« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

表丹沢のパノラマを楽しむ渋沢丘陵

2013年1月20日

格好付けた言い方になりますが、食わず嫌いは視野を広げる機会をみすみす逃している、そんな経験は誰にもあります。
今日(18日)はそんな一日でした。

小田急線沿線に「渋沢丘陵」という古くから知られたハイキングコースがあるのですが、これまで私は見向きもしないでいたエリアです。
不遜にも「上から目線」で小バカにしていたのですね。
ある必要に迫られて歩いてみることになりました。
結果はこれがとんだ掘り出しものだったのです。
ハイライトは雪をまとった表丹沢連嶺の見事なパノラマです。
これにはスレッカラシの私もかなり興奮しました。
それがこれです。

Dscn0563 渋沢丘陵の一角からの表丹沢パノラマ。
左から桧岳山稜~鍋割山稜~塔ノ岳~表尾根・三ノ塔
~大山とつながります。

何にでも貪欲に食らいついてみるものですね。

新宿から小田急で郊外へ向かっていくと、都下では北向きの屋根や日陰の道では14日の大雪(たったの8cm・・・)が残っているのに、神奈川県に入ったとたん、ウソのようにウララな朝なのです。
お天気の神は何かの義理があって、神奈川県民には雪かきの負担を与えない配慮をしたかのようです。

やがて丹沢の山なみが見えてくると、期待通りというより、期待以上の雪景色になっていました。
まとまった降雪があって、その直後でもない限り、丹沢山塊の南面では雪姿を見ることは滅多にできないのですが、今日は目論み通りになりそうで、心が自然に躍ってきます。

渋沢駅で降り、分かり難い住宅地の道を、それでも途中から導標で今日の最高点「頭高山(ずっこうさん)」303mへ。
先着の女性が二人。
これという特徴のない雑木の疎林の静かな山頂でした。


しかし、渋沢郊外からここまでの行程の随所でお目当ての景色を我が物として歩いてきました。

Dscn0568 厳しい冷え込みの日陰で健気に咲く花~君の名は?

頭高山からの渋沢丘陵歩きは、山道と車道が交じり、時に住宅へ降りたりする、あまり例の無いハイキングコース。

Dscn0574 これはコースと途中で振り返った箱根の山。
中央のズングリが明神岳。右端が金時山。

Dscn0572 表丹沢の核心部・主峰「塔ノ岳」を挟んで鍋割山稜(左)と表尾根(右)

Dscn0573 相州の名山「大山」~なかなかの伊達男ぶりです。

丘陵の背を歩く場所では、右手に相模湾の波濤が煌めき、その奥にかすんだ大島が浮かんでいます。
ところどころ、栽培を放置していると思われるミカン畑があったりします。
♪みかんの花が咲いている ~ ♪

大海原と、雪の連嶺の間に自分がいる~そんなシチュエーションはそうザラにあるものではありません。
その意味で、この丘陵歩きは大変貴重なものだという認識を新たにしました。

地元はこんな貴重な観光資源は大いに知らしむべきでしょう。

Dscn0584 ハイキングのゴールは「震生湖」~関東大地震の時生まれた堰止湖。

Dscn0586 たまには富士も覗きます。

Dscn0581 もう一度表丹沢のパノラマ。
秦野駅に近づいているので、右端の「大山」と中央の「三ノ塔」がヤケに立派に見えてきます。

朝ユックリ出て、明るいうちに帰宅できるお手軽ハイクでしたが、得たものは大きな満足でした。

                                             

                                                     

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二の矢は「倉見山」へと

2013年1月9日

安倍首相、やけに元気がいいですね。
6年前、突然退陣表明したときの表情は、病気のせいだったのでしょうが、目が虚ろで力がありませんでした。
それが今は別人のようです。
”ロケットスタートを切って日本を再生させる”などと意気軒昂です。
・・・自分たちが累積させてきた負の遺産を自ら清算するために今度こそ、の期待に是非応えてほしいものです。

そん安倍さんの元気の足元には及びませんが私も2本目のロケットならぬ矢を発射しました。
せいぜい吹き矢程度のもんですが・・・

ターゲットは富士急沿線、西桂町の南にある「倉見山」です。
一説によると、西桂町には超人気のご存知「三ッ峠山」がありますが、その三ッ峠山の山頂南面にある「屏風岩」を見る山、ということから「倉見山」の名がつけられたそうです。
「倉」とか「嵓(くら)」とかは「岩(岩壁)」を意味しています。
すなわち「屏風岩を見る山」が倉見山、というわけですね。

Dscn0533 山麓から見た屏風岩

Dscn0538 倉見山山頂からの屏風岩

今日歩いた、西桂町民グランドを起点にして「厄神社」から山頂に至り、「堂見山公園」を経由して町民グランドに戻る、時計回りの周回コースは、近年、地元で開いた新しいコースです。
地元では気合を入れて整備したようで、真新しい立派な標識がほぼ過不足なく立っています。
ただし、町で出しているコース案内地図はいただけません。
町のホームページの地図では余りにも文字が小さすぎて読めず、紙の地図を送ってもらいました。
ところがこれも似たようなものでよほど目が良くないと読めません。

それ以上に問題なのは、歩いて分かったことですが、この地図には基本的な間違いがあります。
国土地理院の地形図が読めれば、誰にでも指摘できる初歩的な誤りです。
町当局には、適切な対処を願いたいところですね。

Dscn0534 登山口となる「厄神社」

Dscn0535 真新しくて堅牢な道標が立てられています。

Dscn0537 標高差600m。実動1:45で着いた山頂。

Dscn0539 このところこればっかりですが、富士山以外は見えないもので・・・

Dscn0540 南へ進み、南峰を過ぎたところに南アルプスの展望スポットがありました。

Dscn0542

Dscn0543 杓子山の分岐から西へ下った「堂尾山公園」
地元の「向原さくらを育てる会」で整備しているようですが、公園というには朽ちかかった東屋が辛うじて立っているだけの寂しいところです。

ここから町民グランドに戻るコースは荒れ気味で、一番整備がなされていない部分です。
ルートの設定に改良の余地があります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

初登りは「甲東・不老山」へ

2013年1月5日

恒例というか惰性というか、身内での型どおりの新年の祝いと、明治神宮初詣そして駅伝とWOWOWの「クロサワ」映画とで3ヶ日は瞬く間に過ぎた。
ボチボチエンジンに点火しなくてはなるまい、ということで昨日(4日)初登りに・・・。

行き先は、できれば縁起の良い名前がよろしい、ということで以前から暖めていた「甲東・不老山(ざん)」 839m
丹沢にも同名の山があるため、山歩き人の間ではそれと区別するため「甲州の東にある不老山」ということで甲東・不老山となる。

名前は以前から知っていたが、さてその姿となると、中央高速・談合坂SAの直ぐ北にあるらしい、程度の知識しかなくて、ドレがソレとは特定できないでいた。
今日の中央道走行中に、多分アレ(だろう)!と指摘出来たが、この辺りでは存在感のある扇山とか権現山に比べ「不老」などと立派な名前をいただきながら、およそ風采のあがらない里山である。

上野原から路線バスが運行されているのだが、昨今の地方バスの例にもれず、山に行くには誠に都合の悪いダイヤで、止むを得ず、駐車の懸念を抱きながら車での山行になった。

幸いにして都合よく登山口付近の路側にスペースがみつかった。
長閑な「西不老」の集落で、古老から「ふろうざん」との読みを教えられた。
人家が終わり山道に入れば、いつもの退屈な植林の中での辛抱、シンボー。
今朝はこの冬一番の冷え込みだったが、南面からの登りになるので、時おりは陽光の恵みも得られる。

Dscn0523
金比羅大権現に着くと南の方が開け、毎度お馴染みの・・・
左下が中央道の「談合坂SA」
そういえば絶えず遠くの潮騒のように走行音が聞こえていますね~

主尾根の登りは植林の中で寒々とした日陰ばかり。
弱いながらも風もあり、あまりの寒さに情けないかなひとりでに鼻水が垂れてしまう。

Dscn0526 標高差500mで山頂。南と東が伐採されていて開放的。

Dscn0524 丹沢の主峰 蛭ヶ岳(左) 桧洞丸(中央) 大室山(右)
山麓の集落、中央道、大野貯水池、相模湖、高柄山などが前景にある。

Dscn0525 再度の登場になるが・・・

気温は低いが、山頂の陽だまりでテルモスの熱いお茶でヌクヌク過ごした。
北へ向かい「高指山」を経由して下山。

Dscn0529 下りついた「桑久保」という集落の佇まいが素敵だった。
南傾斜の住宅地は太陽の恵みを十分に受け、今風の家が程よい間合いで並んでいる。
凧揚げに興じている人たちの笑顔にもここの暮らしの豊かさがうかがえた。

かつてはわら葺の家並みだったろうが、その頃に訪れていたかった。

帰路、近いうちに歩いておきたい「君恋温泉」から扇山への登山口を下見するためより道。
君恋温泉で様子を訊ねていると、山歩きスタイルのご夫婦が湯上りの挨拶をされていた。
どうやら鳥沢駅か四方津駅へ歩いていかれる様子。
丁度「大野貯水池」経由で四方津駅へ向かうつもりでいたので同乗のお誘いをした。

途中、立ち寄った「大野貯水池」は55年ぶり。
あれは水辺を彩る桜が満開の季節だった。
立ち並ぶ店などの様子は記憶に残る姿そのままで、55年を一気にさかのぼった。
しかし、あの時一緒だった人の消息は途絶えたまま・・・。

こうして今年の第一歩を踏み出した。
遠くにある目標を思えば、余りにも小さな一歩でしかない。
でも、そんな小さなものを積み重ねていけば、やがてそこに到達できる道であることは毎年の経験で学んでいる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »