« 渓流に涼を求めて~奥秩父・ナメラ沢 | トップページ | アルプスの山が買えるだって! »

尾瀬を守るのは誰か?

2011年8月28日

♪夏は逝くのに(正しくはもちろん”夏がくれば”・・・です)思い出す 
                             遥かな尾瀬 遠い空♪

江間章子作詞のこの名曲がラジオから聞こえてきたのが1949年。
遥か、遠い昔のことになる。
その間、尾瀬は日本が世界に誇る自然資産の地位を保ち続けている。

その尾瀬が今、歌詞にある「揺れゆれる浮き島よ~」のとおり揺れている。

東日本大震災がもたらした波紋は思いも寄らないところにも現れるが、これもその一つ。

尾瀬の保護・管理に要する費用の捻出に頭の痛い問題が生じているのだ。
この費用は年間約7・2億円。
これを国(環境省)4億円、群馬県1・2億円、そして東電が2億円という内訳で負担しているのが現状だそうである。

東電は尾瀬国立公園の40%を所有し、その中の特別保護地域では実に70%を所有している。

そもそも尾瀬の歴史を概観すると
1905年、横田千之助という代議士が1800町歩(・・・と言われても、その広さがどれ程のモノカピンと来ない・・・)を1万円(今日の貨幣価値にするといくらくらいか?)で取得。
その後、ややこしい権利の変遷があり、最終的には東京電力が水力発電のため手に入れて今日に至っている。

東電の目論見通り、ここに貯水施設が設けられれば、尾瀬ヶ原も尾瀬沼も水没する運命にあった。
しかし、懸命な保護運動の高まりで東電の計画は頓挫。

1989年、入山料徴収の議論が起こったが、実現には至らず。

1996年、東電はダム計画を断念し、水利権を放棄。  

2007年、「尾瀬国立公園」が日光国立公園から独立して誕生。

私も尾瀬には時折足を運ぶが、木道の整備、植生の復活などでうかがえる東電(実務は子会社の尾瀬林業)の貢献には敬意を覚えている。

Photo           Pokegi_yukata286

福島原発で露呈した東電のもろもろの体質には怒りも覚えるが、こと「尾瀬」の自然保護についての貢献は評価している。

東電は5月26日、今のところ「尾瀬の売却はしない。環境保護についても維持していく」というスタンスにあることを公表。

しかし、東電のこれからの気が遠くなるような賠償の原資調達を考えれば、果たして現実にそれが可能だろうか?
そもそも、東電にはもはや尾瀬を所有する意味は喪失しているのではないか。
それゆえに尾瀬の国有化の主張も多い。
私も「尾瀬」が国民共有の自然資産であり続けるためには、一企業の所有から、国が所有する方向に舵を切るのが正しい方向と思う。

ところで、私は以前から「尾瀬」の環境保全の費用に充てるためには、入山料を徴収すべしという立場である。
論拠~尾瀬の環境保護には現に国費4億円が投入されている。
いうまでもなく税金である。
尾瀬に行かない人も、行けない人も、負担していることになる。
税の公平性から乖離している。
それなら「受益者負担」の原則に従って「入山料」を払う、というのは合理であろう。

アレだけの自然景観を楽しめる代償を少しばかり負担しても文句はあるまい。

現に大方の意見もそうである。

尾瀬の入山者数は年間30万人ほどらしいから一人千円の入山料をとれば、徴収のコストを差し引いても、東電の負担がゼロになってもまかなえる勘定になろう。

徴収する、となると徴収のコストが発生のほか、技術的には面倒なことが介在してくるだろうから、イザやろうとしても、頓挫した過去もあるくらいだから、ことは簡単ではないだろうが・・・・

結論~尾瀬を守るのは「尾瀬」に行く私であり、あなたです。

|

« 渓流に涼を求めて~奥秩父・ナメラ沢 | トップページ | アルプスの山が買えるだって! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

尾瀬を守ることに関して風花さんの持論に賛成です。
過去に頓挫したことがあるということですが、事態は今回の事故で大きく変わったのではないでしょうか?尾瀬を日本の宝として考えれば、入山料の徴収は当然のように思いますね。

投稿: おキヨ | 2011年8月28日 (日) 12時07分

おキヨ様
政官業に学者を加えた原子力村の象徴的な存在として、東電に向けられている視線は実に厳しいものです。
原発災害の被害者の立場からみれば無理からぬことです。

尾瀬の自然保護に従事している社員などの関係者は、会社が進めてきた政策には全く無関係で、何らの責任はありません。

それでも贖罪意識にさいなまれながら、今日も黙々と自分の役割を果たしているのでしょうね。

そうした姿を想像すると心が痛みます。

原発の影の部分の業の深さは深刻です。

投稿: 風花爺さん | 2011年8月28日 (日) 20時16分

「尾瀬国立公園」に独立するまでの変遷、「 尾瀬 」の事、とても勉強になりました。保護・管理費で年間 7・2億円とは、木道の材料費とそれらに関わる人件費なのでしょうか?平均で1ヶ月、6000万ですね! 入山料はやはり、徴収して、 それで国の出費を減らして、震災復興にあててもらいたいですね。

投稿: アメリカンブルー | 2011年8月30日 (火) 22時02分

アメリカンブルー様
尾瀬の環境維持のためのコストは一日当たりに換算すると、200万円ほどになりますね。
尾瀬の自然を無邪気に楽しんでいる人たちの大多数は、こんなに多額の費用がつぎ込まれていることなど、知らないままで帰ってくるのでしょう。
入山料を取る、と言うことはこうした意識を変えることにもなると思います。
お金のこともさることながら、木道が無い時代に踏み荒らされた「高層湿原」を再生させるためには30~40年という長い時間が必要でした。
尾瀬に限りません。
素晴らしい自然から、その恩恵を長く受け続けるためには、畏敬の念を持って接することが求められると思っています。

投稿: 風花爺さん | 2011年8月31日 (水) 06時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/41177460

この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬を守るのは誰か?:

« 渓流に涼を求めて~奥秩父・ナメラ沢 | トップページ | アルプスの山が買えるだって! »