« 高尾山の雪景色 | トップページ | 片倉城址公園でラッセルを経験 »

大雪後再びの高尾山辺り

2014年2月14日

マスメディアの志の低いジャーナリズムまがいの姿勢ががどれだけ害毒を流しているか、太平洋戦争下で犯した反省はいつになっても生かされていない。
「百年河清を俟つ」しかないのか。
この度の五輪報道もいつもと同じ、TV、新聞などのやたらに金だ、メダルだと過熱した煽りぶりは見苦しい限りである。
とりわけ、これも毎度のことだがNHKのハシャギぶりには白けてしまう。
それが身長152cm、17歳の少女に過重なまでの精神的な負担を押し付け、結果としてその重圧で押しつぶしてしまった。
心中の辛さをこらえて健気に、期待に沿えなかったことを詫び、涙を落とした姿の痛々しかったことを思うと、改めてマスメディアの残酷さに心胆が冷えてしまった。
徒に煽り立てることを反省し、抑制の効いた報道をすることを切望したいが、ジャーナリズムの本性を思うと虚しくなる。
救いだったのはモーグルの上村愛子さんの戦いの後の清々しさ。
一陣の風が胸の中を吹き抜けたようであった。
まことに「やり切った」人だけが到達できる境地なのだろう。

さて8日の記録的大雪は、高尾山では65cmに達したそうで、ふだんなら場違いも甚だしいスノーシューで山入りした向きもあったようで、そんな様子はぜひともウオッチしておかなくてはなるない。

ということで降雪から5日目の昨日(13日)高尾の西に連なる城山から景信山を歩いた。
結果は高尾エリアの山でスタートからゴールまで、アイゼンを着けたままという稀有な体験をすることとなった。

このところ定番になっている、高尾山口駅から大垂水経由で相模湖へ行くバスを利用。
このバスは駅前発が10:14なので、朝食を普通に食べ「ごちそうさん」を見るともなく見終わってから自宅を出てからでも余裕がある。

バスを大垂水で降りると路側に除雪された雪が堆積していて、そうそうに大雪の難儀が始まる。
甲州街道と山道とのジョイントになる鉄階段もほとんど埋まっている有様。

Dscn2420  普段は気づかない地蔵さん ~辺りが白一色なので目立っている。

Dscn2422  これが高尾かいな? ~イッチョウマエの雪山ジャン・・・

Dscn2423  一丁平からの丹沢は今日は不鮮明~予報では晴天になるはずだっが・・・

Dscn2426  これも今日の発見だが、白樺があるのだ ~自生なんだろうか?

Dscn2427  城山から丹沢・大室山~加入道~畦ヶ丸への連なりを見る。
右手前の尾根は道志の巌道峠から御牧戸~赤鞍ヶ岳~朝日山と続く稜線。
大気清明であればその後ろに富士が控えているのだが、本日はお隠れあそばされている。

Dscn2429  景信山の直下で高尾山を・・・

Dscn2430  景信山頂 ~これではまったくあ商いになりません・・・

Dscn2431

Dscn2434  くどいようだが、高尾山の情景ではない。

Dscn2435  梢の間の奥多摩 ~左端に大岳山が見えている。

高尾山周辺は少し前まで、私の山歩きの対象とはなっていなかった。
自然の流れで否応なしに足を運ぶようになって、それなりには存在価値が醸成されつつある。
それでも次善、三善の選択であることには変わりはない。
しかし、今日のような雪山歩きができるなら、満足度は相当に高いレベルとなる。
そんな私がやがて「高尾命」の境地に達することになるのだろうか?

|

« 高尾山の雪景色 | トップページ | 片倉城址公園でラッセルを経験 »

登山」カテゴリの記事

コメント

私も同様に思います。
メンタルな部分で特にデリケートな日本人を知らないわけではないのに、報道関係はなぜあれほどの重圧をかけてしまうのでしょう。贔屓の引き倒しです。。。選手には惨い。
手加減というのを知らない集団なんですね、マスコミというのは。
ハーフタイムで銀、銅に輝いた十代の選手たちの行末も心配ですね。無意味にもてはやすでしょうから。。。

違った顔の高尾山もまた新鮮ですね。
赤い帽子の石像がアピールしてます♪

投稿: おキヨ | 2014年2月14日 (金) 11時53分

おキヨ様
新聞はともかく、TV業界には「ジャーナリズム」の意識はほとんどないのだろうと思っています。
娯楽の提供者くらいの意識ならまだしも、視聴者は覗き見の嗜好者だと断じて、その嗜好を満足させることがTVの使命だと勘違いしているのではないかと思わせるほどの番組さえ見受けられます。
たしかに人間にはそうした側面がないとはいえませんが、それに迎合することが公共の電波を預かるもののスタンスでいいとは私には思えないのです。
TVにはもっと人が生きていくのに大変役立つ、感動とか、喜びとか、勇気とかを伝える媒体であってほしいものです。
固い話になってしまいました。
高梨沙羅さんには、17歳ではメダルは手にできなかったですが、上村愛子さんの志を継承してほしいと願っています。
もちろんご本人はそんなこと百も承知のことと思います。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月14日 (金) 17時24分

風花さん 、こんにちは

マスメディアの中でも特にテレビは最悪です。
近隣の国との問題、都知事選に於ける報道、そしてNHKの会長や経営委員の発言に至るまで、私の様な素人でも心配になります。今回の雪は誰も予測できない、想定外の事態ですが、アイゼン装着で、東京の雪山を歩く等、貴重な経験となりましたね。

投稿: | 2014年2月16日 (日) 09時22分

岳様
TVというメディアは事件を迅速に伝えるという速報性では優れていますが、情報を垂れ流しがちなので深く考える、という思考性では大変劣っていますね。
かつてはTV報道は自立していたのですが、今はすっかり劣化してしまいました。
同時に筑紫哲也さん亡き後ジャーナリストも精彩を失っています。
モーニングショーなどで、薄っぺらな聞きかじり情報だけしか持っていないタレントに、一端のコメントをさせるなどという浅薄さがますますTV報道を劣悪なものにしているのではないでしょうか。
多くの視聴者がその程度のことで善悪を判断しがちなので、政治が本音では求めている「衆愚」のドツボに有権者の多くが自ら落ち込んでいるようです。
太平洋側の多くの地域が2週続きの大雪で物流などへの甚大な影響で驚くようなできごとが発生しています。
私は今日、郊外の公園でラッセルをしてきました。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月16日 (日) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/54963188

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪後再びの高尾山辺り:

« 高尾山の雪景色 | トップページ | 片倉城址公園でラッセルを経験 »