« 善男善女は「木曽・御嶽山」へ | トップページ | 爺さんは山へ芝刈りに~榛名・居鞍岳 »

女子バレーボール界の新星とブルーベリー

2013年9月4日

大誤算である~今の秋霖みたいな状態は・・・
晴れるのか降るのかハッキリせい!とどやしつけたくなるような毎日で、お陰で(・・・という言い方は正しいのか?)で9月に予定している山歩きが全然はかどらない。
近場の赤城、榛名あたりのショートコース歩きでお茶を濁しているが、ブログにアップできるようなしろものではない。
そこで一時しのぎにとりとめのないよしなごとを・・・・・・。

タイトルの両者、一見何の関係もないようであるが、実は・・・やはり関係ない。

NHKがやたらに入れ込む看板番組の大河ドラマなるものは、私には退屈きわまりないもので、見ることはほとんどない。
従って日曜のゴールデンタイムは私には魔の時間帯になる。
所在なく回したチャンネル(今どきのTVはチャンネルは回さないか・・・)で、これもこのところ何年も見ていない女子バレーのアメリカ戦を見た。

とうぜんながらコート上は知らない選手ばかりだが、中にひときわ若い(というより幼いくらい)選手に目を引かれた。
あまりにも幼くみえるので、ひ弱にも、頼りなげでもありで、これが日本代表チームのメンバ-?といぶかしく思えるくらいであった。

Dscn1510

試合が進む間にネットで検索をかけたら、この選手がセッターを務める宮下 遙さんといい、この春高校を卒業したばかりの新人ということが分かった。
しかもスター選手の階段を上りつつあるようでネット記事でもその人気振りがうかがえた。

14images

「栴檀(せんだん)は双葉より芳し」
中学生のころから逸材として注目され、中田久美以来の中学生での全日本入り、、高校生では早くもV1の「岡山シーガルス」に所属して社会人のお姉さんに交じってプレ-しているのである。

O0305044512146491414
身長も176cmあり、このところ身長の低いセッターが続いていた日本代表では久々の長身セッターとしての期待が集まっているそうなのである。
どんな世界でもヴェテランと称される人が、年齢と戦いながら進化し続けようとする姿には感動を覚えるが、かたや若い芽がすくすくと伸びてくる姿もまた嬉しい。

雨の止み間に庭木の剪定をしたり、我が物顔にはびこる雑草に一矢をむくいたりしているが、殆ど彼らの蹂躙にはなす術もない。
初めのころは蓼科にある「バラクラ・イングリッシュガーデン」のミニ版を目指して花をうえ、芝生を作った。
毎年の雑草との格闘についに根負けして、いつしか今の雑草天国になってしまった。
さしずめ現状はスコットランドの「ヒースの荒野」で、そうすると私は『嵐ヶ丘』のヒースクリフか・・・
そんな
庭では、今ブルーベリーが食べころになっている。

Dscn1511
とはいってもムシャムシャ食べるものでもないから、そのうち目ざとい野鳥についばまれてしまうことになるだろう。
3本植えたのだが一本は「ナラズモノ」になってしまった。

いつのころからか鳥が運んだのだろうが、ミョウガが生え、年毎に勢力範囲を拡げてきている。

Dscn1513
その香りは珍重すべきもので、嫌いではないがそうそう食べるものでもない。
気味悪いくらいニョキニョキ頭をもたげているこれらをどうしたものだろうか。
多分、家人が漬物にでもするのであろう。

|

« 善男善女は「木曽・御嶽山」へ | トップページ | 爺さんは山へ芝刈りに~榛名・居鞍岳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

バレーのほうはパスですが、お庭のブルーベリーには関心があります。
ブルーベリーを育てるにはどうやら素人は難しいようですね。夫も失敗しました。
でもお写真を拝見すれば十分にジャムが出来そうな気もします。
そういう事はなさいませんか?ジャム作りに凝っている男性もいらっしゃいますし。。。^^

茗荷は奥様が喜びますでしょうね。^^

投稿: おキヨ | 2013年9月 4日 (水) 12時43分

おキヨ様
ブルーベリーは私には実を食す、というより晩秋の紅葉を愛でるほうに比重があります。
苗木を植えただけで何の面倒もみていません。
ご主人が失敗された理由は分かりませんが、もしかしたら標高が関係していないでしょうか?
赤城山麓ではブルベリー園が点在していますが、いずれも標高が6~700mあたりで、低地では見かけないものですから・・・
ジャムつくりですか・・・
考えたこともなかったですが、前向きに検討してみます。(国会答弁でした)
ミョウガのほうはとりあえずは刻んでソーメンの汁に使いましょうか。
と思っている間に、当地ではソーメン、冷麦の季節が過ぎていきます。

投稿: 風花爺さん | 2013年9月 4日 (水) 15時15分

風花さん、こんにちは

バレーボールも新星に期待ですね! ブルーベリーは我家にもありますが、既に一ヶ月前に終わっています。今年は猛暑で熟さず落ちてしまいました。白馬など朝霧と水分が多い土壌が良い様ですね。毎年9月に四阿山に登っていますが、クロマメの実(ブルーベリー種)が群生しています。浅間ブドウと呼ばれ軽井沢では販売されています。
その四阿山、腰上までの笹の登山道があり雨が乾いていないと濡れ鼠になりますので考慮中です。

投稿: | 2013年9月 6日 (金) 16時26分

岳様
私の女子バレーは大松監督の東洋の魔女から日立の全盛期くらいまでの間なので、今は浦島太郎ですね。
クロマメノキの実は市販されているのですか。
これからは同じ時期にサロメチールの香りがするシラタマノキの実も見られますね。
四阿山には私も最初に登ったのが鳥居峠から的岩経由で、半世紀前になります。
そのころは四阿山から北は猛烈な藪漕ぎになったのですが、今はきれいに道がついていて、隔世の感がします。
その後も菅平からや、一番楽なパルコール嬬恋のゴンドラを利用してやらで何度か登っています。
最近、鳥居峠から奥に林道が2kmほど入れる、という情報に接したので、一度踏査をしてみたいと考えているところです。

投稿: 風花爺さん | 2013年9月 6日 (金) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/53114821

この記事へのトラックバック一覧です: 女子バレーボール界の新星とブルーベリー:

« 善男善女は「木曽・御嶽山」へ | トップページ | 爺さんは山へ芝刈りに~榛名・居鞍岳 »