« 花嫁の越えた峠 ~黒平峠の幻影 | トップページ | 三代目の『岳人』デビュー »

『丘の家のジェーン』~もう一つの赤毛のアン

2014年8月29日

山荘の庭でいつの間にか勢力を拡大しているミョウガの芽を摘んでいたら、一頭の蝶が落葉の上で飛び立てないでいた。
雨で濡れたせいだろうか・・・。

Dscn3251

綺麗に見えたので写真に収め図鑑で調べたら「アゲハチョウ」でごくありふれた蝶なのだそうだ・・・なーんだ・・・
これまで、山でギフチョウ、オオムラサキ、クジャクチョウなどを観察して覚えていたが、これで分かるチョウが一つは増えたことになる。

そういえば少し前のことだが、巣立ちの前に巣から落ちてしまったらしい幼鳥が庭でウロウロしていたことがあった。
近づくと精一杯の威嚇のつもりか大きなくちばしをひらく。

Dscn3201

頭の上では多分親鳥だろう、しきりに鳴き声をあげながら旋回していた。
こちらには全く危害を与えるつもりはないのに、親としては心配で胸も張り裂けそうな思いでいるのだろう。
暫くして幼鳥は茂みに姿を隠したが、無事に育ったろうか。

さて、このごろ何かに没頭しているとき無意識に鼻歌をハミングするとそれが朝ドラ「花子とアン」のタイトル曲なっていることが多い。
見るともなく見ているだけなのに、いつの間にか曲がインプットされていて、これも一種の洗脳現象であろう。

連日の雨で逼塞(ひっそく)している一日、溜まっているオペラを見るか、朝ドラつながりでLD(レーザーディスク)の「赤毛のアン」シリーズを見るか、迷った。
オペラを観るには心の準備が必要だが、その備えができていないのでイージーな後者に落ち着いた。
観たのは1985年にカナダでケヴィン・サリヴァン監督により制作されたもの。
アン・シャーリーをミーガン・フォローズが演じている。
何よりアンを引き取って育てるマーシュとその妻マリラがいい味を出している。
これ以前にも何度か映画化されていて、特に2作目では髭のないマーシュで、原作者のモンゴメリーをひどく落胆させたそうだが、本作では見事な髭で雰囲気を出している。

観ればそれなりに、干からびている爺さんの心の襞(ひだ)からも沁み出すものがあった。

アンの舞台「プリンスエドワード島」は行きたいところの上位にあったが、長時間のフライトに耐える心身が失せてしまった今、もう遠い彼方になってしまった。

Img005 グリーン・ゲーブルズのアンの家

Img002 モンゴメリーには「赤毛のアン」シリーズのほかに幾つかの作品がある。
これもその一冊で、思い出せないくらい昔に買っておいたものだが、これを機に読んでおこう、と思う。
走り読みをした感じでは通奏するものはアンと同じであろうということである。

Img006 アンの産みの親ルーシー・M・モンゴメリー(1874~1942)

Img009 これが、プリンス・エドワード島のモンゴメリーの生家だそうである。

さてさて、長雨のせいで年甲斐もなくとんだ少女趣味を白状することとなってしまった。

|

« 花嫁の越えた峠 ~黒平峠の幻影 | トップページ | 三代目の『岳人』デビュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とても綺麗な蝶ですが、残念ながら?ごく一般的なアゲハ蝶ですね。と蝶嫌いの私がエラそうに云うのもなんですが、嫌いなはずの蝶の図鑑は持っているという不思議な心理状態。。。
怖いとは裏はらの、蝶の神秘的な美しさに魅かれています。

幼鳥はなんでしょうね。。。こういう場合何をすることもできなく、ただ我が子を上から見守るだけの母鳥が哀れですね。
幼鳥は威嚇ではなく餌を欲しい?^^

赤毛のアンは子供時代から少女小説などで馴染深い作品ですし、ごく最近ではドラマでも何度か観ていましが、迂闊なことに、翻訳者のことは今の朝ドラで知りました。


投稿: おキヨ | 2014年8月29日 (金) 12時33分

おキヨ様
蝶は夜に舞う蝶(いや、これは蛾かもしれませんが・・・)も含めてあまりお付き合いがないものですからモンシロチョウくらいしか知らないでいました。
これを機に少し関心を持ちましょう。
ただし、太陽が出ている時にだけ見られる蝶に限りますが・・・。

昔、活字であれば何でも読んだ少年のころ少女小説も何点か読んでいますが、、吉屋信子さんという作家が書いた『夾竹桃の花咲けば』という本のことが妙に忘れられずにいます。
もっとも、古いことなので記憶違いがあるかもしれません。

投稿: 風花爺さん | 2014年8月29日 (金) 16時17分

風花さん 、こんばんは

今日は昼に行った食堂の夾竹桃が美しかった事、そして毒がある事。更には今夏当地で大量に発生した蝶(蛾)、マイマイガは県のHPでも注意喚起されていますが、どうも毛虫が危ない。そんな話題がありました。又先週志賀高原で出会った雀の子など、凄く身近にあった文言があり驚きました。花子とアンは人気の様ですね。

投稿: 岳 | 2014年8月29日 (金) 22時21分

おキヨ様
記憶違いを訂正します。
『夾竹桃の花咲けば』の作者は佐藤紅録でした。
『あぁ玉杯に花受けて』の紅録と、いかにも少女趣味の『夾竹桃の花咲けば』が結びつかなくて、とんだ勘違いをしていました。

投稿: 風花爺さん | 2014年8月30日 (土) 06時21分

岳様
夾竹桃は公害に強いそうで、高速道路沿いなどに植えられ、夏は強烈な日差しに負けない鮮やかな花を開きますね。
害虫といえば今少し気になり始めているのが「マダニ」です。
今のところ被害は西日本にしか発生していないようですが、これが全国的に拡がってくると怖いですね。
ヒルは咬まれても死ぬことはありませんが、マダニは死亡にもつながりますから・・・。
文面によると岳さんも朝ドラにはあまり興味がないようですね。

投稿: 風花爺さん | 2014年8月30日 (土) 06時30分

『丘の家のジェーン』は未読ですがそのうちに…。

プリンス・エドワード島の自然には憧れますね…。
この島はフランス領だったのですね。のちに英国領になってからは、先住のフランス系の人々は農地を持てなくなり、職業も限られたようで…。

モンゴメリはプロテスタント(長老派)の牧師夫人だったので、アンシリーズにはカトリックは登場しないのか…と思っていましたが、どうやらもっと差別的なものが底にあるようですね。

「アン・ブックス」10巻を読み返すと、子供の時には気がつかなかったことが見えてきて、齢を取るのも悪くないな…と思うこのごろです。

ところで今の朝ドラのテーマソングには、随分「蛾」が多いのですね…。
鼻濁音のはずの「が」が、全部「蛾」に聞こえてしまって困っているのですが…。

投稿: 淡雪 | 2014年9月 4日 (木) 22時47分

淡雪様
モンゴメリーや赤毛のアンについてのお勉強のほどがうかがえます。
プリンスエドワード島ばかりでなく、ヨーロッパが源流の集落は実に綺麗ですね。
美しい自然があって、それを損ねることのないように人が注意深く人工的なものを溶け込ませ、その結果自然と人工物が見事に調和した光景を生みだしていますね。
日本でも時にハッとするほどの山村集落を見けけることがないでもありませんが、今は正視えきないほどに朽廃した家屋が点在する廃村が多くなっています。
鼻濁音ですか・・・
かつてはアナウンサーや歌手たちにとって鼻濁音の習得は必須の修行だったものです。
ガ行の発音は言葉が濁るので、それを鼻濁音でカバーする工夫だったのでしょうね。
コメントを拝見して、今朝は身をいれて聞いてみました。
確かに鼻濁音には聞こえませんでした。
それにも増して気になったのが、相変わらずですが歌詞が不明瞭なことです。
この歌に限らず、ニューミュジックなるジャンルが生まれて以来、多くの歌い手の歌い方が、あえて歌詞を明瞭にしないとしか思えない方向に変わっていったように思っています。
藤山一郎さんがその代表ですが、とにかく歌詞がよく分かるように歌うことを信条にしていた歌手は、もう遠い過去の遺産になっていますね。

投稿: 風花爺さん | 2014年9月 5日 (金) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/57208665

この記事へのトラックバック一覧です: 『丘の家のジェーン』~もう一つの赤毛のアン:

« 花嫁の越えた峠 ~黒平峠の幻影 | トップページ | 三代目の『岳人』デビュー »