« 「風立ちぬ」三題 | トップページ | 映画「風立ぬ」観ました »

草津・本白根のコマクサとの再会

2013年7月29日

驚いた!
28日、グループで草津・白根山にコマクサを訪ねるハイキングをした。
28人という大部隊で。
それで、前回登ったのは10年前くらいかな、と漠然と振り返っていたが、記録を確認したらもう26年も経っていたのだ!
オレはなんと50代の前半にいたのだ・・・!
あの時は岩礫だらけの斜面にわずかな個体数のコマクサがへばりついていた。
それが今、どのように変貌しているのか~個人的にはそれが一番の関心事。

そして驚いたことはそれだけではなかった。
四半世紀の歳月はダテではない。
殺風景な火山礫の山肌を覆うばかりのコマクサの大群落を目のあたりにした。
驚くべき光景であった。

いつも書いているよう、にエゴイストの私は一人歩きが合う。
でも、グループでの山歩きをの良さも理解しているつもりである。
28人もの参加者ともなると年齢、経験、体力度などにずいぶん開きがある。
参加者には自己責任は求めるものの、それが全てだとしたら、グループ登山の意味はない。
何かが起これば自然に「共助」の精神が現れ、助け合う
その姿を見るとたまらなく嬉しくなる・・・人間て素晴らしい!と。
今日もそんな場面があった。

Dscn1407 登山道の傍らに点々と紅が・・・

Dscn1406 自生のコマクサはピンクが多いが、ここのは濃い紅色をしている。

Dscn1400
このコマクサは六合村(くにむら)の山口雄平さんという篤志家が1960年代に、独力で植生をを始めて、発芽不良やら、盗掘など様々な困難に遭遇しながらも、次第に増えてくる協力者の力とも相まって、ほぼ30年かけて、今日見るような素晴らしい群落をつくりあげたものである。

たった一人で始めた、人間の小さな無償の行為が大きな成果をもたらし、今はそれを求めて何も貢献しなかった人たちが大勢で押しかける。
「先人木を植え、後人涼を楽しむ」
福島市の花見山も同じだが、「緑陰を楽しむものは、その木を植えた人のことを思う」ことはしないものである。

Dscn1398miyamasyazinn こちらはミヤマシャジンそれともヒメシャジン?

Dscn1403 これだけの集団になると壮観!
ちなみにこの写真の中には私はいません。

Dscn1401タカネオミナエシらしいのだが・・・

Dscn1404 コマクサとシャジンの混淆

Dscn1402 白根山の向こうにアンテナだらけの横手山。

楽しみにしていた草津での入浴を、時間の関係で断念したにもかかわらず、帰路の関越道は大変な渋滞。
バスをチャーターしての山行は利点だらけだが、唯一、高速道路の渋滞に巻き込まれるデメリットがある。
ドライバーの機転で、こちらでは思いもつかなかったエスケープ~北関東自動車道を横走りして、東北道に入るという~がドンピシャリ当たり、それからは快適走行とはなったが、新宿帰着は最近になく遅い時間であった。

|

« 「風立ちぬ」三題 | トップページ | 映画「風立ぬ」観ました »

登山」カテゴリの記事

コメント

大所帯もまたいいものですね。
皆さん良い笑顔をなさって。。。
コマクサって一時期、希少価値の植物ではありませんでしたか? 昔、霧ヶ峰だったと思いますが、このキュートな形の姿を見かけて感動したものです。確かもっと淡い色だったように記憶しています。
今年5月には白馬のホテルの庭先に植えてありましたので一般的な植物になるほど増えたということでしょうか?

雨天続きのこの時期、青空も覗く良い日に決行できて何よりでした。

投稿: おキヨ | 2013年7月30日 (火) 11時39分

おキヨ様
コマクサはその根に薬効があるとされ、一時期あちことで根こそぎ掘られてしまいました。
また「高山植物の女王」などと礼賛する向きもあって、浅ましい商魂で盗掘の憂き目にも合っています。
そんなことでかなり絶滅が危惧されたのですが、熱心な保護活動によって、今ではアチコチで見られる花になりました。
栽培技術の進化で、普通の愛好家でも栽培可能になっているようです。
ただ「やはり野におけれんげそう」で、自然の状態で見るのが一番ですね。

良い山仲間たちです。
ただオシャベリが好きで、お酒を飲むのはもっと好きなメンバーばかりですからその騒々しさたらありません。
つねに静かに「沈思黙考」することを愛する私とは肌合いが違います・・・・・
というようなことを書くと”ウソつけ!”とブーイングがおこるでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月30日 (火) 15時55分

不順なお天気が続いています。

ヤマレコなどで本白根山のコマクサが丁度見頃と
レポにありましたが良い時期にお出かけでしたネ!
見事なコマクサ群落の写真など拝見していると
無性に出かけたくなります。

車だとかなりの高度を稼いでくれるので
後は遊歩道歩きのハイキングコース、私が出かけた時は
秋の時期で紅葉が彩り始めた時でした。
殺風景な火山礫風景に物足りなさを感じたものです。

一方中央アルプスでは韓国人ツアーの4名遭難死
遥々日本まで来て、何も悪天時に縦走しなくともよいのにと思うのは私だけでしょうか~
やはり無理は禁物ですネ!

投稿: かおり | 2013年7月31日 (水) 16時08分

かおり様
実は天候さえ安定するようなら中アの三ノ沢岳から宝剣岳辺りを歩く計画にしているのです。
その矢先にこの辺りで韓国からのツアー登山で4人が遭難死して他人事には思えない状態にあります。
日本の山にきていただけるのは嬉しいのですが、基本的な理解が足りないような報道があり、気になります。
パーティー行動にしてもそれぞれが勝手にマイペースで歩くのが当たり前みたいで、これでどうして安全が確保できるのか大いに疑問を感じています。

草津白根は標高差が200m程度で、標高2千m」に高尾山より容易に登れるので猫も杓子も押しかけてきます。
山登り装備が大げさに思えるくらい、普通の街歩きスタイルでやってきます。
それはそれで悪いことではありませんが・・・。

過ぎ去った日々が遠ざかっていく速さにはいつもビックリしてしまいます。
ツイ先日に思えたことが、もう何年も昔のことだったりして、これもやはり加齢現象なんでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月31日 (水) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/52653537

この記事へのトラックバック一覧です: 草津・本白根のコマクサとの再会:

« 「風立ちぬ」三題 | トップページ | 映画「風立ぬ」観ました »