« 小さな要塞「岩櫃山」 | トップページ | 引っ張り上げられて~浅間・前掛山 »

霧の彼方~回想の星尾峠

2013年6月30日

星尾峠~この素敵な名前を持つ小さな峠は、荒船山の一番高い「経塚山」から南に下った鞍部である。

群馬県西部と中信東部が接する県境稜線には多くの峠が越えているが、大方は車道が峠下を貫通していて、歩いて越えたかつての峠は利用されることなく廃道化している。
しかし、経済活動とは無縁の一部の峠は細々と辛うじて往古からの命脈を保っている。
星尾峠はその一つで、登山者に利用される形で今も健在である。

私には51年前に遡るこの峠の晩秋の佇まいが記憶に深く刻まれている。
当時、登山の対象にななっていなかった「兜岩山」のルート開拓の目的で何度か訪れ、その折に必ず星尾峠を通過していた。
小さな峠を挟んだ東と西の表情ははっきり異なり、それがいかにも峠らしかった。

それから半世紀という長い時が流れた。
今はどんな姿を留めているのか、その関心が久しいこと私の頭の片隅に巣食っている。

Img282_6 1962・11・5の星尾峠。

それを確かめるため28日、芳しくない空模様を承知で向かった。
下仁田を過ぎ、内山峠への山道にかかると、とうとう霧雨がフロントガラスを濡らし始めた。
トンネルを佐久側に抜けても状況は少しも好転しない。
それは覚悟のうえでやってきたのだから、荒船不動の駐車場からいつ降りだしてもよいように支度を整えて歩き始めた。
荒船不動からは初めてだがいい峠道だった。
霧に包まれた一人の山道はアッサリと私をタイムスリップさせてくれた。
51年ぶりの星尾峠は、あたかもその間の時間の流れが全くなかったかのように同じ相貌で私を迎えてくれた。

Dscn1238_4 51年前と変わらない峠の姿。

Dscn1239 変わっていることを挙げれば、あの当時には全く無かった「兜岩山」への登山道が通っていることだろうか。
経塚山は峠から一投足である。

Dscn1240 荒船山の最高点「経塚山」
遠景では舟の舳先のように尖っているが・・・。

Dscn1244 扁平な山頂の一隅にクリンソウの自生地がある。
盛りは過ぎていた。
登山道の直ぐ傍らに群落を作っているが、多くの登山者は知らないようである。

再び星尾峠に戻り、群馬県側の大上~線ヶ滝への下り道を探ってみた。
急な斜面にトラロープが下がっていて荒れてはいるが歩かれていることはうかがえた。
2007年9月の台風は西上州一帯に大きな災禍をもたらし、星尾峠から大上への道は再生不能か、といわれるほどの壊滅的打撃を受けた。
それがどうやら再生途中にまで戻ったようである。
晩秋の時期に今度は大上から峠を目指してみよう。

このところ霧の中での山歩きが続いている。
そろそろ青空の下での山歩きがしたくなっている

|

« 小さな要塞「岩櫃山」 | トップページ | 引っ張り上げられて~浅間・前掛山 »

登山」カテゴリの記事

コメント

星尾とは、「星の降る尾根」あるいは「長い尾を引くほうき星」?
私の勝手な想像に過ぎないのですが、綺麗な名前ですね。
51年前と少しも変わらない峠に再会できて良かったですね。
霧に煙る風景も素敵です!

投稿: 淡雪 | 2013年7月 1日 (月) 13時14分

画像を拝見する分には、靄が立ち込めた画面はたいそうロマンチックなムードがありますが、実際登られるとなると視界のはっきりした好天のほうがやはりのぞましいのでしょうね。

私は所在地が判りますので、、あぁあの上はこうなっているのだと映像で知ることが出来て興味もひとしおです。

人知れず咲くクリンソウ、淡い夢のような感じ。。。♪

投稿: おキヨ | 2013年7月 1日 (月) 13時19分

淡雪様
星尾峠の名称は、おそらく東の群馬県側にある峠への取り付きになる集落「星尾」からきているのだろうと思います。
しからば「星尾」という地名の由来は?となると定かではありません。
とにかく狭い谷間の急な斜面に人家がへばりついているようなところです。
こんな辺鄙な地に住むようになった理由は?と考えると、大抵は落人を思い浮かべますね。
私の何の根拠もない創作ですが、「星尾」姓の主に付き従って逃れてきた落人たちが開いた集落ではないかと・・・。
ただそうした勝手な想像とは違い、51年前に峠から星尾に下りついた時の印象として「決して寒村ではなく、むしろ豊かさが感じられる・・・」と、その時の記録には書き残ています。
半世紀を経れば往時茫々の思いですが、霧の中からけっこう鮮やかに追憶が立ち上がってくるのです。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月 1日 (月) 16時20分

おキヨ様
このあたりはおキヨさんの日常的な行動範囲ですから、位置関係など頭の中でプロットすることはたやすいいことでしょうね。
内山トンネルを抜けて、コスモス街道に入る手前で、群馬県側に戻るように折り返してくると荒船不動で、荒船山への最短コースになります。

クリンソウは私の山荘でも咲きます。
種がこぼれてかなりな勢いで増えるので、群落状をつくるのにはそんなに時間はかかりません。
しかし、どこか野生のものには敵わない感じがあります。
荒船の自生地は、何の表示もないので、大抵の人は知らないままに通り過ぎています。

霧の山歩きもまんざら悪くはないのですが、やはり青空の下で爽快な気分で歩くほうがいいですね。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月 1日 (月) 16時33分

地理も知らず……あまりにも子供っぽい私の想像に、PCの前で笑いをこらえることが出来ません。
本当に失礼いたしました…。

投稿: 淡雪 | 2013年7月 1日 (月) 17時35分


こんにちは
霧の中の九輪草はいいですね~
八ヶ岳の麓、霧の中の白樺も絵の題材になりますが、
いざとなると写真も絵も難しいです。
針ノ木雪渓のガスの中から現れる青い空も最高ですよ!


投稿: | 2013年7月 1日 (月) 18時21分

岳様
八ヶ岳のおおむね鉢巻道路に沿うように点在する白樺林は見ごたえがありますね。
とりわけ「八千穂高原」の白樺純林は、美ヶ原のそれと並び立ち、見事というほかありませんね。
私も山荘に白樺林をつくろうとたくさん植えたのですが、標高が低いせいか、虫の被害を受け、次々と枯れていきます。
もう諦めの境地です。
針ノ木へは晴天2日が欲しいのですがいつその機会がくるのか・・・。
山小屋の混むのは苦手なので、シーズンインの前に登りたいので、少し焦りだしています。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月 1日 (月) 19時29分

淡雪様
失礼なことは一つもありませんよ。
知らないということは悪いことではありません。
なまじ知っているために、空想の翼を自由の羽ばたかせることができない・・・。
それは人間だけができる「想像」するという素晴らしい能力を自ら喪失していることになりますからね。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月 1日 (月) 19時38分

半世紀前の写真よく管理されていましたね?
何とも素晴らしい山登りですね。まだ登りたい山残っていますか??
茶臼岳宜しくお願いいたします。

投稿: いっちゃん | 2013年7月 2日 (火) 10時33分

風花様 温かいお言葉にお礼を申し上げます。
「落人」は歴史の浅い札幌に育った私には、神話や伝説の本の中の事柄のような感覚でした。関東に暮らすようになってからも、よく知らないまま過ごしてしまって…。
おかげさまで「鱗の如きもの目より…」そんな思いです。

桜草は好きで育てていたことがありますが、消えてしまいました。九輪草と桜草、私には見分けがつかないかも知れません。

投稿: 淡雪 | 2013年7月 2日 (火) 15時15分

いっちゃん様
浅間山(前掛山)に登りにでかけていたためコメント・レスポンスが遅くなってしまました。
写真はアルバムにして整理しているので、散逸することもなく、必要なときには直ぐに取り出せるようになっています。
登りたい山・・・?
まだ仰山残ってまっせ。
当分引退できそうにもありません。
そこらのとこ、よろしく・・・。
さていよいよリーダーデビューが近づいてきましたね。
天気はまずまずのようです。
参加者も多いので、およばずながら縁の下の力持ち(いや、色男なんで力は無いか・・・)をつとめましょう。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月 2日 (火) 20時13分

淡雪様
クリンソウもサクラソウ科なので仲間ですが、サクラソウ類とはかなり違いがありますから、来年の開花期にもし機会ができたら観察してみてください。
クリンソウは花が花茎の下からだんだん上に咲き上げていきます。
この点がサクラソウとは全く違うので区分は簡単だと思います。
サクラソウ類は湿生植物なので土がいつも湿った状態が生育には良いようです。

投稿: 風花爺さん | 2013年7月 2日 (火) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/52232592

この記事へのトラックバック一覧です: 霧の彼方~回想の星尾峠:

« 小さな要塞「岩櫃山」 | トップページ | 引っ張り上げられて~浅間・前掛山 »