« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

草原の椅子~映画と本

2013年2月28日

文春の3月号でこの映画をプロデュースした原正人さんが書かれたもので「草原の椅子」のことを知りました。
そのロケ地がパキスタンの「フンザ地方」であり、しかも「ウルタル峰」などが映像に出ることらしいことを知るにおよんで、がぜん関心が高まりました。
ヒマラヤ山脈の西端になるカラコルム山地の懐にある「フンザ」。
パキスタンと中国を結ぶ「カラコルム・ハイウエイ」が通じてはいますが、
今でも春にはアンズの花が咲乱れる、不老不死の桃源郷とされています。

Img259 桃源郷・フンザを描いたものを借用しました。
ハイウエイの西側に「バトゥーラ山群」と称され、シスパーレ、ウルタールなど7千mを超える峰々が聳えています。        
   

Tanzaku432  ウルタールⅡ峰 7388m

早速宮本輝の原作を読み始め、その途中で映画を観ました。
「何があろうと、どこにいようと、俺のいるところは草原だ。そこには俺の椅子がある。」

原作に通奏低音のように流れているこの言葉に感銘した原さんが、最後のプロデュース作品にしようと、映画化への情熱を燃やして完成したのがこの映画です。
しかし、また原作が勝れているほど映像化するハードルは高いものです。

Tanzaku430 まだ下巻にまで読み進めていません。

ところで映画の出来栄えは?
私には十分に佳作でありました。
二人の50男の、ほとんどメルヘンに近い友情が縦糸になっていて、ドメスティック・バイオレンスで言葉を失った幼い子の子育てと、バツイチ同士の恋が横糸となっって織り成す一篇のドラマです。
今時の俳優には男女を問わず特段の関心はないのですが、それでも好感度の高い佐藤浩市が主役でいつもの通りお父さん譲りのいい味をだしています。

Main
さて、私にとってはこの映画の影の主役は「ウルタル峰」です。
標高こそ平凡ですが、落石と雪崩が頻発する極めつけの危険な難峰とされています。

Img260 ウルタールⅡ峰
冬季のアルプス三大北壁の単独登攀を最初に成功させ、世界的にみても傑出したクライマーとされた長谷川恒男が遭難死していることで、私には深く記憶されています。

Tanzaku431 長谷川恒男を描いたドキュメント。

長谷川恒男は名声をほしいままにしたクライマーですが、また悲運の持ち主でもあります。
雪(氷)と岩に対する高度な技術が要求されるアルプスでは大きな成果をあげたのに、技術以上のものが求められるヒマラヤでは、多くの挑戦をしながらことごとくに挫折を味わっていました。
失意にあった彼が乾坤一擲の挙に出たのが、その当時未踏峰では3番目の高度を持っていたウルタルⅡ峰です。
1990年、最初の挑戦で7020mまで肉薄したが、天候悪化で撤退。
翌年10月の再挑戦で5300m付近で雪崩に遭い、1300m流されて不帰の人となりました。

長谷川の無念を晴らしたのは1996年の日本山岳会・東海支部隊の山崎彰人と松岡清司のパーティーですが、下山中に松岡隊員が体調悪化により絶命しています。

本と映画の話にしなければならないところ、私にとって見果てぬ夢に終わってしまった西カラコルムの山のことになってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北向地蔵から日和田山~奥武蔵の丘陵を歩く

2013年2月23日

西武秩父線の「武蔵横手」駅から「高麗駅」の間の北側に小さな隆起を結ぶハイキングコースがある。
とにかくいつ果てるか、際限のない寒気に萎えいる心では、雪山歩きも億劫で、アイゼンを使わずに済むような土の上を歩いというのが21日のこのプチハイキングである。

武蔵横手からの谷沿いの日陰道の途中にある小さな「五常の滝」
五常」とは「仁、義、礼、智、信」の謂いとのことである。

Dscn0633 さすがに低山。この寒気の中でも氷結していない。
あちこちにある地名だけが残っているかつての集落跡と同じ土山を抜けて「北向地蔵」へ。

Dscn0634 かつてこの地方に悪疫が流行ったとき、野州(栃木県)の「岩船観音」を分身し、ここに祀って祈願して平癒させた、その礼のため、岩船観音に向けて、北向きに祀ったという所以書きがある。

東へ辿り今日一番頂上らしい「物見山」で昼食。
このあたりの山ではどこでも広大な展望はまず望めない。
下った「駒高」もかつての山上集落だったらしいが今は一軒の人家があるだけ。

Dscn0638 群生する春の先がけ「蝋梅」があたり一帯に芳香を漂わせている。

Dscn0636 西空には奥多摩の「大岳」~「御前山」の連嶺。

電波塔施設のため立ち入れない「高指山」をエスケープしていけば最後のピーク「日和田山」

Dscn0640 珍しい四等三角点が埋設されている。
かなり以前、岩登り講習に参加したとき、ついでに登ったはずだが、全く覚えがない。

Dscn0644 花期ならヒガンバナの赤が埋め尽くす「巾着田」
今は枯草色に覆われている。

高麗駅近くまできて、たまたま今出ている『岳人』誌で好意的に紹介されていた「しょうへいうどん」という店で遅い昼食を摂った。

私の評価ではありふれたレベルで、特筆するほどのものではなかった。
東日本有数のうどん縣・群馬では飛込みで入ったどんな店でもたいてい上質のうどんにありつける。
そんなエリアで喉を鍛えられるいるせいか、なまじっかのうどんでは納得できない。
因果なことでだが・・・・・・。

朝鮮半島からの渡来人が住み着いたことから起きた地名とされている「高麗」駅前に立つ二つの標柱。

Dscn0645 天下大将軍と地下女将軍
朝鮮半島では「チャンスン」という守り神で、村落の入口に建てられるものだそうである。

そういえば今日の行程に立っていた標識はこの形を模していた。

・・・・というようなことでインパクトに乏しい一日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その後のスマホ的日々は?~曇り時々晴れ

2013年2月18日

一昨日(16日)の赤城山一帯の荒れ方は凄かった・・・
一人ならもちろんやめているが、マイクロバスをチャーターしているのでそうもできず、13人のメンバーで山には入ったものの、深い新雪のラッセルと、荒れ狂う強風と、寒気に阻まれ、撤退を余儀なくされた。
条件に恵まれた時の赤城山の素晴らしさを知ってもらいたい一心での計画だっただけに無念の思いは一入(ひとしお)。

同行のK氏撮影の写真を数点ご披露します。

36_large_2 烈風の荒山高原で。    

41_large 中間にいてもかなりなラッセルになります。

52_large_2_2 深い雪に追い返され、山を下ります。
後尾にゲストで参加した、30代前半の若いカップル。
~本日の平均年齢がグッと下がりましたネー

66_large 私のいでたちはこんな具合です~年齢、性別不詳?

さて本題に入りましょう。
予想通りの展開とはいうものの、スマホの日々はなかなかの難航です。
こんなチッチャなボディにパソコンに迫る能力を詰め込んでいるらしいから、その分操作性はより難しくなるのでしょう。

さしあたりこの手の超ビギナー向けの手ほどき本や、キャリア(NTT、KDDI、ソフトバンク)などが用意しているマニュアルなどを頼りに使い方を会得しようとするのですが、その都度、必ずと言ってよいほど、越え難い壁にブチ当たってしまうのです。

Tanzaku427  頼りにしてるんですがネ・・・ Tanzaku426

たとへば、あるIDを取得するための操作をステップを踏みながら進めていきますと・・・
突然「セキュリティコード」なるものの入力を求められるのですが、その説明がないので何のことかサッパリ分からん・・・という仕儀になります。
結局、なかなか繋がらない電話でようやく聞くことができるということになるのですが、これが何のことはない、要するにクレジットカードに記載されているある番号のことでした。

また、WI-FI(無線ランに関することらしいが、実のところよく分かっていない・・・)の設定を進めていたら「パスワード」の入力を求められました。
任意のPWを入れればよいのだろうと入力するのですが、何度やっても「間違っています」だとばかり。
お手上げになってこれも電話で問い合わせたら「ルーターの裏にある番号」だって・・・。

このいずれも、それならそうと入力を求める段階でそのように説明すれば済むのに、その辺りが抜けているから、結局お互いに余計な手間をかけてしまうことになるのです。
・・・このクソ忙しいのに・・・・

パソコンとスマホをつなげば双方のデータを簡単にやりとり出来る、なんてのもありますが、カンタンなどとはとんでもありません。
今は亡き小林桂樹が”簡単、簡単というがカンタンだったためしがない・・・”とケイタイ電話のCMで怒っていた、あの光景が相も変わらず繰り返されているのです。

それもこれも、プロである説明する側が、ズブの素人であるユーザーの立場で、肌理(キメ)細かな(余談ですが、このごろ「肌理細やかな・・・と言い方が多くなっていますが、これって正しいのかな・・・)それこそ「猿でも分かる」説明ができる能力を欠いているせいです。

いやそう思うのは私らのような世代の嘆きで、若い世代にはいともカンタンなことなのだから分からない方が悪い、という論法なのでしょうか?

それが証拠には私のスマホのお師匠さんの孫は、マニュアルの類には見向きもしないでサクサクと、やたらこ難しそうな操作を造作なくこなしています。

スマホの利用としては本筋ではないでしょうが「青空文庫」で著作権の切れた名作などをタダで読めます~なんとなくトクした気分。
意外に便利なのが「メモ」で、手帳代わりのメモのほか、お気に入りの詩歌、名言、箴言、名文の一節など取り込んで、いつでも開くことができるのはすこぶる重宝な思いをしています。

スマホで撮った写真をパソコンに取り込む方法にも何とか漕ぎつけました。
オンラインストレージ(ネット上の保管庫)「ドロップボックス」をスマホと2台のパソコンにインストールしたのでここに保管してあるデータはいつでも、どこでも取り出せる・・・筈です。

とはいえ一番の目的「トラフィックログ」の作成への道は視界不良のまま。
アプリはインストールしたのですが、そこからどう進めばよいのか、いま立ち往生しています。

そんな具合に、巨大迷路というか、茫洋たる大海原の航海に例えるか、はたまたエベレストへの挑戦に例えたらいいのか、行きつ戻りつ、私のスマホへの手探りの道はまだ、先へ先へと続いているのです。

Sa204 荒れる海を越えて  Tj3303 陽はまた昇れるのか?

いつかスマホを自在に使いこなす域に達することができるよう、曇り空が多いものの、たまにはのぞく晴れ間に励まされて勤(いそ)しみましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

またしても赤城・黒檜山ですが・・・

2013年2月11日

今日(10日)の目的は、一週間後に仲間と登ることになっているので積雪状態を見ておくこと。

前橋から大沼への道路はいわば観光道路なので除雪はよくされているが、何しろ急勾配なのでここを車で往来するのはそうとうストレスがかかる。
朝の山荘気温がマイナス10度と冷え込んだほどだから路面は氷結状態。
急坂の途中で上れなくなった車が2台立ち往生している。
対向車を避けるため後続車が停車したため私もストップ。
どうやら行けそうになって先の数台の車は走り出したのに、私の車は唸るだけで前へ進めず、タイアは空転するばかり。
まずいな!今日はダメかな・・・
そう思いながら、路面をグリップできるところまでバックし、セカンドギアで何とか走り出した。
脱出成功!

こんな道路状況だと、一度停車するとこうした事態になるので、惰性を切らさないよう走り続けるしかないのだ。

大沼の駐車場で、雪山歩きのときだけ使うスパッツ(ゲーター)を装着しようとしたら右足のファスナーがどうにもこうにも入らない。
諦めて片足だけにしたが、見る人が見たらなんとも珍妙なスタイルに見えるだろう。
まッ、いいか!

Dscn0616 全面結氷の大沼~ワカサギの釣り人が点在している。

Dscn0620 赤城神社。モノトーンの中で橋の赤が鮮やか。

登山口で10本爪アイゼンを着け急坂に取り付く。
積雪量はグンと増えていて、無雪期ではゴロゴロしている岩石がすっかり覆われているのでとても歩きやすい。

Dscn0622   積雪はこんな具合 

Dscn0623  よく踏まれているのでスパッツ不要

雪道の状態が良かったせいか、私の標準的なタイムより少しばかり早く山頂到着。
途中から気温が上がり、汗が滴るほどの暖かさになった。

Dscn0624 日光方向の山々
左に白いのが日光白根、右へ皇海(スカイ)山、男体山、袈裟丸連峰

Dscn0625 谷川連峰の仙ノ倉山(中央)万太郎山(その右)谷川岳(右端)

Dscn0626 説明は不要でしょうが富士山・・・はもちろんウソで浅間山

Dscn0628 黒檜の南峰~信仰的にはこちらが山頂かな?

Dscn0629 奥の小さい小沼と、電波塔だらけの地蔵岳

Dscn0630 遠景は2度目のお目見え、仙ノ倉山

Dscn0631 道標も出ているのは頭だけ

一本のバナナだけを昼食代わりにしてのプアーな雪山歩きを終えた。

追記~ここまでをアップして先に帰京する家人を渋川へ送り、その帰り道、赤城西面広域道路で、この時期一番の難所に来た。
浅い谷なのだが、日当たりが全くないため路面は完全なアイスバーンになっていて、しばしばトラブルが発生するところである。
1台の軽自動車が路肩の雪に突っ込んで、中年のご婦人が一人で篭のようなもので雪を掻いている。
いつも車に載せている小さなスコップを手にして近づいた。
”登ろうとしているうちにスピンして反対向きになり、雪に突っ込んで止まった。落ちるかと思った”そうだ。
聞けば4駆でスタッドレスを履いているそうだから万全のはずだが・・・。
何度も脱出を試みているうちに事態をますます悪くさせる典型で、下回りを雪が埋めている。
これは難儀なことだな・・・こうした事態を何度も経験しているので脱出は簡単ではないことは直ぐに分かった。
とにかく雪を掻き、タイヤを掘り出す作業に精を出す。
折りをみて2度脱出を試みたが失敗。
もう一度雪かきをして、これでダメならJAFを呼ぶしかないな、と3度目にトライし、後ろから押したら・・・ヤレヤレ脱出成功!
互いにホッしたものの、私には少々合点がいかないことがあった。
おばさんと爺さんが悪戦苦闘している間に数台の車が往来したが、その誰もが手を貸してくれなかったこと。
男が3人もいれば押すだけで何とかなりそうな状況だっただけに・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

海辺へ~西伊豆・土肥温泉

2013年2月6日

このところしきりに潮騒を聞きたくなっていた。
汐の香りを嗅いでみたくなっていた。

先月18日、渋沢丘陵から相模湾を遠望したとき、フイにその思いが胸裏に湧いた。
2日、平塚から二宮にかけての丘陵を歩いて、相模湾を見下ろしたが、潮騒も汐の香も届かなかったため、思いは募っていた。

辺のホテルに泊まるこの小さな旅は、長いこと遠ざかっていた耳と鼻と二つの感覚を呼び覚ましてくれることになるだろう。

4日、東京は素晴らしい冬晴れだったのに昼食をした「足柄SA」は予報どおり雨になっていた。
沼津ICから下田街道に入っても好転することなく、湯ヶ島から土肥峠を越えて西伊豆への下りではワイパー全開
久し振りの土肥温泉は雨に煙っているが、街の佇まいは少しも変わっていないように見受けられた。

雨のため、なすすべなく、どこに立ち寄ることもできずに宿に入った。
雨の中の露天風呂は閉鎖的で、潮騒にも汐の香からも絶縁されていた。

翌朝、雲量は少なくなっていたが長続きはしないらしい。

土肥港で渚にたったが、海は穏やかで寄せる波音も小さく、礒の香りもかすかなものだった。

Dscn0602 朝の土肥港    

Dscn0604_2 牧水像

Dscn0603 沼津と結ぶ遊覧船が近づいてくる。

Dscn0606 きくなった船。その向うに泊まったホテル。

海岸沿いに南下すれば幾つかの立ち寄りスポットはあるが、天気は下り坂だから、もう海辺はいいだろう。
これまで踏んだことのない西伊豆スカイライン沿いにある小さな山に寄ってみよう。

一つ目が達磨山 982m

Dscn0608 駐車場から15分で達する草山。

Dscn0610 伊豆の山にも雪があるのだ・・・

二つ目は金冠山 816m これも戸田峠から15分ほどで登れる。

Dscn0611 途中で見下ろす戸田港

Dscn0612  この方向には大きな富士山があるのだが、全く見えない。

Dscn0613

Dscn0614 修禅寺梅林では僅か数本だけが咲いていた。

Dscn0615

三島へ戻り国道1号で箱根を越え、どこによることもなく真直ぐ帰宅。

富士山に近づきながら2日間その姿を一瞬でも見ることなく終わり、私はともかく、連れの家人にはさぞかし思いの残るプチ旅行だったろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

君恋温泉に惹かれて「扇山」へ

21013年2月1日

中央線沿線の扇山1138mは東京近郊の山として昔からポピュラーな存在である。
私も当然一度は登ってはいるが,、それは
もう55年も前のこと。
その後は、東京から西へ向かえば常にイヤでも目に付くこの山に登ってみようという気が湧いたことがなかった。
あるとき、その南側の中腹に「君恋温泉」という名の温泉があることを知った。
・・・なにかひどく興趣をそそられるではありませんか?

ネット情報によれば東征を終えた日本武尊(神出鬼没の彼はここにも現れるのだ・・・)が自ら海中に身を投じた弟橘姫を偲びながらこの地の峠を越えたことから名付けられた「君越(ごう)」と、姫の供養の塚を立てた「恋塚」とが合体して「君恋」という地名が生まれた。
武尊が仰ぎ見た山が「仰山=扇山」となるそうなので、話はうまくできている。

その君恋温泉が如何なるものかを知るため、扇山に登り、下山後入浴することとした。

1月30日、先ずその君恋温泉まで走り、人影が無いのでインターフォンを通して駐車のお願いと、下山後の入浴を伝えた。

Dscn0592 君恋温泉からは富士山と丹沢の眺めがよい。

Dscn0593 君恋温泉の屋根からウッスラと煙が立ちのぼっている。
ただし湯煙ではない。

標識が見当たらないので適当に高い方へと進む道を辿る。

一旦谷へ降り、登り返すと「白龍山」という小さな神社の前に出た。
左手に道が通じているので進むと俄かに心細くなり、それが急な崩壊地で途切れた。
エー!こんなこと聞いてないぜ
幅は5~6mほど。
手がかり皆無のこの急な崩壊地を突破することは自殺行為に近い。
呆然として神社に戻ると、何と右手に明瞭な山道があるではないか。
自分の粗忽さに一人で赤面する。

あとはどこにでもある普通の山道を高いほうへ登っていくだけ。

Dscn0595 多分「成人の日」の雪の残りだろう。

Dscn0596 目の上に頂上がある。

Dscn0598 55年ぶりの山頂~記憶につながるものは何も無い。

Dscn0597 このところこればっかりで、われながらウンザリするが他に写すものが無いので・・・。

下山してそれが目的の君恋温泉で入浴~500円
ここは民宿風で、小さくて、くすんでいて読みにくい「君恋温泉」という表札がなければ、普通の民家との区別がつかない。

客が少ないので今日は女湯だけを用意している、とのこと。
けっこう、けっこう・・・。

小さな浴槽なので、4人も入れば一杯になるだろう。
閉鎖された浴槽なので開放感も得られないし、野天風呂があるわけでもないので、温泉の醍醐味は味わえない。
入浴そのものを楽しむためなら、近ごろの日帰り温泉の方がはるかに勝れている。
どのようなニーズがこの素朴な宿にあるのだろうか?~疑問は解けないままだった。

前回立ち寄った時、たまたま入浴を終えた客が”コンニャクご馳走さまでした”と挨拶していたので、今日も?と楽しみにしていたが、休憩所には何も用意されていなかったのでガックリ・・・。

湯上りのビール、というわけにもいかないので清涼飲料で我慢して車のエンジンをかけた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »