« アルプスの山が買えるだって! | トップページ | 新しい年が幕を開けました »

二人の女性サミッターとの山歩き

2011年12月20日

たまたまご縁があって二人の高名な女性登山家と山歩きをご一緒しました。
お二人ともエヴェレスト(サガルマータ、チョモランマ)の登山史に燦然と輝く方です。

お一人は、女性で最初にエヴェレスト登頂に成功した田部井淳子さん
マスコミに登場することが多く、山登りに関心が無い層にもよく知られている知名度の高い方です。

田部井さんが主宰している「HAT-J」(ヒマラヤ・アドベンチャー・トラスト」というNGOの団体が今「東北応援プロジェクト」を展開しています。

ご自身が福島県出身ということも一つの理由だということですが、立派な行為です
その一つ、中野区で避難生活を送っておられる方々を対象にしたハイキングに参加してみました。
行き先は飯能市郊外にある「天覧山と多峰主山」
日ごろ閉ざされた生活
強いられている方々が35人ほど参加され、一時ながら不自由な日常から解放された時間を楽しまれたようです。

Pc140615 多峰主山で。 Pc140614 出発準備で忙しい田部井さんなどのスタッフ

甲斐甲斐しく面倒を見るHAT-Jのスタッフと避難者。
そのどちらでもない私は道々で避難者の様子を聞くだけ。
言葉には尽くせないご苦労があるだろうに、グチめいた言葉は殆んど聞かれず、淡々と昨日、今日、明日を語っていました。


こうしたイベントには当然それなりの資金が必要です。
その資金活動の大変さもスタッフからの話で、垣間伺えました。

もうお一人はエヴェレストの女性最高齢登頂記録を持つ渡邉玉枝さん
2002年5月、渡邉さんは63歳のときエベレストの頂上に立ちました。
この記録はいまでも保持されています。
渡邉さんが凄いのは高年齢になってからヒマラヤの8千m峰5座に登っていることです。

そんないわば登山界ではスーパーレディなのに、ご本人は至って居ずまいが普通の方で、その輝かしい山歴を誇るでもない謙虚なお人柄は、山の世界での悪口をおよそ聞かない所以ですね。
~その点、大した実績も無いのに、たまたまTVで知名度を上げ、今ではスッカリ泰斗気取り(と、とかくの評判の・・・)M・Iさんなどいとは大違いですね。

その渡邉さんとご縁があって、精進湖の北岸に立つ「三方分山」を山の会のメンバーと一緒に歩くことができました。
~私としてはこの2月、偶然の出会いで「御坂山」でご一緒して以来になりますが・・・。

さすがの健脚で、庭先でも歩くような軽い足取り。
息を切らせるような様子は全くなく、片手に下げたレジ袋に見つけたゴミを入れながら余裕綽々の足取りです。

Cimg3395  渡邉さんを先頭に「金魚の○○○」状態で従う一行。

Pc180624 やったー!ツーショット! イエイエ!

Pc180625 パノラマ台にて。~富士も終日ご機嫌でした。 

ホンノリと暖かい「渡邉ワールド」の空気に包まれて、一年のフィナールを飾るにふさわしい山歩きを終え、河口湖畔にお住まいの渡邉さんとお別れしました。                                                   

                   

|

« アルプスの山が買えるだって! | トップページ | 新しい年が幕を開けました »

登山」カテゴリの記事

コメント

これは驚きの同行者ですね!
田部井淳子さんは山岳のことに疎い私でもその偉大な業績とお顔は存じ上げております。

渡邊玉枝さんは残念なことに全く存じ上げません。

素晴らしいツーショット。。。想像するに、私がある高名な裸婦の大家と静かな美術館で偶然一緒になり高揚した気分で会話できた時のお気持ちかと。。。♪

偉大なる業績をお持ちの2女性もさることながら、お初にお目にかかります風花さんの生き生きした素顔がまた素敵です^^

投稿: おキヨ | 2011年12月20日 (火) 12時26分

おキヨ様
隠すほどの理由もなく、世を忍ぶほどのこともないのですが、ボカシ忘れて恥ずかしながら晒してしまいました。
長い人生、恥はたくさんかいてきましたから、今更気取ってみても始まりませんが・・・。

渡邉さんは素晴らしい方です。
とにかくとてつもなく大変なことを、何事も無いように淡々とやり遂げてしまうようです。

それでいて振る舞いは自然体で、飾り気とか、衒い気など少しも感じられず、こんな素敵な生き方が出来るなんて、その点でもサミット(頂点)を極めた方に思えます。

投稿: 風花爺さん | 2011年12月20日 (火) 16時23分

風花様~ こんにちは!
素晴らしきツーショット拝見しました。

名だたる高名な登山家、田部井さんと渡邊さん
長くコツコツと山に登っている風花様さんだからこそ
このような出会いに導いてくれたのでしょう。

日本一の素晴らしき富士山と渡邊さん、絵になります。
連綿と続いた山歩きのご褒美かな~
山の神様も粋な計らいをしますネ!

活き活きと輝く、風花様のお素顔に触れ
年を感じさせないダンディさに乾杯です。

今年も残り少なくなりました。
どうぞ良いお年を~

投稿: かおり | 2011年12月23日 (金) 10時22分

かおり様
お二人とも、こんな言い方をしたら大変失礼にあたりますが、見かけはごく普通のおばさんです。
体型は極めて普通ですし、人柄がまた気さくで飾り気なく、あんなドエライ偉業を成し遂げたご本人とはとても思えません。

人は見かけでは判断出来ない、その典型的な例ですね。

渡邉さんがエヴェレストに登ったときの様子は、富士山に登るのと同じくらい、気負い無くアッサリと山頂にたってしまった感じですね。

お二人からいただいたエネルギーを来年の山歩きに生かしていきたいですね。

気がつけば今年ももう残り1週間余。
どうか良い年をお迎えください。

投稿: 風花爺さん | 2011年12月23日 (金) 20時23分

いつもご指導有り難うございます。久しぶりの訪問です。
情報掲載活発になりましたね!これからも楽しい情報楽しみに致しております。今日これから筋トレに行ってきます。来年のモンブランをめざして?今年は北アルプスの山々をめざします。
ご指導下さいませ。

投稿: いっちゃん | 2012年2月 9日 (木) 12時25分

いっちゃん様
モンブラン!
あの本場アルプスの「モンブラン」ですか?
シャモニーに行って「モンブラン」を食べてくる、のではなく「モンブラン」に登るのですか?
イヤー、羨ましいと言うか、ため息が出ますね。
あの三浦雄一郎さんが言っています。
「夢は叶うもの」と・・・。
大きな夢を抱き、実現しましょう。
夢を持つ者は永遠に青年です。

投稿: 風花爺さん | 2012年2月 9日 (木) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/43406812

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の女性サミッターとの山歩き:

« アルプスの山が買えるだって! | トップページ | 新しい年が幕を開けました »