« 奥秩父・鷹見岩~小さな岩峰のデッカイ展望 | トップページ | 元奥多摩山岳救助隊・金 邦夫氏の話を聞く »

三度も尻もち~御坂・十二ヶ岳

2013年7月19日

河口湖や西湖の北側につならる山々は「御坂山塊」と総称されるが、そのほぼ中ほどにある「十二ヶ岳」1683mは、この山塊には珍しい急峻な岩場の多い山である。

Dscn0431 以前撮影した三湖台からの御坂主脈の一部
画面の右端、山頂が扁平に見えるのが「十二ヶ岳」


山麓の桑留尾(くわるび)からの直線距離は2kmで、標高差は800m。
単純に平均勾配を算定するとおよそ25度となる。
多くの山道は急なようでも15~20度くらいのものだから、これだけでもかなり急な山道だといえる。
山道は屈曲するし、斜度も一様ではないからこんな単純な話にはならないが、部分的には35度くらいの急な斜面もあることになるだろう。

 そんな十二ヶ岳を今日(16日)桑留尾の「いずみの湯」に駐車して往復した。

Dscn1354 登山口

Dscn1352 途中のお地蔵

さて登り終えての感想は~こんなにきつい下降だったか?~である。

私はこれまでに2度同じ道を下っている。
最初は毛無山から十二ヶ岳に向かう途中で、突然右足の膝を痛め、引き返そうという気持ちを振り払って十二ヶ岳まで歩き、ビッコを引きながらの下降であった。
2度目は私より3歳年長のOさんが同行していた。
それなりのハンディがあっての下降だったが、特に厄介だという印象は残っていない。
それが今日はひどく手強く思えた。
急なザレ場が多く、要所にはロープがついているが、いかにも場当たりで、あまり効果的とはいえない。。

 十分用心して下ったのに3度、足を滑らせ、したたかに尻を打った。
クッション性に優れた尻なのに見事に腫れ上がるほどの強打であった。

Dscn1351 例えばこんなふう。
下から撮っているので角度が分かりにくいが難物である。

Dscn1346 3度目の山頂
富士は全く見えないが、それはもういいや・・・。

 この秋、山歩きの会でここを歩く計画ができている。

どう対処したらよいかな・・・?

 悩ましい宿題を持ち帰ることになってしまった。

|

« 奥秩父・鷹見岩~小さな岩峰のデッカイ展望 | トップページ | 元奥多摩山岳救助隊・金 邦夫氏の話を聞く »

登山」カテゴリの記事

コメント

3度のしりもちに耐えたクッション性の強い御尻に感謝しなければいけません。お尻の腫れあがるという自己犠牲によって骨折はまぬがれたのではありませんか?~~

長年の経験と山で作り上げられた肉体の賜でしょう。shine
いかにも登りにくそうなやまみちですね。
私は以前に、比べ物にならない簡単な場所〔草津白根〕でズルズルと足をすべらせ落下したことがありました。
ザレ石の多い場所は恐怖です。

投稿: おキヨ | 2013年7月20日 (土) 13時04分

おキヨ様
細かな石粒が地面を覆っている所~ザレ場と言いますが・・・~は、斜度がきついとほんとに嫌らしくなります。
ちょうど、粒がコロになって大変滑り易くなっているためです。
濡れた赤土、ツルツルに磨かれた岩など山道には危ない所がいっぱいあります。

ところで人間の尻はどうしてあのような形になったのでしょうか?
私は進化論的にみて、人類が2足になってから尻餅を着くことが多くなって、そのダメージを軽減するためにだんだん肉厚になったのではないかと考察しました。
あるいは泰西名画の巨匠たちが豊満な肉体美を描いてばかりいたので、人間の方が絵に近づいていった、という見方・・・などはあり得ませんね。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月20日 (土) 16時58分

こんにちは

経験豊富です!富士山の下りも気をつけないといけませんが、殆どが里山です。それが上手に転ぶので、ほとんどザックがクッションになり、お尻を打ったことがありません。ザックの中身(カメラ)を心配したのですが怪我とは比較できないですよね。
(*^-^)

投稿: | 2013年7月22日 (月) 17時31分

岳様
山での(いや、どこであっても)転倒、スリップは瞬時に起こるので防御体勢を整えることは不可能に近いですね。
随分、注意はしているつもりでも、避けられないこともありますし、ついつい油断をしてしまい、その隙を突かれたりもします。
尻ッペタを打つくらいで済めばいいですが、これも度重なると「ハインリッヒの法則」ではないですが、痛い目どころでは済まされないことになりかねません。
たかが尻餅、されど尻餅でしょうか。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月22日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/52483279

この記事へのトラックバック一覧です: 三度も尻もち~御坂・十二ヶ岳:

« 奥秩父・鷹見岩~小さな岩峰のデッカイ展望 | トップページ | 元奥多摩山岳救助隊・金 邦夫氏の話を聞く »