« 名曲を読む愉しみ | トップページ | 赤城・地蔵岳の雪景色 »

北秩父の里山~横隈山

2014年1月12日

横隈山~よこがいさんと読みます。
埼玉県の北西になる神川町の山で、長瀞の北西間近になります。
重箱の隅にある登り残し山の一つですが、標高たった594m。
ザックを背負って登るのが気恥ずかしいくらいの、あっけない里山でした。
ブログにアップするのはためらわれたのですが、地元の「児玉山の会」と「本庄山岳協会」がこんなマイナーな山(済みません・・・)にも愛着をもって道標を建て、山道を整備したその熱意にほだされ、私も一肌脱いで(爺さんの肌など脱いで欲しくない・・・ご尤もで・・・)あえて紹介することとしました。
ガイドを目的にするならばアクセスから入らなければならないのでしょうが、私の場合、車利用でしか説明できません。

R44秩父児玉線の「いろは橋」を西へ入り「平沢(たいらざわ)」の集落を抜けると、車道の終点となります。
平沢配水池があり2台ほどの駐車スペースがあります。
脇の日当たりの良い斜面には冬野菜が厳しい寒気のなかで育っていました。
この日(10日)は冬将軍が本気で日本列島を寒気の底に沈めてしまったのですが、この小さな耕作地だけはヌクヌクと気持ちよさそうです。
その直ぐ上、手の届きそうなところに「横隈山」があります

Dscn2216 登り口には真新しい標識がたっています。
道標は山頂まで迷うことが難しいくらい懇切に設けられています。
スタートして涸れ沢に沿う暗い植林の中を暫く登ると支尾根に乗ります。
これを右に進み、途中で急角度で左折するとほどなく未舗装の林道を左に見るようになります。
登山道は林道と離合していきますが、さらに登ると林道は舗装道路に変わり、登山道は横隈山から西へ延びる主尾根に乗ります。
途端に北からの寒風が吹き付けていました。
平坦な尾根には「御嶽座王大権現」など明治時代の石碑が3基残されています。
これまで閉ざされていた展望が、北側だけ開けます。

Dscn2218 富士山みたいな浅間山

Dscn2220 西へ視線を移すと御荷鉾山、赤久縄山から上信県境あたりに。
左端の奥に八ヶ岳が覗いています。

Dscn2221 鬼石の町並みの向こうの榛名連山です。

Dscn2223 東へ尾根を辿り、スタートして45分で山頂に着いてしまいました。
用意してきた昼食には早すぎてやることがなく、寒くもあるので早々に戻ることとしました。

Dscn2230 奥武蔵の丸山(左端)から武甲山への連なりです。

Dscn2231 西に私の大のお気に入りの風景~赤岩尾根から大ナゲシあたりの一部も見えます。

典型的な里山ですから、目線が低く、木立もうるさくで大きな眺めは得られませんが、埼玉県の北西部、群馬県との境にこんな山もある、ということの紹介でした。

|

« 名曲を読む愉しみ | トップページ | 赤城・地蔵岳の雪景色 »

登山」カテゴリの記事

コメント

私個人としては、ここに挙げられた山々、土地の名はすべて親しみのもてるもので嬉しい限りです。
登られた山も方角的にあのあたりかなと想像がつきますし。。。

北埼玉、群馬地方では浅間山は富士山に劣らない親しみがあり、地方のどの山間からも冬場は白い崇高な姿を望めるのは感激します。

投稿: おキヨ | 2014年1月13日 (月) 13時14分

おキヨ様
名高い観光地「長瀞」が近いこのあたりはおキヨさんには土地勘が働くエリアでしょうね。
きつい山がだんだん遠ざかっていき、反対に低山が近しいものになってきます。
誰もが通る道です。
やがてはその低山からもそっぽを向かれ、町歩きや、趣味ではないですが寺社仏閣詣でに進むのでしょう。
それすらもままならなくなったら・・・
そんな先まで考えるのは・・・今はやめておきましょう。

浅間山は幼いころから見てきた山です。
冬枯れのころ、一面に広がる桑の木の枯れ枝の遠い彼方で、落日に染まる浅間山の姿は幼心にも郷愁を呼び起こしたりしました。

投稿: 風花爺さん | 2014年1月13日 (月) 15時22分

風花さん 、こんばんは

浅間山のもう一つの顔を見せていただきました。外輪にも沢山の山がある事は知っていましたが、ここまで白い浅間山に改めて魅力を感じます。四阿山方面から見た浅間山とも違った、もう一つの顔を見たいと思いました。

投稿: | 2014年1月13日 (月) 20時33分

岳様
浅間山は東群馬、埼玉方面から見ると完全な独立峰です。
ご存知のとおり山肌が富士山と同じように砂岩礫なので少しでも雪が降ると真っ白になります。
東以外の方向からとなると連峰となるので見た印象がずいぶん違ってきますね。
四阿山方向から見た烏帽子から浅間までの連なりも好きな風景です。
いや、どの山も、どこから見ても山の姿はみんな好きですね、私は。

投稿: 風花爺さん | 2014年1月14日 (火) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/54561418

この記事へのトラックバック一覧です: 北秩父の里山~横隈山:

« 名曲を読む愉しみ | トップページ | 赤城・地蔵岳の雪景色 »