« 孫に引かれて「三ッ峠山」参り | トップページ | 花嫁の越えた峠~丹沢・はなじょろ道 »

ばばとじじに逢いに~西上州・御堂山

2012年11月27日

今の時期、下仁田界隈へ行くと名産「下仁田葱」のシーズン
それを横目で見ながら町を通過し、R254を内山峠に向けて走ること暫くで「西牧(さいもく)関所跡」前を通り過ぎ、ほどなく右に「セーブオン」
ここから東北にみる山が今日(25日)の目的「御堂山」878mです。
山頂の右に顕著な岩が見えますが、これがこの山のセールスポイントになる「ばば岩」(左)と「じじ岩」です。
Dscn0470  山頂(左)と右端の「じじ岩」と左隣の「ばば岩」
登山道はこの裏側になります。

少し戻り「西牧関所跡」の狭い林道を入ると直ぐに登山口
Dscn0468  Dscn0467 そこにクマ捕獲用の檻が。トマト、トウモロコシ、リンゴなどで誘っているのですがクマ釣られる様子はありません。

Dscn0466さ5mほどの「みの滝」~水が滴っています。
見にくいですが岩の中央にトラロープが下がっています。
これを利用するのですが、コブが作ってないので滑って頼りになりません。戻ってきてからコブを4つ作りました。これで楽になるでしょう。

Dscn0450 T字の分岐は、右の山頂へ向かう前に左折して展望台へ寄り道。
狭い尾根を歩き、突き当たる巨岩の左を際どく巻き、四つん這いで登ると、突然「じじ岩・ばば岩」が目の前に出現します。

Dscn0452故か左が「ばば」で右が「じじ」
自然の造形とはいえ、創造主もなんとも珍妙なものを生み出しましたね。
フとした出来心なんでしょう~神も気まぐれですから・・・。

Dscn0454 左端の「鹿岳」から右端の「荒船山」の連なり。
中間部分が私には空白のエリアになっています。

かなり白くなった浅間山も近いのですが木々の間を透かしてしか見えません
Dscn0459

分岐まで戻り、山頂に向けて急な山道をひたすら登ります。

Dscn0461 雑木に包まれた山頂。背後は表妙義。
Dscn0462 怪峰「星穴岳」~危険過ぎて立ち入り禁止に。

これで私の西上州、未踏の山が一つ減りました。

日曜日なので混雑していた「道の駅しもにた」で玉こんにゃくと下仁田葱(ただし、カモはついていない・・・)をレジに持参し、ささやかながら地域活性化への貢献を果たし帰路につきました。

|

« 孫に引かれて「三ッ峠山」参り | トップページ | 花嫁の越えた峠~丹沢・はなじょろ道 »

登山」カテゴリの記事

コメント

私は初めてお目にかかる奇岩で、この〔ジジ、ババ〕様方は車道からは見えにくいんですね。

神の遊び心を感じますね。

特に左側のババ様はちょっと押すと今にも崩れそうな形で、見かたによっては痛々しい。
これで何数年も頑張っておられる。
私も見習いましょう^^

投稿: おキヨ | 2012年11月27日 (火) 12時34分

おキヨ様
この二つの奇岩は冒頭に書いてあるとおり、コンビニの駐車場から見ることができます。
それにしても、確かに「ばば岩」はあの姿をよく保っていられるものですね。
3・11の時にもなんともなかったのでしょうね。
もしかしたら鉄筋でも入っているのでしょうか?
「筋金入り」・・・上州の女性には言えるかもしれません。

西上州にはまだまだこんな妙チキリンな山がたくさんありますので、もう暫く楽しめそうです。

投稿: 風花爺さん | 2012年11月27日 (火) 20時02分

重ね重ね失礼いたしました。
生来の粗忽さに年齢が加わり、画像を楽しんでいるうち先に拝見した文章が頭の中から抜け落ちてしまいました。

把握力もだいぶ低下したようですm(__)m

投稿: おキヨ | 2012年11月28日 (水) 11時46分

おキヨ様
それはお互いさまです。
加齢のせいにはしたくありませんが、実際問題として特別な能力を備えていない普通の人間は注意力、読解力、記憶力など何によらず、あるところを通過してからは、低下していくのは当たり前です。
私がメールをやり取りする同世代間では、変換ミス、入力ミスは日常茶飯事で、それを咎めだてすることは天に唾することになります。
お互い武士の情けで、判読することで大抵は済んでしまいます。

投稿: 風花爺さん | 2012年11月28日 (水) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/47974627

この記事へのトラックバック一覧です: ばばとじじに逢いに~西上州・御堂山:

« 孫に引かれて「三ッ峠山」参り | トップページ | 花嫁の越えた峠~丹沢・はなじょろ道 »