« 渡邉玉枝さんと歩いた御坂・毛無山から十二ヶ岳 | トップページ | 会津の山へ・1~二岐山 »

昇仙峡とワイナリー ~時にはこんなハイキングも

2013年10月27

10月に入ってからも期待を裏切り冴えない空模様が続いている。
そんな一日、観光地・昇仙峡にある小さな山を歩き、サントリーの「登美の丘」にあるワイナリーで試飲を楽しむ、というハイキングに参加した。

昇仙峡なんて観光バスで行くところ・・・
そんな上から目線で、これまではムレ集う観光客を横目で見ながら通過するだけの所だった。
しかし、どんなところでも行けばそれなりのことはあるものだ。

先ず訪ねたは昇仙峡の奥にある荒川ダムの、そのまた奥の「板敷渓谷」。
濡れた渓谷の岩を辿っていくと一条の滝が落ちている。

Dscn1810  大滝といい、落差は30mほどか?
例年なら紅葉が彩を添えているだろうが、この秋はやたらに紅葉が遅れている。

昇仙峡に戻りイージーにロープウエイを使って山上駅へ。
少し歩けば展望台へ出て、さらに花崗岩を踏んで登ると15分でこの辺りの最高点、弥三郎岳1058m。

Dscn1811 
あいにく台風17号の影響で雨こそ落ちてはいないが、雲底が低く展望皆無で、早々に昇仙峡へ下りた。

Dscn1813 みどころの「仙娥滝」
この渓谷も紅葉の名所とされているが、まだ青葉である。

Dscn1814 もう一つの有名人「覚円峰」

Dscn1815 石門をくぐり、ほどなくハイキング終了。

Dscn1820 「登美の丘」ワイナリーへ移動。
ウイスキーを造っている白州工場には何度か行ってシングルモルトを味わったりしたことはあるが、このワイナリーは初めて。

Dscn1819 山腹をくりぬいたカーヴ(貯蔵庫)
この方法で造ったカーヴは恒温恒湿(70%くらい)という、ワイン貯蔵に必要な条件を自然に備えているようだ。

Dscn1818 ワイナリーお勧めのお手頃ワイン。
ヴィンテージものは別のところにうやうやしく展示されている。

Dscn1821 見学が終わるとこちらのショップで試飲や買い物。

Dscn1822 バーカウンターでいろいろなワインを飲み比べる同行者のおこぼれにあずかるが、薀蓄(うんちく)をもたない私には違いが分からない。

Dscn1823 これは貴腐ワイン。
お値段が210017円なり、とあるがすでに売り切れ。
 ~それにしてもなんでこんな半端な数字になるの?
高級ワインの代名詞・ロマネ・コンティには負けるとしても私などには無縁の値段である。
だが、いったいに高級ワインの価格ほど不思議なものはない。
とにかく500円程度のテーブルワインから200万円もする超高級ワインまで幅広い。
しかし味の方は値段の開きほどには違わない(~と思う・・・超高級ワインを飲んだことはないので、正確なところはわかりません・・・残念ながら・・・)。
どのような要因で決められるのだろうか?
原価+利益のほかにブランド代、需給関係、そして何よりブランド信仰による希少性がもたらすものだろう。
その頂点で君臨するのが一本200万円近いものもある伝説のワイン~ロマネ・コンティ。
自慢じゃないが私は飲んだことないし、これからもノーチャンスだろう。
しかし、このワインを生み出すブドウ畑だけは訪ねたことがある

03 中段の斜面がロマネ・コンティを生むブドウ畑。

そうそう、貴腐ワインといえばよく知られたハンガリーの「トカイ」
ハンガリーでは貴腐ブドウから採れる、このやたら甘いワインばかり飲まされた思い出がある。

帰路のバスのなかでは毎度お馴染みの居酒屋状態になるが、いつもより多いワインのボトルが何本も車内を行きかっていた。
ただし、下戸の私のところは素通りして・・・・・・。

 

 

|

« 渡邉玉枝さんと歩いた御坂・毛無山から十二ヶ岳 | トップページ | 会津の山へ・1~二岐山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

昇仙峡には遠い昔2度ほど行きましたが、行く季節もあるでしょうがやはり強く印象に残る観光地ではなかったように思います。

ロマネ・コンティ―・・・名前だけは薄っすら聞いたことがある気もしますが、正気の沙汰ではないスーパー価格のワインのことでしたか。

投稿: おキヨ | 2013年10月27日 (日) 14時17分

おキヨ様
一晩あけてしまいましたので、レスポンスが遅くなりました。
北海道の層雲峡、天人峡、そして黒部峡谷、九州は高千穂峡など全国各地に点在する峡(渓)谷は日本の原風景を構成する重要な要素の一つでしょうね。

ワインはどうやら魔性を秘めた飲み物らしですね。
とにかくワインの虜になると常軌を逸するようなことをしでかす人が多いようです。
文豪A・ヘミングウエイもその一人で、ワイン好きがこうじてあるワインの名前を孫の名前にしたたそうです。
たしか「シャトー・マルゴー」という赤ワインで、孫の名前はその英語読みでマーゴです。
幸か不幸か私はワインの魔性の虜にはなっていません。

投稿: 風花爺さん | 2013年10月28日 (月) 14時39分

風花さん 、おはようございます。

昇仙峡は紅葉の名所ですよね。まだ行ってはいませんが、シーズンにはテレビに登場します。山の紅葉はほぼ終わりですが、11月いっぱいは里の紅葉が楽しめます。ワインは好きでよく飲みましたが、ヨーロッパで10日ほど美味しいワインをいただいてから、甘いドイツワインも今一つで最近はご無沙汰です。信州にもワイナリーは沢山あり、一部は航空会社などで採用されています。

投稿: | 2013年10月29日 (火) 07時38分

岳様
下戸の私には不似合いな話題になるのですが、ワインは奥の深い飲み物のようですね。
普段は夕食のときに、安物のワインをグラスに一杯だけ飲む、という程度です。
したがって産地などにはほとんど頓着しませんが、白ならやや辛口、赤ならライトボディのものと、おおよそ好みは決まっています。
ドイツワインは確かに甘口が多いようですが「ゲベルツトラミネール」という、舌を噛みそうな品種で造られた白ワインの締まった辛口が強く印象に残っています。
信州産のワインでは家内が「桔梗ヶ原」ワインが気に入っているようで、時おりテーブルに載ります。
私も、もう少しお酒が飲めたらいっそう愉しい人生になっていただろうという思いがあり、チョッピリ残念です。

投稿: 風花爺さん | 2013年10月29日 (火) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/53714361

この記事へのトラックバック一覧です: 昇仙峡とワイナリー ~時にはこんなハイキングも:

« 渡邉玉枝さんと歩いた御坂・毛無山から十二ヶ岳 | トップページ | 会津の山へ・1~二岐山 »