« 「孤高のブナ」に逢いに~足尾・中倉山 | トップページ | 懐かしい映画「氷壁」 »

行きくれて「御林山」

2014年4月30日

27日、遠来の客を囲んで近郊の里山を歩いた。
あまりにも軽すぎて、不完全燃焼気味となった。
残り火を燃やすため、連投にはなるが翌日、4月から平日運行を再開した「都民の森」行のバスを利用して、風張峠から倉掛山を経由して藤倉に下るコースを歩いてみることとした。
私にとっては空白のエリアである。

平日にもかかわらず、五日市を発った数馬行のバスは座れない客も出るほどの賑わい。
沿線で次々に乗客を降ろして終点・数馬で下車したのは数人。
そこに当然に乗り継ぐことになる「都民の森」行のバスが待機しているはず・・・なのに影も形もない。
・・・???・・・ほかの人も怪訝そうである。
運転手に聞くと”月曜日は運行しません”と、とりつくしまのない返事。

前日のハイキングの終了後、打ち上げを終えてからの下調べが不十分だったのか。
それでも事前に、平日のダイヤは確認していたのだから、一言”月曜日は運休になります”と言ってくれたら・・・。
いずれにしても後の祭りで「覆水は盆にかえらず」である。
さてどうするか・・・
数ヶ月前にここへ下って来た「槇寄山」へ反対に登ってみるか、それとも「都民の森」まで歩くか・・・
しばし思案の後”そうだ、これも引き出しに入っている「御林(おはやし)山」へ行ってみよう”と決まった。
予備知識がないので登山口探しにウロウロ。
同じように迷っていた3人グループが地元に人に尋ねてくれて判明。

Dscn2862
秋川の上流域は谷が深いため、登り始めの急傾斜に特徴がある。
このルートも例外ではなかった。
1時間ほどで浅間尾根に乗ってしまえば後は散歩に近い。

Dscn2863 御林山への途中、わずかに視界が開け、ここだけでしかみられなかったミツバツツジ。

Dscn2865 アッサリ到着した「御林山」
西端に白樺が点在しているくらいの変哲もない山頂。
Uターンして数馬峠へ向かう。

Dscn2866 浅間尾根上で、北に倉掛辺りの集落遠望。
予定ではあのあたりへ下る尾根を歩くことになっていたのだ。

Dscn2867 ここから山麓へ下るコースがあるようだが、もう少し足を延ばす。
やがて山道を分断する車道(林道入間白岩線)へでた。この先は以前歩いているので、ここから山麓へ下ることとした

里へ下るみちすがらでビックリさせられたのは谷筋にまだ汚れた雪が残っていることであった。
陸の孤島と化した数馬辺りの大雪がいかに想像を絶するほどのものであったかを改めて思い知らされた。
目を通したばかりの『岳人』誌の記事が蘇る。
大雪がもたらす鹿の被害のことである。
鹿の最大の弱点は腹部を超す積雪になると、身動きが取れなくなり、捕食ができずに、類として消滅する、いうものである。
この冬、鹿たちはどうなったのか?
鹿の食害が深刻化している昨今では、自然淘汰の原理が働いたのだろうか?

Dscn2871 笹尾根を望む山里にも遅い春がやってきている。

Dscn2872
春の苑 紅にほう 桃の花
       下照る道に 出で立つをとめ
ご存知、大伴家持の一首。
春が来て、桃も開くが、その花の下に立つ乙女の姿は絶えて久しい。
昔、乙女だった人も、もうここまで登ってくることはない・・・。

チョッピリ感慨に耽りながらバス停へ下っていった。

|

« 「孤高のブナ」に逢いに~足尾・中倉山 | トップページ | 懐かしい映画「氷壁」 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/55986631

この記事へのトラックバック一覧です: 行きくれて「御林山」:

« 「孤高のブナ」に逢いに~足尾・中倉山 | トップページ | 懐かしい映画「氷壁」 »