« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

串田孫一の世界再現

2012年9月28日

原因の分からない、体中のアチコチの小さな不調が続いていて、山歩きもままならず、山荘近くのおなじみのエリアでお茶を濁しています。
ために、山歩きについては「特記事項なし」が続いています。

ところで今日は串田孫一さん(1915~2005)の登場です
思想家、哲学者、大学教授、随筆家、詩人、登山家・・・
串田さんには一言では言えないたくさんの顔がありますが、私には山を舞台にした串田さんの多彩ぶりがまぶしく見える方です。

山歩きをするようになって、それまでは全く無縁のジャンル「山の本」で最初に手に入れたのは多分昭和32年に出版された串田さんの『若き日の山』だったろうと思います。
自分の感性と合う作品に最初に触れるという幸運に恵まれて、以来私の貧しい書棚で、串田さんの著作が一番多くのスペースを占めることになりました。

Img212    Img220_2    Img221

とにかく呆れるほどの多作家でした。
チビた鉛筆一本、アメンボウ一匹でも、世の中の森羅万象ことごとくが串田さんにかかると魔法のような文章で活写されてしまうのです。
次々に生み出される著書を追っかけていくのはいろいろな意味で難儀なことでした。

串田さんが遺したたくさんの遺産の中でも重要な一つが1958年3月に創刊し、25年後300号で終刊した『アルプ』でしょう。
この一風変わった山の文芸誌の編集の中心として、串田さんが遺したものはその特異性においてこの世界で唯一無二のものでした。

Img216      Img222     Img225  

その『アルプ』の文化的な遺産を風化させないようにと、限りない愛惜を込めて山崎猛さんという篤志家が、私財を投げうって1992年、知床・斜里町に開いた「北のアルプ美術館」
そこに串田さんの書斎を再現することに着手してから6年をかけて6月に完成しました。

私がこの美術館を訪ねたのが2007年。
その折、山崎館長からその構想を聞いていて、完成の暁には是非再訪したいと思っていました。

Img223  知的生産の場と言うものはこれくらいの乱雑さが必要なんだな、と感心させられますね。
この中から必要な一冊を探し出すのは神業ですね。 
Img226 こちらが本物です。

Img224 串田さんはハープも弾いたのでしょうか? 

こここそ串田さんの膨大な知的生産の空間です。
ほんものそのものでなくても、館長が意図した空気感は伝わるだろうと思います。   

ところが、いよいよその機会が得られることになったのに、いざとなると知床はなかなか遠いのです。
北海道は私にとって年を追うごとに遠ざかっていきます。
いつか、北の大地を踏むこのはこれが最後、というその日までには必ず訪れて、生前その謦咳(けいがい)に触れることのできなかった人の仕事場で、串田さんを偲んでみたいのです・・・切に・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

『単独行遭難』を巡って

2012年9月13日

ハイキンググループの仲間17人と9~10日にかけて長野県の小さな山歩きをしてきた。
それはそれで愉しい・・・のだが、今日は「単独行」についての寸感を・・・。

156_original  北八ッ・ニュウ山頂で。おじさん方の平均年齢は70歳台。
それが理由かどうか定かでないが、このグループは中高年の山の会としては極めて珍しく、女性会員より男性会員の方が多い。

さて本題へ
登山の世界での公式論の一つが「単独行は危険だからやらないように」というもの。
正確なデータは無いのだが、ここに取り上げた『単独行遭難』の資料によると、山での遭難死(山菜取りなども含んで)は例年270~300件ほどだが、このうち50~55%が単独行のものとなる。
パーティ登山と単独登山との登山者数を想定すれば、単独の場合の方が危険率が高いことは否定しがたい。
遭難救助当事者の言でも、パーティ遭難の場合に比べて単独遭難の救助は格段に困難、という見地から、単独行はやめてほしいということである。

それでも単独行はなくらない。
飛行機は落ちたら命取りだからとか、自動車運転は危険だから、とは分かっていても飛行機に乗らない、運転しないということにはならない、ということに似ている。
つまり極めて低いリスクと秤にかけて、受益の方が圧倒的に大きいから、という判断からである。
もう一つには、自分はそうした事故の当事者にはならない、という錯誤もあろう。


単独行の受益とは何だろう?
自分を鍛える、達成感が大きい、山・自然と深く交感できるなど人さまざまだろうが、何にもまして大きいのはほぼ完璧な「自由」が手に入る、ということだろう。

Hnter384
この書では七つの遭難事例が取り上げられている。
いずれも同行者がいればさしたる困難も無かったろうが、単独のゆえに事態が深刻になった、という事例でもある。
そのいずれもが生還できているが、それは生き抜こうという強い意志のもとに可能な限りの努力をした上で、幸運が重なっている。

Hnter374 「羅臼岳」「両神山」「奥穂高」「尾瀬ヶ原」などにおける遭難事例。

単独行では何かアクシデントが発生した場合、基本的には自力で対処しなければならず、パーティの場合に比べてやれることには限界がある。

ならばパーティなら安全なのか?
確かに事故時の対処方法には幾つかの選択肢が得られる場合が多い。
しかし、むしろパーティであるが故にリスクを大きくすることもある。
例えば単独なら引き返すような状況に見舞われた場合、なまじパーティを組んでいるため撤退の判断を誤り、大量遭難を惹起している例はとても多い。

単独行の経験を積んでいるほど蓄積された危機管理能力が高くなり、そのお陰で危機脱出の成功率を高める、というスパイラル的な効果があり、なまじっかな「烏合の衆」的なパーティより危機対処能力は高い。

要は遭難は単独であろうと、パーティであろうと起きるときは起こる、ということ。
つまるところ、運、不運が生死を分けるとしか言いようのない世界なのである。

私の場合、年間80日ほど山に入るがそのほとんでは単独
とは言ってもヤワな山歩きがほとんどで、極端な例を引き合いに出すようだが、ラインハルト・メスナーなどが行うヒマラヤの高峰の無酸素「単独行」という語感からくる厳しさなどとは程遠いいもので、単なる「一人歩き」である。
大抵の場合、チャントした道があり、要所には道標が立っている、という登山と言うにはおこがましく、山道歩きに過ぎない。
それでもリスクがないということはない。
実際に何度か”マズイナ”という目に会っている。

単独行といえば日本で最も有名な「アラインゲンガー(単独行者)」加藤文太郎が冬の槍ヶ岳で遭難死したのは二人連れの山行だった。

Img201    Hnter371    Hnter372    Hnter383

自由度の高さの魅力と背中合わせにあるリスクを秤にかけたら、私はやはり一人歩きを止めることができない。
一人歩きが出来なくなった時、その時が私が山歩きを終える時になるだろう、きっと・・・。

せめて、リスクを出来るだけ小さくするために必要な備えをし、覚悟は決めておこう。
それでも万一の場合、誰かに迷惑をかけてしまうことは避けられないだろう。
切実にそう思う。
でも、そうなったらそうなったで仕方ない・・・という無責任の謗(そし)りを免れないような気持ちが心の片隅に巣食っているのです。

こんな身勝手な私にご寛容のほどを・・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年10月 »