« 谷川岳へ~これが残雪期最後になるか | トップページ | 三国山 ~谷川連峰の末っ子? »

いつのまにか春なんだ!

2014年4月9日

今日(9日)谷川連峰の西の末端「三国山」を歩いてきた。
申し分のない山日和で、絶景を堪能してきたのにもかかわらず、心の底にわだかまっていることがあり、十二分に楽しんだとはいえなかった。
”あの日、オレが踏んぎっていれば今ごろ木曽駒を登り終えていたのに・・・”
山の仲間6人で4月上旬、木曽駒に登る計画を暖めていた。
ベストの天候を選んで出かけることでスタンバイしていたが、決め手になる日が決められないままに解除した。
それなのにこの天気だ・・・
結果論としても”ゴーサインを出せばよかった・・・”その懊悩(おうのう)が振り払っても、振り払ってもつきまとい、私を苛(さいな)むのである。
S・Sさん、Y・Sさん、K・Sさん、Y・Iさん、A・Sさん・・・ゴメンナサイ!

三国山のレポは後日として、ありふれた春の花で時間稼ぎをしようとの魂胆である。
3月の春寒が長かったため、春は来ないのかな?と思っている間にアレヨ、アレヨという間にサクラが咲いたかと思う間もなく、先日目黒川では花筏。
季節はどうしてそんなに急ぎ足なのか
以下は山荘への道すがらに写した春の花たち。
今は標高500mあたりがサクラの見ごろだろうか。

Dscn2726

Dscn2727 赤城南面「風ライン」の開花状況

Dscn2728

Dscn2729 画面に三好達治の詩「甃(いし)のうへ」の一部が書き込んであります。

Dscn2766 わが草庵のカタクリは明日にも開きそう。

Dscn2769 予想通り翌10日に満開です。

Dscn2768 庭の至る場所でわもの顔ではびこるフキノトウ。
摘んで帰り定番の天ぷらするつもりだが、遅いのかな・・・

ところでわが家の新入りタッフィもすっかり家族の一員として溶け込んでいる。
きた時は見るからにバッチイ状態であったが、このほど美容院できれいにしてもらった。
Img087 これが彼女の花の素顔なんですね。
これなら犬種「ビション・フリーゼ(愛らしい巻き毛)」の名を汚さないのではないだろうか。
かたや先住民のサクラ(猫)は、これまで寵愛を一身に受けていたのに、その地位を失い、可哀そうに引きこもり状態に陥っている。
あちらをたてれば、こちらが立たず・・・うまくいかないもんです。

 

                                                      

 

|

« 谷川岳へ~これが残雪期最後になるか | トップページ | 三国山 ~谷川連峰の末っ子? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

共に行動すればよかったという後悔はことのほか強くしこりますね。

新入者の新鮮さ、魅力は動物といえどもその点の敗北は感じるでしょうね。
可哀そうに。。。サクラちゃんの心よくわかります。
十分に愛情を示して差し上げないと毛が抜けたりの症状が現れることもあるようです。

投稿: おキヨ | 2014年4月10日 (木) 12時06分

おキヨ様
高齢者には”また今度にね”はもう2度とこない今度になる可能性がとても高いのですね。
それだけにチャンスを掴み損ねた悔恨は尾をひくものです。
幸い同行予定者は、私よりウンと若い世代なので、私を抜きにすればチャンスがあるのが救いです。

犬猿の仲、といいますが、犬と猫の相性は決して悪くないと思います。
わが「サクラ」が無類の「けん(正しい文字が出ません)介孤高」の猫なので、他をかたくなに寄せ付けないのです。
猫にも頑固者がいるんですね。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月10日 (木) 14時24分

こんにちは

昨年3月の終りに行きましたが、アイスバーンでした。アイゼンは利きましたが、ピッケルは全く機能せず、危険極まりなかったです。今の状況は判りませんが、やはりアルプスは別格ですね。 まるで「ぬいぐるみ」の様ですね、猫も気まぐれで我儘、いずれも魅力です。

投稿: | 2014年4月10日 (木) 17時22分

岳様
私は無雪期の木曽駒しか知りません。
それでも千畳敷から乗越浄土までの急登は、登りもさることながら、下降は相当神経を使いそうだな、とのイメージはできます。
それだけにナーバスになり過ぎているのかもしれません。
20日過ぎにチャンスができれば、仕切り直しで登る予定ではいるのです。
私はペットの愛玩趣味は持っていないのですが、たった一匹の犬が家庭内の雰囲気をずいぶん柔らかなものに変えるものだな、と改めて感じています。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月10日 (木) 20時39分

風花さま~ 今晩は。

お天気だけは、予報に反して期待はずれだったり
予想を越える上天気に恵まれたり、その場その場で
運が付きまとうようです。

遠征の時はできるだけ日本中が太陽マークに輝く時に
出かけるよう努めています。

タッフィ嬢、可愛いですね。正に「愛らしい巻き毛」そのもので
癒し系ですネ
我が家のサラも早や12年、山の相棒として
150回近く一緒に行動しています。家人が帰って来た時は
尻尾を振りながら迎えに出ます。しぐさなど見ていると
ホント可愛いもので癒されます。

美容院でシャンプーしてもらうと5400-也
高くつきますワ~

投稿: かおり | 2014年4月12日 (土) 22時19分

かおり様
我ら時間自由人は「晴動雨読」なり「晴登雨観」なり、誰れはばかることなく選べることが最大のメリットですね。
特に山に登るのは晴天で、展望が期待できることが一番です。
そうすると、ザックの中の雨具の出番がなかなかないのですが、その方が有りがたいですね。
タッフィもかなりな高齢なので「嬢」という言葉はあてはまらないのですが、幸い人間と違い、顔では年齢不詳ですから、厚かましく「嬢」で通しましょう。
サラちゃんもそんなお年なんですか!
それにしては壮健ですね。
150回も登山しているなんて、ギネスものではないですか。
これからも長くかおりさんのまとなきパートナーとして、いろいろな山に足跡を印してください。

投稿: 風花爺さん | 2014年4月13日 (日) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/55689638

この記事へのトラックバック一覧です: いつのまにか春なんだ!:

« 谷川岳へ~これが残雪期最後になるか | トップページ | 三国山 ~谷川連峰の末っ子? »