« 女子バレーボール界の新星とブルーベリー | トップページ | あの感動を再び~五輪がまた東京へ »

爺さんは山へ芝刈りに~榛名・居鞍岳

2013年9月7日

山日和がいっこうにやってこない。
やり場のない怒りと諦めの交錯を振り切って霧立ち込める山荘から脱出した。

榛名湖畔の天神峠から西へ喧騒を逃れるように「杖ノ神林道」が延びている。
観光客には無縁の林道である。
先日走行してみたら道を覆い隠すようにイタドリなどが傍若無人に繁茂して、道を狭め車のボディに擦り傷をつける。
傷はワクシングすれば消えるのだが、このまま放置しておけないと思った。
11月にマイクロバスに杖ノ神峠まで入ってもらう計画がある。
乗用車よりサイズが大きいマイクロで、しかも営業用の車だからたとえ消える擦過傷にしても、ドライバーに気の毒だ。
行政を当てにすることもできまいから、その日に備えて自分でこの林道の刈払いをするしかないだろう、と考えていた。
それを終えたら短い山歩きをしよう。
・・・というのが今日(6日)のテーマです。

Dscn1553 林道は傍若無人に茎を伸ばす「虎杖=イタドリ」で半分に狭められている。

Dscn1554 ガードレールも覆い隠されている。

Dscn1555 ガードレールが現れた。

Dscn1556 舗装が終わるとますます荒れてくる。

Dscn1557 雑な刈払いだが見通しがよくなる。
ところで
純粋に善意でした私のこの行為に問題はないのか?
動機は善意であっても法律的に問題になるケースは珍しくない。
最近では神奈川県小山町で、ある奇特な方が、行政で設置した指導標に間違いがあり、自分が作成したものと代えたところ「器物損壊」の罪に問われ実刑判決を受けている。
事故を未然に防ぐためにしたことがこうなる。
もし、道標が間違ったままで事故が起きたら・・・
行政は管理責任を問われることになるのだろうか?

1時間半ほどの作業だが、優男の悲しさ、長鋏を使う腕が鈍(なま)ってきた。
この先まだまだ続くが、次の機会にして山へ向かおう。

榛名山群には数え挙げて見ると名前のついた山が15~16座ほどあるようである。
赤城と同じように、虱潰しで歩こうとして、あらかたの頂は踏んだが、目ぼしいところでは「居鞍山」1340mが残っているので、今日の虱(虱になぞらえてしまい、居鞍山さん、ご勘弁を・・・)とする。

Dscn1558 榛名湖畔から北の吾妻町へ下る車道の傍らに登山口があるが、こんなに小さいうえに、文字が薄れているので見つけるのに手間取った。
そもそも東電の巡視路の入り口のようであるが、擁壁の間にある木の柵が押しつぶされていて、この間をすり抜けて入る。

Dscn1559 入り口から木段を登ると直ぐにこの山中唯一の標識。
右が巡視路を経由して山頂への緩いルート。
草で塞がれている直進は急な尾根道 ~こちらを採る。
頼りなげな急傾斜の山道はミズナラやブナの広葉樹林の尾根道である。
霧が濃くなる。

Dscn1561 

登りきると岩の上に2つの石祠が苔むして鎮座している。
なぜか互いに背を向けている。
文字を判読した人によると文政十年(1827)のものらしい。

Dscn1560 そこから一投足の山頂~三等三角点
晴れていてもいなくても展望は閉ざされているから同じこと。
帰路は石祠の所から西へ急降下して巡視路に出た。
後は車道まで淡々と下るだけ。

こんな小さな山歩きでも心が軽やかになるのが不思議である。

|

« 女子バレーボール界の新星とブルーベリー | トップページ | あの感動を再び~五輪がまた東京へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

 わぁ、すごいですね!
ガードレールまである路なのに行政は知らんふり?
電話等でも解決しないということでしょうか。。。
責任者ともなれば下見やその他のことでご苦労が多いですね。。。

投稿: おキヨ | 2013年9月 7日 (土) 11時26分

おキヨ様
行政(この場合は林道なので多分、前橋営林署あたりだろうとおもいますが・・・)に言えば何らかのアクションは出るのだろうと思いますが、予算が無いので、という決まり文句で門前払いされるとか、対応があったとしても時間がかかったりとかで、面倒な思いをさせられるのが落ち、となりそうなのです。
それくらいなら、自分ができることならやってしまえ、ということなんですね。

私に限りません。
山歩きのリーダーは誰でもできるだけ事故を未然に防ぐための目に見えない努力をしているものです。
たいていのメンバーもそれを知っています。
そこに両者の信頼関係が築かれる一つの要因があるのだろうと思っています。

投稿: 風花爺さん | 2013年9月 7日 (土) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/53165115

この記事へのトラックバック一覧です: 爺さんは山へ芝刈りに~榛名・居鞍岳:

« 女子バレーボール界の新星とブルーベリー | トップページ | あの感動を再び~五輪がまた東京へ »