« 鎮魂の「御巣鷹の尾根」から大蛇倉山へ | トップページ | 尾瀬を守るのは誰か? »

渓流に涼を求めて~奥秩父・ナメラ沢

2011年8月19日

東京がこの夏一番の暑さを記録した18日、笛吹川の上流の支流の一つ「ナメラ沢」で渓流遡行を楽しんだ。
ナメ滝(緩い傾斜の川底が滑り台のようになっていて、水がその上を滑るように流下する滝)が多くて易しい沢、ということになっている。

雁坂トンネル料金所の右手前の広い駐車場には1台も無い。
車道になっている「旧雁坂峠道」は「沓切沢橋」から登山道に変る。

P8180371 ほどなく雁坂峠道から「ナメラ沢」への下降点。 

転げ落ちそうな急坂を下ること数分で「クドノ沢」に下りつく。
この上流の「峠沢」の源流が「雁坂峠」となる。
ここで支度を整え流れを「ナメラ沢」との合流点まで下る。

初めからこの沢をツメ上げるつもりはない。
適当なところで戻ることに決めている。

この場合、肝腎なことは「必ず戻れる確信が持てる」ことを確かめながら進むこと。

P8180380 左が「ナメラ沢」(流れは見えているより広い)

遡行開始~とは言ってもゴーロー(石がゴロゴロしている)歩きが暫らく続き

P8180373 小さなナメや  P8180374 くの字状のナめ、と続くのを、適当に遡行していく。

P8180375 初めて滝らしい2段、5mの滝
画面からは切れている、右端のザレから取り付き、ガイド記事の通り、上部の木の根に手が届いたのだが、段差が大きくて、「腕力乏しく、体重のみ一人前以上重い」身の悲しさ、乗り上げられない。(帰りは重力に従い、難なく下降できた・・・)

仕方なく左から高巻きして落ち口へ出た。

P8180376 釜を持つナメ滝。奥に20mのナメが見えている。

P8180379 2段20mのナメ滝下。
ガイドでは左端が上れるようだが、取り付いてみると、岩がツルツルでとりつくシマが無い。

左の急な土の斜面を巻けば何とか滝の上に出られるか。
でも帰りはどうなる?
20mのロープは持ってきているが、支点が取れるか?

結局いつもの根性なし丸出しでここまでと決めた。

サラサラ流れる水が生み出し清涼な風が心地よく、貧しい昼食などする。

沢歩きの時はもう少し食事に工夫をすべきだな・・・と反省。

渓流を下り、渓谷から離れれば、山の中でも暑い夏の日が待っていた。
                                                                                                    

|

« 鎮魂の「御巣鷹の尾根」から大蛇倉山へ | トップページ | 尾瀬を守るのは誰か? »

登山」カテゴリの記事

コメント

清涼感あふれる画像を堪能させていただきました!
それにしてもなんとお元気でいらっしゃること・・・でもご自分を過信しない冷静さが最も重要なことと今までの記事から読み取れます。
ですからいつまでも続けられることなんでしょうね。shine

投稿: おキヨ | 2011年8月20日 (土) 11時49分

おキヨ様
歳が歳ですし、一人での行動ですから、無鉄砲は許されません。
いきおい、時とすれば「石橋を叩いても渡らない」こともあります。
冷静というより臆病になっているのでしょうね。
自己弁護になりますが、これからも続けていくためには、それくらい臆病であることも必要なことだと思っているのです。
自然はそんなダメジイでも受け入れてくれる懐の深さを持っていてくれるので、ありがたいことです。

投稿: 風花爺さん | 2011年8月20日 (土) 15時59分

夏の渓流歩き、とても涼しそう!
爽やかな水音と清涼感たまりません。
暑い時は沢歩きが一番、それにしてもお元気でなによりです。

適当に楽しんだところでの撤退、臆病とおっしゃいますが
私もそれ以上に臆病です。自分の力を過信せず石橋を叩いても渡らない方どす。

単だとリスクも大きく、足を挫いただけで
命取りになるとも限らず、携帯も谷だと、まず繋がらないと思います。
絶対無理は禁物、体が幾つあつても足りないです。
だからこそ、ここまで長く続けられたのではと思っています。

暑さにめげず、御巣鷹尾根の鎮魂登山、渓流歩きと
ご活躍の風花様に謹んで白旗を捧げます(笑)


投稿: かおり | 2011年8月24日 (水) 12時01分

かおり様
暑さにはけっこうメゲているのですが・・・
お説のとおり単独行は捻挫程度のケガでも命取りになりかねません。
特に、一日中、誰にも合わないようなヘンテコリンなコースを歩く時はリスクが大きいですね。
そこは分っているつもりなのに、時々、リスクを冒してしまいます。
せめてムリだと分ったときには、アッサリ見切りをつけることぐらいはしようと心がけています。
執着心を捨てることが出来るようになっているのが、何よりの安全対策です。
まァー、これも早い話が、加齢現象ですが・・・・。
これホンマドスエ・・・・。

投稿: 風花爺さん | 2011年8月25日 (木) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/41272557

この記事へのトラックバック一覧です: 渓流に涼を求めて~奥秩父・ナメラ沢:

« 鎮魂の「御巣鷹の尾根」から大蛇倉山へ | トップページ | 尾瀬を守るのは誰か? »