« 再びのタマアジサイ ~三頭山 | トップページ | 歴史を刻む徳本(とくごう)峠へ »

上高地から徳澤へ ~今浦島の感傷散歩

2014年7月28日

梓川の流れの色はそのままでも、その流れを見ながら遡っていく私には50年余の断絶があった。
穂高や上高地周辺には数年に一度くらいの割りあいで入っているが、上高地から徳澤方面へは久しく入っていないことは承知していた。
記録をくくってみたら50年余も足を踏み入れていなかったのには正直ビックリしてしまった。
1962年7月、北鎌尾根から槍へ登り、上高地へ下ったのが梓川沿いを歩いた最後となっていたのである。

Dscn3129 定番~河童橋越しに見る奥穂と明神岳。
”雪が少ないなー”というのが最初の印象。
しかし、正面の「岳沢」は南に面しているので、雪解けが早く例年こんなものかもしれない。

Dscn3131 奥穂の南西面をアップしてみると、正面の顕著なツルツルのスラブ ~タタミ岩がよくわかる。
今は定かに思い返すことは出来ないが、多分、細いスラブとハイマツのミックスする辺りで岩に取り付き、途中足が震えるほどの高度感に怖じ気をふるい、ハイマツ帯に逃げ、ジャンダルム近くの稜線に乗りあげた。
体力も気力も身体能力もピークのころの思いでである。

上高地からの、群れをなす人が生み出す雰囲気も様変わりであり、一人でその人の流れに乗っている私は今様の浦島太郎の心境である。

時折、樹木の切れ間から覗く西穂から明神岳、そして次第に姿を現してくる前穂の仰ぎ見る姿も初めて見るのに等しい。

なによりこの人の多さ・・・
多くは涸沢へ、穂高へ、槍へと向かう老若男女の群れ。
そのいでたちは明るくカラフルで、このエリア独自の雰囲気を演出している。
あのころは、皆一様に暗色のウエアーで身を包み、大型のキスリングを背負って黙々と歩いていたものだが・・・。

Dscn3135 西穂の稜線 ~分かり難いが小さなY字状の雪渓の上が西穂山頂。
稜線の左端の小さなトンガリが西穂独標。

Dscn3139 振り仰ぐ明神岳。 前穂も奥の方に小さく覗いている

Dscn3144 徳澤園 ~今はチャッカリと井上靖の『氷壁』に由来する「氷壁の宿」を名乗っている。
記憶の底ではもう少し牧歌的な場所だったが・・・

Dscn3148 新村橋 ~前穂Ⅳ峰正面壁に登攀ルート「北条・新村ルート」を開いた新村正一に因んだ橋名である。
ここから30分ほどで「ナイロンザイル事件」の当事者であった若山五朗さんの慰霊碑に達するらしいので、碑前に額づくつもりでいたが、時間切れになったため、橋から引き返した。

帰りは明神から梓川の右岸に沿う遊歩道で上高地へ戻った。
左岸のメイン道路に比べて格段に人が少ない。

河童橋まで200mという、深い木立の奥に目立たないように建つ、日本山岳会の「山研」が今夜の宿舎である。

Dscn3158

この施設を利用するのは日本山岳会に入会して以来初めてである。
平日の利用料が会員であれば2千円と格安。
食事は自炊が原則であるが、ご飯とみそ汁は一食400円で提供される。
完全セルフであるが、風呂に入れて、清潔な布団で眠れるのだから格安であることは間違いない。

同宿舎の話によるとこの辺りは昨日まで雨だったそうである。
であれば、暑くても晴天のほうがましか・・・

夜になってもあまり気温が下がらない。
傍らのせせらぎの音を聞きながら一夜を送った。

|

« 再びのタマアジサイ ~三頭山 | トップページ | 歴史を刻む徳本(とくごう)峠へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風花さん 、こんばんは

私も毎年上高地には行きますが、明神から奥へ入ったのは40年も前になります。懐かしさがこみ上げて来ますが、週末以外は行けないとなると、あの人混みには近づきたくありません。残雪が少ない様に見えますが、槍沢の残雪は例年に無く多い様です。宿泊が会員2千円とは!ちなみにホテルの予約をしてあげた事は多いですが、5万円が相場です。

投稿: 岳 | 2014年7月28日 (月) 21時00分

岳様
おや、岳さんもそうですか。
やはり知らず知らずの間に、あの観光地化した雑踏に拒否反応が起きているのでしょうか。
徳澤までは原宿・表参道を歩いているようですね。
あんな人の流れの中にもかかわらず”こんにちは”と挨拶してくる人もけっこういて、儀礼上しかたなく挨拶を返しますが、滑稽ですね。
同宿舎の話では、涸沢カールは全面的に雪で埋まっているそうですから、やはり岳沢は南面なので融雪が早いのでしょうね。
一度は清水寺の舞台から飛び降りるつもりで「帝国ホテル」に泊まってみるのもありかな、とは思うものの、いざとなるとやはりパスしますね。

投稿: 風花爺さん | 2014年7月29日 (火) 06時04分

懐かしい風景ですね。私も上高地はもう5年ぐらい行っていません。秋に出かけた時には橋の上は人の背中がくっ付くようでした。俗化もいいところですね。
40年も前の話ですが真夏でも残雪がもう少しあったような記憶があり、河童橋付近でも夜は寒かったですね。

2千円で宿泊できるところがあるとは驚きです。確かこの建物の前を通ったような。。。5年前この近くのホテルに泊まったものですから。。。

私も話のタネに一度は帝国ホテルに宿泊したいものと思いますがあの宿泊料金に関わらず思い付きの時点では予約ができませんね。

投稿: おキヨ | 2014年7月29日 (火) 12時13分

おキヨ様
私は上高地では小梨平のキャンプ場で地面の上でしか寝たことがありません。
今度初めて畳の上で寝たのです。
なので、仮に帝国ホテルが取れたとしても、多分落ち着いて眠れないだろうと思うので予約はやめておきましょう。
上高地の俗化には辟易(へきえき)します。
それでも、あの風景を誰もが楽しめることはとても良いことだろうと思います。
日本一の風景と言っても過言ではないでしょう。
国民全ての共有財産ですから、誰でもが等しく接することができて当然なんだろうと思います。
その結果としての雑踏はしかたないですね。

投稿: 風花爺さん | 2014年7月29日 (火) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/56909487

この記事へのトラックバック一覧です: 上高地から徳澤へ ~今浦島の感傷散歩:

« 再びのタマアジサイ ~三頭山 | トップページ | 歴史を刻む徳本(とくごう)峠へ »