« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年5月

サスの峰と天空の里・持倉

2012年5月4日

今日(5月1日)は朝から怪しい空模様で関越道は時折ドシャブリの雨。
気分は滅入るが、明日からはもっと悪い日が続く。
なので今は希望的観測にすがって”行くっきゃない!”

行き先は「サスの峰」と「天上の里・持倉」
サスの峰?~これぞ超マイナーな山の典型。
一体どこにあるのか?~分からなくても生きていく上でなんらの問題もありませんが、一応説明しておくと群馬県南西部にある「神流町」にある1173.5mの山です。

この山に取り付く場合には「大福峠」が目印になるのですが、実は過去2度にわたってその峠を特定しようとして失敗しています。
一度は通り合わせた地元の方らしい人に聞いて教えてもらったのですが、それも間違いでした。
今回はR462の「魚尾郵便局」を起点とし、走行距離を地図上で算定して、車のトリップメーターを利用し、位置の範囲を絞り込めるようにして臨みました。
その甲斐あって以前にもここではないか?と思っていた位置がそうであることを確認できました。
大福峠さえ分かれば登山口は探せるはず。
この辺りだろうと判断した位置に来ると、何と最近のことらしいが小さいながらも「サスの峰」登山口を示す標識が立っていました。
ありがたいことではありますが、少々興ざめする思いがよぎるのも確か・・・。

P5010812 二つ目の標識
そこからは地形図で地形を案じながら下生えがないので歩きやすい尾根を辿ります。
P5010813 途中の明るい凹地。二重山稜状になっていますね。

P5010821 こんな岩場に突き当たります。
山頂近くの尾根に乗り上げる所で急な斜面のトラバースがあり、掴まる立ち木が乏しく、けっこう緊張させられました。
~ここは帰りが問題だな~
後は露岩の交じる尾根を、背中に「二子山」を背負う感じで急登します。

P5010814 アカヤシオのお出迎えで「サスの峰」山頂。
ここから西北へ「栗原山」へ向かう尾根は相当に危険らしいのですが、君子?である私はそんなとこへは近づきません。
西南へ少し下った絶壁の上が絶好の展望台。
高所恐怖症のためとても立っていられず、座り込んで撮影、といっても曇天のため僅かに「二子山」だけが見えているだけでしたが・・・。

P5010816

下山して、花の時期に是非再訪したいと思っていた持倉へ。
標高900mのこの集落を、誰が名づけたのか「天空の里」

P5010823 花盛りの持倉を俯瞰する。

P5010825 先ずシバザクラがお出迎えです。

P5010826  P5010827 シバザクラとミツバツツジの競演

P5010828 菜の花も負けていません。

人の手を掛けずしてこれだけの花の饗宴はないでしょう。
だれがどのように手入れをしているのでしょうか。

今日は道から離れたところで畑仕事をしている人影のほかには人の気配が感じれれませんでした。
よそ者には桃源郷に思えても、やはり厳しい過疎の現実があるのでしょうね。 

P5010829 おまけ~神流川にかかる鯉の吹流し                                  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年9月 »