« 雲取山の原三角測點を確認に | トップページ | これぞ奇遇!~蓼科山でのできごと »

腕力不足に泣く、表妙義・中之岳

2011年6月26日

「晴登雨睡」~これが私の山家暮らしにおける基本パターン。
今日(24日)は梅雨晴れ・・・だから山へ。~表妙義へ。

高温多湿は私の大敵。
何もしなくても、それだけで疲労する。
なので、これから涼しくなるまでの間の山歩きはいささか辛い。

随分昔、部分的には歩いている石門辺りをなぞり、最近手入れされて、安全性が高くなったという情報がある表妙義の稜線へ、と言うのが予定。

P6240324 中之岳神社駐車場から見上げる「金洞山」
今日は結局、中央の「中之岳」までに終わったが・・・・。

帰宅してから分かったのだが、今日は「フェーン現象」だったようだ。
道理でやたら気温が上がり、強風が吹き荒れていたわけだ。

「かにのこてしらべ」から始った鎖場は、第四石門を潜り「ひょうてい(評定)」に至るまで、幾つあったろうか。
初めは数えていたが、途中から面倒になりやめた。
すでにいい加減、ひ弱な腕がなまってきている。

P6240316 おなじみの第四石門を通しての「大砲岩」

石門めぐりを終え「中之岳」へ向かう。
途中、強風に煽られて枯れ枝が何度と無く落ちてくる。

何本も繋がった鎖にすがって上りあげた狭い表妙義稜線の「コル」。
吹き抜ける風が心地よく、ザックを下ろし一息。

ト、突然、強い風に煽られたのか、何気なく石の上に置いたザックが登山道と反対の、西側の急斜面に落ちていった。
何だこれは・・・!

呆然と追う目に映ったのは、転げ落ちていくザックからペットボトルが抜け、ザッザッという音とともに落下していくその姿。
ほどなく下方のルンゼ(岩溝)の中でザックは消え、音も途絶えた。

何ということだ!
どこまで落ちていってしまったのか?

命に代えるほどの貴重品は無いが、それでも回収したい。

この急な斜面を下り、更に下のルンゼを下降出来るのか?
こんな場合の用意に、と思って持参したロープもザックの中ではこの際何の役にも立たない。

気を鎮めて観察すると、急斜面には細いながらも疎らに立ち木が生えている。
これを頼りに下れるところまで降りてみよう。
崩れる足場を慎重に確かめながらジリジリと下降。
立ち木が無くなった位置に幸運なことに大きな倒木が横たわっていて、そこで体勢を固めることが出来た。


そこから20mほど下に、木の間に挟まって止まっているザックが見えた。
もし、そこで止まらなければ、その先の急峻なルンゼで、どこまでも落下していってしまったことだろう。
立ち木は無くなったが、傾斜が緩んでいたルンゼをザックのところまで下りることが出来た。

回収し、露出している木の根などにも助けられコルに戻れた。
ヤレヤレ・・・・・

思いもよらない出来事にひるんだ気持ちを立て直し「中之岳」へ。
途中、頼りにならないトラロープを頼らざるをえない嫌なトラバース。

頂上直下の2段の鎖場。
殆ど垂直に近いが、岩にスタンスになる窪みが造られているのに助けられる。
上の鎖は出だしが被り気味だったが上部は傾斜が緩んだ。

P6240319 高所恐怖症にとっては居心地の悪い「中之岳」山頂。

君子ではないが、危ない所には近づきたくないし、何より腕がなまってしまった。
今日はここまでにしておこう。

それにしても、またもや金と力の無い色男の嘆き!
”おっ母さん、なんでオレを色男に生んだんだ!”

                  

                                                                                                             

|

« 雲取山の原三角測點を確認に | トップページ | これぞ奇遇!~蓼科山でのできごと »

登山」カテゴリの記事

コメント

・・・ということは、埼北~群馬地方が最も暑い日に妙義山に登られたんですね。
用具を回収できて幸いでした。頂高さほどではなくても妙義は危険度の高い山と聞いています。
ころがって落ちたのが用具で幸いでした。

色男のほうはお認めの通りgood・・・プラス体力も人並み以上に与えられたのですから、そんなことをおっしゃると天からお叱りの声が飛ぶと思います。

投稿: おキヨ | 2011年6月28日 (火) 12時12分

おキヨ様
落としたものが命でなくザックでヤレヤレです。

色男ぶったりしていますが、自他共に認識はそうではないことは自明のことなのです。
色男でもなく、その上金も力も無いのですから救いがありません。

天は二物どころか一物も与えてくれなかったのです。

そんなわけで山にでも行くしかない、吹けば飛ぶよな爺さん。
それが私なのです。

投稿: 風花爺さん | 2011年6月28日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/40534671

この記事へのトラックバック一覧です: 腕力不足に泣く、表妙義・中之岳:

« 雲取山の原三角測點を確認に | トップページ | これぞ奇遇!~蓼科山でのできごと »