« 蔵書の愉しみ・蔵書の苦しみ | トップページ | 女子バレーボール界の新星とブルーベリー »

善男善女は「木曽・御嶽山」へ

2013年8月28日

ようやく山ネタをアップできます。

御嶽山3063・4mは遠目にはまっこと美男におわします。
長い裾野を引いた端正な独立峰で、もし頂稜が爆裂で吹き飛んでいなければ富士山にも負けないくらいの高さを誇る山になっていたのではないでしょうか。
なので、古来ご神体と崇められ、篤い信仰心の対象になっていることには何の不思議はありません。
ただ、私のような信仰心のかけらもない不届き者にとっては、懐に入ると荒涼とした山肌や、一番高く神聖であるべき山頂に社殿が設けられていて著しく興趣を殺がれ、2度とふたたび登ることはないと思っていました。

それでも行きたい、登りたいという善男善女が揃い、また出掛けることになりました。
無類のお酒好き揃いですが、神を敬う心のは負けません・・・ホントかな?
25日(日)午後からは好転する、という予報に期待して新宿から長い時間をかけて木曽谷に入ると本格的な雨。
「木曽路はすべて山の中である」(『夜明け前』)ならぬ「すべて雨の中である」

出発点の「田ノ原」(2180m)からは当然全員ゴアテックスで身を固めスタート。

Dscf3004_original 雨ニモ負ケズ・・・・・・でしょう!

Dscf3034_original ファイト!ファイト!
森林限界を登る ~幸いなことに風がなく、雨足も弱くなってきた
気がつけば登山道にいるのはウチラだけである。

Dscf3060_original 標高差750mを登り「王滝頂上山荘」(2930m)に16:00到着したときはもう一歩も歩きたくないほど疲れていた。
軟弱な上にブランクがあったから当然の成り行きである。


貸し切りの小屋でまずは酒盛り。夕食を食べて、また軽く飲る善男善女。

星空になった。
視力の弱い私でも、久しぶりに天の川が見られ、白鳥座の大きな十字とその嘴になるアルビレオそしてベガ・デネブ・アルタイルがつくる「夏の大三角形」などを肉眼で見ることができた。

星夜はそのまま暁闇を迎えた。
最低気温6度で、東の空がモルゲンロートに染まる。
素晴らしい夜明けである。

Dscn1471 雲海の向こうに南アと富士山

Dscn1472 アップした富士の右に塩見岳
左手前は中ア・三ノ沢岳

Dscn1473 シルエットの八ヶ岳

139_large 八ヶ岳連峰の「麦草峠」から今日の太陽が昇った。
「この瞬間に目の前にあるものを言葉で捕らえる力は言葉にはない」 (池澤夏樹『夏の朝の成層圏』)・・・まさにそんな瞬間である。

Dscn1476 木曽谷は全て雲海の下 ~中アと南アが重なっている。

Dscn1477 最高点・剣ヶ峰は目の前だが空気が薄いせいかそこまでが決して楽ではない。

Dscn1479 またまた富士さんですがな・・・
つい先日登った宝剣岳の小さな岩峰まで指摘できるほどの清明な大気である。

Dscn1480 山頂に立つと、いよいよ二の池の彼方に千両役者さながらに北アが登場。

Dscn1481 ちょうど一年前に登った乗鞍岳が正面、目の前にデンと居座っているが、同じアングルでの北アになる。
ここからは乗鞍岳越しに見ることになるので「焼岳」は隠れる。

Dscn1482 感動のあまり言葉少なく北アに見入る一行・・・と言いたい場面なのであるが、いや~賑やかなこと・・・・。
穂高だ!槍だ!常念だ!黒部五郎だ!笠だ!
・・・白山だ!

288_large お鉢廻りの岩稜を行く。

Dscn1490 二の池畔 ~富士山みたいな残雪

Dscn1492 白骨化したハイマツ

Dscn1494 長い下降で「飯森高原」駅へ 
富良野の「とみたファーム」を思わせるような花の斜面がある。
~あとはロープウエイでバスが待つ「鹿の瀬」駅へ。

帰京の途次での例のごとしの入浴先の「せせらぎの四季」では、私自身のハプニングがあったが、ロングドライブで一路新宿西口へ。

伊那谷と木曽谷は中央アルプス(木曽山脈)という大きな障壁で遮られていたが、中アのどてっぱらをくりぬいた「権兵衛トンネル」が開通してからは、東京から御嶽へのアクセスが画期的に向上した。

がしかし、それでもやはり遠いな・・・
御嶽山は名古屋以西の山好きのための3千m峰かな・・・・・・。

|

« 蔵書の愉しみ・蔵書の苦しみ | トップページ | 女子バレーボール界の新星とブルーベリー »

登山」カテゴリの記事

コメント

私も4,50代の頃にはこの”遠目の美男”にぞっこんで、画友や、夫と共に開田村付近まではよく出かけました。結局腕のほどが未熟でその美形になかなか近づくことが出来ずに今に至っていますが、今年秋に再々度の挑戦をもくろんでおります。

画像の数々はこれが御嶽頂上の風景かとワクワクした気持ちで拝見。遠いアルプスの形を一つ一つ確かめました。
皆さん感動が口をついて出てくるタイプなんですね。^^黙っていられないお気持ち解ります。
あー、羨ましい!観終わっての感想です。。。

投稿: おキヨ | 2013年8月29日 (木) 12時19分

おキヨ様
私も御嶽山を全ての角度から見ているわけではないので、無責任な言い方になりますが、開田高原からのそれは素晴らしいですね。
特に御嶽が冠雪し、開田高原が秋色に彩られたときが一番でしょう。
ただ、この場面はあまりにも通俗的過ぎます。
そのような場合、かえって絵に描きにくい、というようなことはないのでしょうか?
私などは”オー、素晴らしい”ではパチリでお終い。
心して観照していませんからウスッペラです。

自然は時間、気象、季節、場所などによってさまざまに異なる姿を見せてくれます。
いつも「一期一会」の心構えで自然に対することが大事なんだろう思っていますが、なかなかその境地に到達できません。

投稿: 風花爺さん | 2013年8月29日 (木) 17時53分

風花さん 、こんばんは

待ちに待った山旅、そして狙いすました様なドンピシャの晴天と、いい事づくめでしたね。山の上に立った人にしか分からない絶景、そして感動!これでここまでの辛さを忘れ、止められなくなるんですよね。長野県内からでも木曽へは2時間、リタイヤしないとなかなか行けません。

投稿: | 2013年8月29日 (木) 20時56分

岳様
この日、北アルプスは久々の好天になったようです。
御嶽山は登る山としては面白味に欠けますが、独立峰なので展望は第一級ですね。
写真は入れませんでしたが「白山」も見えていました。
これで山々に雪がついていれば景観も格段に優れたものになるのですが・・・

長野県は南北に長いので、北信から南信へはけっこう遠いですよね。
リタイアすると時間が自分の自由になる・・・これが何よりのご褒美です。

投稿: 風花爺さん | 2013年8月30日 (金) 06時31分

風花様~ 中々見られない素晴らしき展望ですネ

往きの雨の中、どうなる事やらと案じていたら
翌朝の見事な、ご来光と雲海に浮かぶ中央アルプスと南アの山々
宝剣岳も豆粒ながら鮮やかにくっきり

前日の雨上がりで大気が拭われ、透明感あふれる山々の大展望に
皆さん大満足、心が浮き立っのも判る気がします。
かと思えばガスに閉ざされて何も見えない運の悪さにがっかりしたり
同じ山歩きでも運、不運があり、僅か1日の違いで快晴から雨へと天と地の差を
感じることがあります。

いやはや、羨ましい限りです。これだから山歩きは止められませんね
まだまだ現役で元気に活躍される風花様に乾杯です。

投稿: かおり | 2013年9月 1日 (日) 20時32分

かおり様
登山ほど天気によってその成否が左右されるものはないのではないでしょうか。
第一級の山を歩いても風雨にさらされたりしたら、その山に対する憎悪しかなくて”2度とくるもんか”などと不心得なことを持ち帰ってしまったりします。
反対に素敵な晴天の下であるばそれほど取り得のない山でも満ち足りた思いで山を下りられます。
おっしゃるとおり運・不運で人智ではどうなるものではありません。
この日はこの夏のアルプスでは初めての位の好天になったようです。
小さな宝剣岳などは、離れた位置からはなかなか同定できないのですが、この朝はハッキリ確認できました。
山座同定の達人・かおりさんにも見ていただきたかった展望でした。
写真はアップしていませんが、白山も雲海の上に聳えていました。
かおりさんの写真の腕前があればもっと素晴らしい絵になると思うのですが、なにせただシャッターを押しているだけのものですから・・・。

私にはもうどの山もたいがい一期一会になってしまいますので大事に歩きたい、と思っています。

投稿: 風花爺さん | 2013年9月 2日 (月) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/53049361

この記事へのトラックバック一覧です: 善男善女は「木曽・御嶽山」へ:

« 蔵書の愉しみ・蔵書の苦しみ | トップページ | 女子バレーボール界の新星とブルーベリー »