« 面目ないですが、またまた高尾山です | トップページ | 文武両道の岳人・山口耀久さんの講演を聴く »

あの「陣馬山」が中級山岳に大出世!

2014年2月25日

2度にわたる大雪がハイカーのメッカ「陣馬山」857mをどのように変えているか、にはとても関心があり早く登ってみたいと思っていた。
登るなら雪量が多い北面からだろうが、登山口「陣馬高原下」へのバスが運休となり、しばらく再開のメドがたたない状態が続いていた。
ようやく20日から運行となったが、その翌日から毎年恒例のコミュニティのフェスタがあり、私たち山歩きの会も参加しているので、これが終わるまでは動きがとれなかった。
ようやく解放された24日、とるものとりあえずの思いで出かけた。

そして普段は凡俗な陣馬山が期待に違わない変身を遂げていることを確認した。
山頂への行程はとても千mにも満たない山のものではなかった。
優に2千m前後の中級山岳に匹敵するくらいに手応えのある山となっていた。
標高を一気に倍増してしまう・・・雪はやはり魔術師である。

積雪は時に登山を楽にしてくれる場合もあるが、多くの場合、夏道歩きよりハードになる。
今日は後者で、登山口からの標高差500m余りは、夏道ならば登り1時間20分くらいが標準タイムだが、本日の私は2時間30分を要した。
十分ではないが、ラッセルがされていてもこれだけの時間がかかったのだから、最初にこの大雪に踏み込んだ方はさぞかい過酷な雪との格闘を強いられたことであろう。
それは雪山についてさしたる経験のない私でも容易に想像できる。

Dscn2502 陣馬高原下BS(かつては「上案下」という立派な地名があった)前の商店~雪の重みで一部がつぶされている。
バスで10人足らずのハイカーが降りたが、後に判明するとほとんどは和田峠経由で、陣馬新道からは私だけのようであった。


Dscn2503 ラッセルはされているがまだ乱雑で踏み固められていない。
それでも無いより増しで、早々の入山者に感謝しなければならない。


Dscn2504

Dscn2506 頂上近くになってラッセル跡が分かれている。
右の夏道通りのトラバースと、真っ直ぐに縦走路に向かっているものと・・・・。
ここまでの不完全なラッセルがますます頼りないものになる。

Dscn2507 直進を選ぶ ~ツボ足の形がそのまま残っている。
それを外すと膝上まで潜る。
おそらくまだ数人しか通っていないであろう。

Dscn2509 高尾山と陣馬山を結ぶ縦走路に乗り上げると、さすがにトレースが一本きれいに通っている。

Dscn2510 この道標の様子では積雪1mはありそうである。

Dscn2511

Dscn2512

Dscn2519 山頂直下

Dscn2513 山頂 ~この醜悪としか思えない趣味の悪い白馬像 ~私が何度か登っていたころには無かったが、50年ほど前に京王電鉄が設けたものだそうである。
安くて速い京王電鉄を私も応援しているが、これは撤去するとかできないものでしょうか?
ついでながら「陣馬高原」もいただけません。
確かに山頂は広いですが、高原といえるほどの広さには決定的に欠けています。
白馬も高原も集客効果を狙っていることはミエミエですが、少しあざとくありませんか。
そんな薄っぺらな化粧を施さなくても、陣馬山の魅力は十二分に認知されています。
現に「陣馬高原」なる呼称は誰も使っていないです。
いかがなものでしょう・・・京王さん。

Dscn2514 近くの扇山(左)と権現山すらこの程度にしか見えない

Dscn2515 さすがにすぐ隣の生藤山はなんとか鮮明であるが、左肩の奥にある三頭山すら画像では確認できない。
広大な眺望が自慢の山頂であるが、今日は出来が悪い。

Dscn2520

Dscn2521 右へ藤野駅へのルートが分かれているが、あまり踏まれていない様子に見える。

Dscn2522 縦走路を東へ歩き明王峠 ~ここで高尾山への道から離れ、南の相模湖駅へ下ることとする。
道は徹頭徹尾、植林帯の中で、長くて退屈極まりなかった。
縦走路から南へなり、北なりにどちらにも下れるのであるが、ドッチにしても苦行にも近い植林歩きが避けられない。
かつて山が荒廃していた時代は明るく開放的で快適な山道だったのに、緑が豊かになったために、失なわれたものがあり、見事なパラドックスになっている。

|

« 面目ないですが、またまた高尾山です | トップページ | 文武両道の岳人・山口耀久さんの講演を聴く »

登山」カテゴリの記事

コメント

風花さん 、こんにちは
ハイカーのメッカと雪からの想像で、最初は南信州陣馬形山と勘違いしました。里山、それも東京で1メートルの雪など空前絶後かと思います。雪道は馬力が要りますが、トレースの無いところに我が道を作って進む楽しさは病みつきになります。気温も上がる様ですので、又と無いチャンスでしたね。

投稿: | 2014年2月26日 (水) 14時15分

岳様
少々紛らわしい両山ですね。
中アの展望が素晴らしい「陣馬形山」は私の行きたい山のリストに入っているのですが、長年実現していません。
僕の後ろに道はできる・・・
高村光太郎のいうように処女雪に自分のトレースを刻む行為は自己実現の極みともいえますね。
ただ私のように体力が落ちた者には苦行そのもので、何度も途中撤退を余儀なくされています。
今日も高尾山域に入ってきましたが、メインルートを外れるとラッセル気味になる状態が続いています。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月26日 (水) 16時42分

この雪道を体力任せで突き進むのですね。
トレッキングに慣れていらっしゃるとはいえやはり凄いことと思います。

雪に押しつぶされた建物は痛々しいですね。

投稿: おキヨ | 2014年2月27日 (木) 12時46分

おキヨ様
私に限らず、こんな愚かしいことをやっている多くの人は”われながら酔狂な”と苦笑いしながらの行為ではないかと思っています。
それでなくても寒いのに、ますます寒い雪山にでかけ、何の役にも立たない雪漕ぎなんぞに汗をかくなんて酔狂以外のなにものでもありません。
せめて人の住んでいるところで雪かきなどすれば、少しは世間のお役にたつでしょうに、因果なことです。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月27日 (木) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/55122643

この記事へのトラックバック一覧です: あの「陣馬山」が中級山岳に大出世!:

« 面目ないですが、またまた高尾山です | トップページ | 文武両道の岳人・山口耀久さんの講演を聴く »