« 花嫁の越えた峠~丹沢・はなじょろ道 | トップページ | 初登りは「甲東・不老山」へ »

西上州「千ヶ平」~標識ゼロの山

2012年12月26日

例えば妙義・中之岳神社駐車場とか、御場山とかあたりで南の山なみを見ると、荒船・経塚山の峰頭から左(東)へ毛無岩~トヤ山~黒滝山と連なる稜線のその途中、経塚山に並んで、勝るとも劣らない山容の山に目を奪われる。
地形図で見ると標高1340m圏にある、私にとって長いこと気になっているこの山の名前がどうしても分からない。
地形図は愚か、登山地図や荒船山から黒滝山を歩いた記録を見てもこの山の名前が出てこない。
縦走の途中になるこの山は、理由は分からないが南側を巻いて通過してしてしまうため、山頂を踏むことはない。
そのため無視されるか、せいぜい「無名峰」としてしか触れられない。
このあたりでは一国一城の主として君臨できるだけの風
格を持っているのに惜しみても余りある、あんまりな扱いではないか。
その姿をより近いところで見るため、この無名峰から北東に1・8kmほどの
距離にある「千ヶ平」1158mに登ってみることとした。

千ヶ平とて超マイナーな山。
歩いてみた結果、予想通りではあったが、登り口から山頂まで、標識その他、人為的なものは全く無かった。

当然、一般的な登山の対象ではなく、一部の篤志家によって山岳雑誌などで紹介される程度。
登山には必携の「山と高原」地図にも破線すら記入されていない。
とりつくシマもないようだが、今日はインターネットという強力なツールがあるのでヒントになる情報は得られる。
ルートファインディングのためにはそれらの情報がとても役に立つ。

荒船湖の先でR254の旧道に入り、天神平グランドゴルフ場の脇を通り抜け林道十字路に駐車。
ここから暫くは林道を歩くが、やがて破砕石の荒れた旧林道となる。
この林道が右へUターンするのを見送り、正面の荒れた涸れ沢に入る。
破片岩が乱雑に堆積していて、足元が常に不安定。
転倒、捻挫の危険が潜んでいるので歩き難いことおびただしい。
空模様が怪しくなり、とうとう雪が舞って来るしまつ。
トタン屋根の残骸や、炭焼き窯の跡などを見ながら扇状に開いた沢の源頭部を適当に登る。
傾斜がきつくなり、雪は無いが凍結しているため、帰路はここでアイゼンをつけなくてはならないかな・・・

くに見えていたのに随分時間がかかり尾根に乗り上げた。
稜線上にネットで登場する脚立があったので、予定通りのルートを辿れたことを確認。
3mほどの岩場を越えると頭。
しかしここは山頂ではなかった。
そこから際どい下降、痩せた尾根をトレースして山頂。
幸い雪は一時で、天候は回復。

Pc240988_2 三等三角点の山頂。バックは荒船山。
山頂は梢が展望を妨げている。
西にある、中空に突きあげる小さな岩頭に際どく登ると遮るもののない展望が得られる。
ただし、人一人がヤット立てるという狭い岩頭の周囲は崖になっているので、高度感はありあまるほど。
高所恐怖症にとっては撮影もおちおちしていられない。

Photo 念願の無名峰を間近に見る。
至近距離で見て、いよいよ無名であることが不当であるという思いを強くした。
誰か心あるネーミング名人にこの山にふさわしい名前をつけて欲しいものだ。

Pc240991 凹凸の激しい稜線が食欲をそそる。
P4250791 無名峰のあたりを反対の南側・立岩からみるとこうなる。(4月の撮影)
無名峰の左にもう一つのいただきがあるが、これが千ヶ平から見ると、無名峰の右奥に隠れてしまう。

Pc240994 荒船山も目の前~それにしても真ッ平だな・・・

帰路はアイゼンをつけるのも面倒なので用心しいしい下る。
それでも何度かしりもちをついた。

すっかり冷え切って、さてと気がつけば今宵は私にトンと無縁になってしまったクリスマス・イブか。
心温まるものが待っていてくれるかな、と淡い期待を胸に、家人と孫が留守居をしている山荘に戻った。
その結末は・・・? 触れずにおきましょう。

|

« 花嫁の越えた峠~丹沢・はなじょろ道 | トップページ | 初登りは「甲東・不老山」へ »

登山」カテゴリの記事

コメント

なるほど、これほどの山に名が無いというは、風花さんのご不満はごもっとも。。。周囲の山を圧する風格ではありませんか。
なぜ・という疑問が残りますね。

いつもながら素晴らしい活動力!
寒くなれば極端に活動力の鈍り、冬眠状態になるわが連れ合いに風花さんの爪の垢を煎じて飲ませたい気分になりました。
〔考えればこちらのほうが普通だとは思いますが・・・^^〕

荒船山の真一文字の稜線はあらためて強烈ですね。この個性的な容、好きです。

投稿: おキヨ | 2012年12月26日 (水) 12時06分

おキヨ様
北海道は別にして、狭くて隅々まで測量が行き届いている本土に名前もなければ、測量点もないこれだけの山があるなんて、とても珍しいことです。
一人前の名前がついていても、稜線上の小さな隆起にしか過ぎない例もたくさんあります。

この冬の寒さには私も萎えています。
おとなしく冬篭りでもしていたいような心境です。
遠からずそうするしかない日がやってくるでしょう。

荒船山はほんとに珍しい形の山ですね。
美ヶ原とか霧ヶ峰とか平坦に近い山もありますが、それでも実際にはけっこう起伏があります。
それにくらべて荒船は登り切ってしまうとほんとうにどこまでも平なんです。
山上の、でかいグランドみたいなところを歩く気分もなかなかもものです。

投稿: 風花爺さん | 2012年12月27日 (木) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/48456181

この記事へのトラックバック一覧です: 西上州「千ヶ平」~標識ゼロの山:

« 花嫁の越えた峠~丹沢・はなじょろ道 | トップページ | 初登りは「甲東・不老山」へ »