« 赤城の横丁の山~「鍬柄山」 | トップページ | 渡邉玉枝さんの講演会 »

赤城銀座?~黒檜山~駒ヶ岳

2014年1月31日

都知事選で「原発存続か廃止か」が争点の一つになっている。
自民党では「エネルギー政策は国策だから首長選の争点にはなじまない」として争点化を嫌がっている。
私は争点化はあるべし、との立場。
東京は一番の電力消費地でありながら、原発立地が内包している深刻なリスクからは安全地帯にいて、現在でもほとんどの都民は被災者の抱えている悩みも対岸の火事視している。
原発立地ではこれまで多額の金が落ちていたではないか、という理屈は免罪符にはなるまい。
従って都民が福島県民の生活破壊の現状を真剣に受け止めるためにも、都知事選を契機にして原発をどうしたらよいのか都民一人ひとりがこの機会に真摯に考えるべきと思う。
さて、私は正直に言って原発廃止か、ベースエネルギーとして活用し続けるのか判断し切れていない。
いずれにしてもベストの選択というのはなくて、どちらがより増しかの選択しかない。
原発の議論を聞いていつも隔靴搔痒(かくかそうよう)の思いがするのは、どちら陣営もメリットだけを語り、その裏にあるデメリットを明言しないことである。
原発存続陣営では、際限なく増え続けている廃棄物をどのように最終処分するかの処方箋を一向に示せない。
触れたとしても、今は知恵がないがいつか科学技術の進歩で克服できる、とまるで他人事である。
片や廃止陣営では、それなら代替エネルギーをどう確保するのか。
再生可能エネルーギーには期待したいが、現状では原発に代わるだけの発電量など夢物語でしかない。
化石燃料依存を続けるとしたらば、地球温暖化にどう対処するのか?
円高もあって原油の輸入代金が膨大に積み上がり、貿易収支が著しく不均衡な状態が恒常化し、国債の暴落の懸念につながりかねない事態にどう対処するのか?
電気料金の高騰はさらに続き、家計や中小企業を圧迫する。

候補者の誰もそれぞれの側面にある深刻な問題についての解を語っていない。

さて前置きがいかにも長くなってしまったが、本題は毎冬恒例の赤城・黒檜山歩きである。
黒檜と駒ヶ岳を結ぶルートは赤城山ではさしずめ「銀座通り」だろう。
一番高い、という理由はもちろんだが、前爪のあるアイゼンが意味をなす、時にはピッケルの出番もあるなど雪山の気分を味わうのに必要な条件を備えていることが人気の所以である。
毎年のことゆえ手抜きして写真を並べるだけにする。

Dscn2327 登山口~例年のこの時期と比べて雪が多い。

Dscn2328 このコースは急登の連続である。
平均勾配を算定したらおよそ25度~普通の登山道が10~15度程度であるからいかに急勾配であるかが分かる。
Dscn2329 一度尾根に出て大沼を~対岸に先日の鍬柄山。
Dscn2331 このあたりだけ緩斜面になるが、それも束の間。
今日はWストックだが、ピッケルを持ってくればよかった・・・
これまでになく急傾斜と感じたのはこちらの登坂力の低下も一因であろう。

Dscn2332 画面中央に先行者

Dscn2333 雪は深くなるが、シッカリ踏まれている。

Dscn2334 毎度のことなので、登ったエビデンス(証拠)を残すだけで早々に駒ケ岳経由で下山にかかる。

Dscn2335 これから向かう駒ヶ岳~右奥に白い小沼。

Dscn2336 下りてきた黒檜方向を振り返る ~山頂は見えていない。

Dscn2337 雪原

Dscn2338 再び黒檜方向を振り返る。

Dscn2340 駒ケ岳山頂から進行方向を見る ~この先にはいつも雪庇ができる。
その踏み抜きをしないようトレースは右下を通過している。

この先の尾根をしばらく辿り、右へ急降下すれば大沼の畔に下り立つ。

かくしていつもの冬のように赤城・大沼を囲む雪山ハイキングを楽しんでいる。
朝の天気を見てから出かけ、昼前後には山を下りている、そんな気楽な雪山歩きができる赤城山ほど私にとって貴重な山は他にない。
幼いころから仰ぎ見ていた山は、老境にある今の私を慈愛の目で迎え入れてくれているようである。

|

« 赤城の横丁の山~「鍬柄山」 | トップページ | 渡邉玉枝さんの講演会 »

登山」カテゴリの記事

コメント

雪の赤城山魅力的ですね。。。
小沼があんなに高い位置にみえるとはびっくりです。
この季節でないと見えにくいのでしょうね。
空の青さだけが際立っている自然界、何度拝見しても芝らしいです。

投稿: おキヨ | 2014年2月 1日 (土) 11時42分

風花さん 、こんばんは

まったく同意見です。原発も、国の借金も、対外との折衝も全てが外見だけで、根底に何があり、どうしようとしているのかが見えません。政治家は昔も今も政治の事以外知りませんから、二世ばかりでなく、様々な見地から見れる人が新風を吹き込んで貰いたいものです。風花さんに感化されて今日はしっかり歩いて来ました。

投稿: | 2014年2月 1日 (土) 19時38分

おキヨ様
小沼は確かに天空の湖の感がありますね。
あんなに高いところで流入する川もないのに、あれだけの水を湛えているのには驚かされます。
空に向かって開いた赤城山の瞳みたいですね。
今の時期、水面は全面的に結氷していて、その瞳も白一色で閉ざされています。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月 1日 (土) 20時09分

岳様
政治がとても劣化していることは確かなことですね。
政治が財界、霞ヶ関、有権者など複雑な利害関係とのしがらみのために、小局での動きしかできないところに原因があるのではないでしょうか。
長いレンジで見た国の形をどう作り上げていくかを考え、実行する大政治家がこのところ、日本ではいなくなってしまいました。
そうした政治家が生まれなくなってしまったのは、目先の利害だけでしか判断しなくなっている今の社会全体のありように問題があるのでしょう。
簡単に解決できるテーマではないだけに、諦める気持ちが先行してしまいます。

投稿: 風花爺さん | 2014年2月 1日 (土) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/54776371

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城銀座?~黒檜山~駒ヶ岳:

« 赤城の横丁の山~「鍬柄山」 | トップページ | 渡邉玉枝さんの講演会 »