« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年9月

アルプスの山が買えるだって!

真夏の2011年9月6日

一週間ほど前の新聞記事だが、アルプス(もちろん本場ヨーロッパアルプス)の山二つが売り物になったという。

それによるとオーストリアのグローゼ・キニガット山2689mが1千万円、ロスコップ山2603mが330万円というお値段で。

ヘー俺にも買えるジャン!

オーストリアだから欧州アルプスの東の端っこ。
それでもアルプスには違いないだろう。

オーストリア政府の合理化計画で設立され機関で、国有財産の管理・売買を業務にしている「BIG」が売りに出した。
二つの山は「価値が低い」という理由で処分対象になったそうだ。

売却は世界の注目を集め、オファーが殺到したそうだ。

当然、地元や国民から猛反対が起き、結局、国が買い上げることで騒動は治まった。
それはそうだろう。
土地には歴史がある。
それを否定するようなことは国民感情が許すはずが無い。

バブル期、日本が米国の不動産を買い漁った。
米国のナショナリズムを痛く傷つけた。

今、何が狙いなのか、中国資本が日本の不動産を買っているらしい。
やはりザワザワ波立つものがある。

いやー、それにしても夢を見られる話だ。

もし私でも買える、としたらどの山を選ぶだろうか?
全てを知っているわけでもないし、ギョーサンの名峰があるしで、それは迷いに迷うだろう。

それでもあえて挙げればスイスアルプスの「ダン・ブランシュ」 4357mかな。

Img124_2 マッターホルンの右の山がダン・ブランシュ

あまりにも有名なマッターホルンのそばにあるため脇役になってしまっているが、秀峰である。
マッターホルンを美しいとする見方は多いが、私にはどうも無機質な巨大な岩の彫像のようにしか感じられず、「山」とは異質のようなものに思える。
その点、ダン・ブランシュはいかにも端正な、山らしい山で、スイスの旅では一番印象に残っている。

そう、日本の山では、西側から見る「甲斐駒」かな。

少し遅めの「真夏の夜の夢」(シェークスピアorメンデルスゾーン)でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年12月 »