« ダンシング・クイーンが還ってくる? | トップページ | 霧の彼方~回想の星尾峠 »

小さな要塞「岩櫃山」

2013年6月26日

梅雨時だから仕方がないが、10日も山歩きブランクができてしまった。
筋力低下が早い高齢者の場合、これははなはだマズイことである。
今日(25日)はなんとか半日ほどは天気が持つようなので、急遽近場の
山を歩くこととし、行き先を「岩櫃山」802mとした。
JR吾妻線・郷原(ごうばら)駅の直ぐ後ろに、なかなか見ごたえのある高差200mほどの岩壁を削立させている。

Dscn1236
登山ルートは3つあるが、今日は東の平沢・岩櫃城址から登ろう。

Dscn1222 広い駐車場、簡易トイレ、休憩舎がある登山口。
ここの標高が511mとあるので300mほど登ればよいのであるが、ブランクは覿面(てきめん)で、早々に心拍数が上がってしまう。

Dscn1225 兵どもが夢の跡~岩櫃城址
戦国時代、武田信玄の命を受けた家臣・真田幸隆は、沼田城の支城だった岩櫃城を攻略した。その後、目まぐるしい変遷を経て家康が発した一国一城令によって400年の歴史を閉じ、廃城となった、との故事が記されている。

岩山らしく鎖場をまじえた険阻な山道を登り上げると視界が開ける。
Dscn1226 キレットを隔てて目の前に山頂。

Dscn1227 花の乏しい山なのでありふれた「キジムシロ」を・・・

Dscn1228 山頂直下の鎖場

Dscn1229 山頂~今にも雨になりそうで、展望なし
山麓の集落が真下に見え、自分が下から見るあの200mの垂壁の上に居る、と想像するとその高度感に足がスースーする。

ここからは以前歩いている西への岩尾根を辿る。

Dscn1231 斜上するトラバース

Dscn1232 こんな岩穴を潜り抜けることも・・・

Dscn1233戸隠・蟻ノ戸渡り」のミニ版「天狗の懸橋」
左右どちらに落ちてもヤバイ!

Dscn1234 下から見るとこんなあんばい。

これからは山麓の集落に下りるまで、倒木で登山道が崩壊した危険なところを含めて、逆落としの急な山道となる。

時折小雨がパラつくなか、吾妻線に沿う里道を歩いて駐車場に戻り、とりあえずの「箸休め」のような山歩きを終えた。                                      

|

« ダンシング・クイーンが還ってくる? | トップページ | 霧の彼方~回想の星尾峠 »

登山」カテゴリの記事

コメント

岩櫃山も妙義山同様小ぶりながらも危険度の高い山だと素人ながらも思います。

造形美は両山とも大変魅力的で、魔力を持った小柄な美女と共通するものがあるといえば神聖な山を汚す言い方かもしれません。。。(^^ゞ
紅葉時は見上げて美しい山ですね。

毎回思うのですが、なんとお元気な!!長年積み上げられた経験の賜でしょうね。

投稿: おキヨ | 2013年6月26日 (水) 11時01分

おキヨ様
この山は渋川から草津方面へ往来すれば嫌でも目を引く特異な山容をしていますね。
ほんの裏山なのに、その割には手強くて、ナメてかかるとシッペガエシを受けそうな山です。
ブリジッド・バルドーでしょうかね・・・
以前に歩いたときはチョロイ、と思ったのですが、今回はかなり緊張しまくりでした。
とりもなおさずその分、私の身体機能が衰えている、ということになるのでしょう。
妙義と違う点は山裾に人家が点在していて、中には旧家があったりして、山里の風情が濃厚にあります。
私に絵を描くという高雅な趣味があれば描きたくなるだろうな、と思います。

投稿: 風花爺さん | 2013年6月26日 (水) 14時18分


風花さま、こんにちは

岩櫃山は知りませんでしたが、岩、岩の山なのですね!
足は正直で、少しの間歩かないだけでも披露に筋肉痛
スタミナ切れなど、見事にダメージを与えてくれますね。
回避するには歩くのみ、身体は良く?出来ています。

投稿: | 2013年6月26日 (水) 17時04分

岳様
ローカルの超マイナーな山ですから、名山がひしめいている長野県の方がご存知ないのは当然です。
私は長野県の山にはひたすらな憧憬を抱いているのですが、県西、県北、県南の山々は遠くて、日帰り中心で計画すると出掛けられる範囲は限られてしまいます。
それはけっこうストレスになっています。
生まれ変わったら安曇野の住人になりたいです。

なにやら梅雨はこれからが本番らしくて、この分では夏休みに入る前に「針ノ木」に登る予定にしているのですが、実現できるかどうかヤキモキしてしまいます。

投稿: 風花爺さん | 2013年6月26日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/52177024

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな要塞「岩櫃山」:

« ダンシング・クイーンが還ってくる? | トップページ | 霧の彼方~回想の星尾峠 »