« マチガ沢は雪崩の巣の様相 | トップページ | 里山の春二題~権現山そして能岳 »

ゲレンデを登る~前武尊の途中まで

2014年4月18日

まだまだ続く雪山の追っかけで、これは13日の記録です。

スキーゲレンデとはいうまでもなくスキーもしくはスノーボードで滑るものである。
ところがこれが登山にも快適に利用できるのである。
営業中のゲレンデでは気兼ねがあるが、営業終了後だと猫一匹もいないゲレンデを誰気兼ねなく、気ままに歩ける。
目標さえ失っていなければ、白一色の雪の上を適当に登って行きさえすればいい。
私はそのようにして「ノルン水上」から吾妻耶山に恒例的に登っている。
今回もそれを予定していたのだが、直前に少し選択範囲を広げる必要があることに気づき「オグナ武尊」スキー場から前武尊へのルートを踏査することとした。
オグナ武尊は百合園に行ったことがあるだけで、一度も滑っていない。
ずいぶん昔「武尊オリンピアスキー場」というのがあって、オープンしたてに一度滑ったことがあり、オグナはその代替わりで名称変更したものかな、という程度の知識しかない。
~ネットで当たったところ、両者は隣接してはいたが別々のスキー場とのことであった。

Dscn2790 センターハウス前に登山ルート図が掲示されているが一面の雪では夏道があろうはずがない。

Dscn2791 ダウンヒルピステをひたすらに登る。

Dscn2793 皇海山 ~大気が濁っていて鮮明度を欠く。

Dscn2796 この日唯一見掛けた道標

Dscn2797 左前方の白い山が前武尊

Dscn2801 日光白根を挟んで右に武尊、左に根名草山辺り

Dscn2807 尾瀬・燧ケ岳も望見できる。

Dscn2811  またまた日光・白根 ~朝方より鮮明になってきた。

リフト最上部まで登り着くと、その先は雪の壁。
何とか這い上ると、以前歩いた川場谷キャンプからのルートに合流する尾根に乗った。
そこには期待のトレースは見当たらない。
急な尾根の登りにかかったが、ピッケルがないと登れそうにもない壁が立ちはだかった。

”ここまでか・・・”
始めから、前武尊は半分諦めていたので、アッサリとここで引き返すこととした。

よく均されたバーンを下るのは実に快適で、走るようにして下り、登り時間の半分で済んだ。

山頂を極めることはできなかったが、レパートリーを一つ増やせて、それなりの収穫はあった。

|

« マチガ沢は雪崩の巣の様相 | トップページ | 里山の春二題~権現山そして能岳 »

登山」カテゴリの記事

コメント

武尊もまだ冬の様子ですね。
春スキーが十分楽しめるのではないでしょうか。
遠目にまだ白い山々を望むには、我が家で行ける範囲は伊香保へ行く途中の峠あたりでしょう。
お天気が良ければ入浴を兼ねて行ってみたいです。


投稿: おキヨ | 2014年4月18日 (金) 14時33分

おキヨ様
ゲレンデには雪質さえ問わなければスキーを楽しめるに足る十分な雪があります。
この日も、山から下って来た山スキーの4人パーティを見かけました。
伊香保温泉から榛名湖への中間点辺りに「高根展望台」があります。
広い駐車場で、この辺り随一の展望スポットだと思います。
労せずして谷川連峰、上州武尊などを望むことができます。
私のイチオシです。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月18日 (金) 15時53分

風花さん 、おはようございます。

まさに雪遊びと言ったところでしょうが、スキー場の斜度はキツくて大変な感じですが?視界を遮るものが無いので、景色を楽しむには最高でしょうね。雪のクッションは足に優しいですね。

投稿: | 2014年4月19日 (土) 08時48分

岳様
岳さんも遠見尾根などで経験されていますが、スキーゲレンデはツボ足では歩きにくいですが、この時期になると圧雪されていた雪がさらに締まってきているのでかなり快適に歩けますね。
特に下山が楽で、条件が良ければ小走りで下れます。
おっしゃる通りで、登山道と違い視界が開けているので展望を楽しみながらの漫歩が楽しめます。
越後の登山道の無い、藪に覆われた山も今がチャンスなので、幾つか登ってみようと予定しています。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月19日 (土) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/55777066

この記事へのトラックバック一覧です: ゲレンデを登る~前武尊の途中まで:

« マチガ沢は雪崩の巣の様相 | トップページ | 里山の春二題~権現山そして能岳 »