« 二人の女性サミッターとの山歩き | トップページ | 氷瀑の殿堂~日光・雲竜渓谷へ »

新しい年が幕を開けました

2011年1月3日

こだわる必要などさらさらないのに、素直に「おめでとうございます」という言葉が出なくて、年賀状の文面にも無用の気遣をしました。(一人よがりで・・・・)

それでも年は改まります。
1月1日~いつもと変らない一日なのに・・・。

海の向うから二人の孫が戻っていて、海外には無い日本の伝統「おせち」のリクェスト。
一人で応じなければならない家内も、全部お手製にするパワーは既にありません。

殆んどは出来合いのもので済ませました。
それでも腰の痛みを堪えながら半日係でオリジナルも用意。

P1020627    こんな具合にあらかた勢ぞろい。

孫たちが一番のお気に入りは、見た目には多彩で豪華?そうな出来合いの「おせち」より、酢メシを好みの具でつくる手巻き寿司なんですね。

団欒?の様子は乾杯の前に、早くも酔ったような手振れ写真ばかりでご披露するようなものがありません。

そんなことはあってもけっこう退屈するんですね・・・お正月は。
TVのチャンネルはどこを回しても、もう何十年も続いている大口あけての馬鹿笑いの番組ばかり。
ことによると一年で一番TVを見ないのが年末、年始ですね。

どこか一局でも日本の、世界の来し方、行く末をジックリと考えることが出来る番組を、真面目に創ろうとするTVは無いものでしょうか?

TVばかりではありません。
何を切り取っても、金太郎飴のように、同じ光景が現れる毎年の新年の眺め。

偉大なるマンネリ・・・これはこれで平穏な証でしょうか。

こんなところから始めて、お訪ねいただく方々へは何よりもまず「今年もよろしくお願いいたします」と申し上げます。

|

« 二人の女性サミッターとの山歩き | トップページ | 氷瀑の殿堂~日光・雲竜渓谷へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年年賀状を書くときに(おめでとう)と書くのは確かに複雑な思いがしました。
若い方がいらっしゃると、こんなに華やかな食卓になるのですね。奥様はお身体は大変でもさぞ張合いのあるお仕事だったと思います。

テレビの生命はすでに末期状態と時々書かれているのをみます。さすがに若い方たちもテレビ離れをしているとか。。。あれでは無理もありません

私も今年観たのは駅伝、歌舞伎 落語位でした。あとはNHK取材班のエベレスト登頂でしょうか。。。


投稿: おキヨ | 2012年1月 4日 (水) 13時50分

おキヨ様
私のTV離れは番組の質のせいばかりではないような気がしているのです。
一番の理由は加齢現象ではないかと思っています。
本能的に自分に残されている時間が、時々刻々と減っていくことに気付いていているのですね。
その結果、時間を使いたいものと、使いたくないものとが段々区別されてきているみたいです。
TV視聴はどうやらいつのまにか、自然に後者に分類されてきているようです。
もちろん、重要な情報源ですから、関心が持てるものは出来るだけ見逃さないようにしていますが。
なでしこジャパンのアメリカ戦を超えられるエキサイティングな番組は滅多にないですね。

3ヶ日が終わりましたので、またありふれた日常に戻ります。

投稿: 風花爺さん | 2012年1月 4日 (水) 20時24分

謹賀新年♪
御無沙汰しています。
今年もよろしくお願いいたします(*^_^*)
お正月の御家族の団欒画像は拝見していてやはりホッとするものですね。
佳き一年のはじまりです。

札金峠も古めかしい立て札に趣がありますね。
その名にいわれがありそうです♪
今年も健脚であちこちの山を制覇してくださいね(*^^)v

投稿: miy | 2012年1月 7日 (土) 23時25分

miy様
ご挨拶、先を越されてしまいました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

miyさんのいつに変らぬハッピーなブログは、コメントこそいれませんが、拝見し続けています。

今年も縦横無尽に札幌から跳んでください。

私も皆さんからエネルギーをいただき、○○に鞭を打ってまだ見えないゴールを目指して歩き続けるつもりです。

投稿: 風花爺さん | 2012年1月 8日 (日) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/43607183

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい年が幕を開けました:

« 二人の女性サミッターとの山歩き | トップページ | 氷瀑の殿堂~日光・雲竜渓谷へ »