上で長野PRを展開している「岳」さんのブログで、長野県の広報拠点「銀座NAGANO」が10月26日にオープンしたことを知りました。
長野県ファンを自認する者として、勝手に岳さんのお先棒を担いで長野県のPRに一役買ってでるつもりで覗いてきました。

東京での長野県の観光宣伝の拠点としては古くは、八重洲口の観光会館の中に、その後には有楽町の交通会館にあったと記憶していますが、規模が小さく、従って情報量が少なく、利用価値は必ずしも高かったとは思えませんでした。

そこへいくと銀座ならプレステージが高く集客効果、PR効果には大いに期待できるでしょう。

Img149

場所は銀座・中央通りから西へ一本入って並行する「すずらん通り」だから4丁目交差点の範囲内、といってもよいくらいのロケーションです。

Dscn3652 ファサード
中へ入ると、オープンから日が浅いということもあるかもしれませんが、なかなかの入れ込みで、活気が感じられました。

Dscn3656 1階は物販で、先ずシナノゴールドなどの林檎が迎え入れます。
奥には長野県の日本酒、ワインなどが並べてあります。

またスタンド式の食事コーナーがあります。
本日はおやきとサーモンのプレートの組み合わせで700円でした

Dscn3653 1階売り場の奥

Dscn3654 2階への階段から1階エントランスを見下ろす。

Dscn3655 2階はイベントスペースで今日はおやきの試食会。
4種類の具で試作したもの試食できました。
半分のサイズですから2個食べたことになり、これだけでおやきは十分で、プレートランチはパスとなりました。

パンフレットコーナーがあり、県下の行政単位でのパンフが置いてあります。
長野県は広いですから、行政の数も多く、従ってパンフの種類も多くほとんど全部を集めたら相当の重量になりました。

4階では長野への移住や就職に関する相談コーナーが設けられているそうです。
ということで、全体的な印象はとてもよく、ロケーションの良さとの相乗効果できっとアンテナショップとしての目的は十二分に達成できるものと思いました。

Dscn3657 隣のハゲ天~勤め人時代、年に数回程度は昼食をした店なので、空腹ではなかったのですが懐かしさでつい寄ってしまいました。

Dscn3659 4丁目の交差点に立ったら日産ショールームのビルを解体していました。
建て替えですね。
やがて、銀座の顔にふさわしいハイセンスな建物が出現するのでしょうね。

和光ビルに象徴されるように、銀座は伝統を堅守しながらも、休むことなく脱皮を続けるもう一つの貌をもっていますね。

|

« 残馬(間)山 ~落ち葉のかそけきトレースを拾って | トップページ | 奥多摩・月夜見山のあたり~風と落ち葉と老婆と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

物産展は賑わいますね。
地方の農産物がひとまとめに手に入るので重宝ですものね。


投稿: おキヨ | 2014年11月13日 (木) 12時49分

風花さま~ こんにちは。

京都にも同じような店が進出してほしいものです。
彩のパンフを見ているだけでも旅情にしたることができそう。

当方も家族旅行、山歩き、登山などで信濃路へは
優に100回は越えています。

24歳の時YH協会協賛で冬の白樺湖にスケートに来たのが始まりで
翌年上高地で清水屋H 美ヶ原では美原高原荘に泊り
高原歩きが主流で、信州は憧れの存在でした。

因みに東京は平成9年三ッ峠に登って以来寄ってはいません。
全くの田舎者の如しどす。

投稿: かおり | 2014年11月13日 (木) 15時33分

風花さん 、こんにちは

行って来られましたか! 銀座は風花さんにはお庭の様な感覚でしょうね。昨年まではアップルストア等の視察などで良く行きましたが、最近はなかなか行く機会がありません。外国の方の多いのには驚きますが、観光県の信州、山岳ファンならずとも情報は魅力でしょうね。情報発信基地としての役割を果たして欲しいです。

投稿: 岳 | 2014年11月13日 (木) 17時36分

おキヨ様
デパートなどの一過性の物産展と違い、アンテナショップには戦略的な意図があるんでしょうね。
東京のような大消費地でどのような商品が売れるのか、を捉え新たな商品化計画に活かす、昔「マーチャンダイジング」なんて言葉で言われていたような狙いがあるのではないでしょうか。
狙いがあたれば長野県の振興に資することができるのではないかと期待しています。

投稿: 風花爺さん | 2014年11月13日 (木) 20時22分

かおり様
私も京都にはもう何年ご無沙汰していているのか思い出せないくらいです。
長野県には限りなく憧れますね。
絶景、特にお気に入りの山岳風景を見ると、こんなところで毎日この景色をみて暮らせたらどんなに幸せか・・・
そんなことを口にすると、土地の人からは”生まれた時から当たり前にある景色で、別に有り難くもなんともない”などとバチが当たりそうな返事が返ってきます。
長野県には絶景が多すぎます。
これからも体が続く限り、あちこち出没するだろうと思います。

投稿: 風花爺さん | 2014年11月13日 (木) 20時32分

岳様
勝手連的に岳さんのお先棒を担いでしまいました。
銀座には47年の間通っていたので狭い路地裏を含めて、頭の中に大体は地図がインプットされています。
しかし、リタイアして10年以上経過するとどこかしら浦島太郎然となってしまいます。
それくらい銀座は日々変貌を続けているということだろうと思いますね。
銀座NAGANOは順調にスタートしたようですから、これからが楽しみですね。

投稿: 風花爺さん | 2014年11月13日 (木) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/57956512

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座NAGANOオープン:

« 残馬(間)山 ~落ち葉のかそけきトレースを拾って | トップページ | 奥多摩・月夜見山のあたり~風と落ち葉と老婆と »