« 故国で蘇る「乙女の祈り」 | トップページ | 唱歌「田道間守」の思い出 »

「佐久の幽巒」への長い旅

2009年10月12日

日航機が墜落した御巣鷹山」の西の方、約8kmほどのところにある「御座山」(おぐらやま・おぐらさん)2112mは、知名度は高くないものの、昔から良く登られている山です。

今は聞きませんが、ある時期、一部の人はこの山の冠詞として「佐久の幽巒」という言い方を使っていました。
難しい言葉ですね。

「幽」は奥深く隠されている、いう程の意味。
「巒」は「山」のことです。
すなわち「幽巒」は「奥深い山」ということになります。
確かに山々が幾重にも重なる長野・群馬の県境にある山ですから、「幽巒」の表現は決して間違っていません。

標高はそれほどではありませんが、周囲の山からは抜きん出ているので、どこからでもよく目立つ存在です。

私がこの山に登ったのは1962年5月。
その時の記録に「大島亮吉が佐久の幽巒と呼んだ御座山」と記してあります。

そのことには何の疑いも持っていませんでした。

                        Photo_2

「御座山」山頂での20台後半の私。
こんなことが出来たのも若さの故。

あるとき「大島」の書いたものを読み返したのですがどう見ても「佐久の幽巒」という表現は見当たりませんでした。
ナンデ! キツネにつままれた、というのはこんな状態でしょう。
大島は1926年4月秩父から信州・梓山まで長い山旅をし、その途中で「御座山(大島は小倉山と)に登り、それを日本山岳会の『山岳』に発表していますが、「幽巒」の「幽」の字も出てこないのです。

それではいったい誰が言ったことなのか?

御座山に関して書かれたものをあれこれ調べてみましたが長いこと謎のままでした。

2007年に山の世界では良く知られている「野口冬人」さんが『書斎のビバーク』を上梓されました。

その中で”意味がよくわからないままに「大石真人」さんが書かれたものから「佐久の幽巒」を知り、引用していることを書かれていました。

そこで今度は「大石真人」さんの書物探しです。
『山岳憧憬』を入手し、「佐久の幽巒」の初出が古い『山と渓谷』誌であることが分かりました。

 Photo                                                 

先日、国会図書館に出向き、昭和22年9月号の『山と渓谷』を閲覧。

ようやくその一文に出会いました。

分かったことは「幽巒」は難解なことこの上ない、幽玄の詩人「日夏耿之介」の作品から引用したものでした。
「鮮(あた)らし 驍(つよ)し 湛(たの)し  煕(たの)し 幽巒に入る」

こんなことホント、どうでも良いことです。
分かっても、分からなくても私の人生に何の影響もありません。
その追求のために費やした時間がもったいない・・・・

分かってはいるのですが・・・
それでも長年頭のどこかに住み着いていた「宿題」を果たして気分は「ハレ」です。

今度は、もう一度あの岩の山頂に立ちたい、という宿題を果たさなければなりません。

|

« 故国で蘇る「乙女の祈り」 | トップページ | 唱歌「田道間守」の思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

風花さんはほんとうに人生をこの上なく元気に、楽しく 有意義に過されている見本のようなお方だと思います。
不思議に思うこと、納得いかないことはとことんお調べになるんですね。そういう姿勢がすっぽり抜け落ちている私、反省するには遅すぎました。

〔御座山〕が長野、群馬の境で2112mだと私も知らずに見ている山かも知れませんね。

投稿: おキヨ | 2009年10月13日 (火) 11時19分

おキヨ様
こういうステレオタイプ的な言い方は的外れなんですが「上州人は淡白だ」と言われています。
で、上州人である私は自分では淡白だと思っています。
ところが世の中にとってホントにどうでも良いようなことなのですが、頭の隅にこびり着いてしまい、捨てられないことがあるのです。
これも性分だと割り切って、そんな自分と付き合うしかないのです。
「御座山」は小海線やら、信越線からもそれと指摘できるくらいの存在ですが、何しろ回りを八ヶ岳、浅間連峰、奥秩父などの目立つ山群が囲んでいるので、割をくっていますね。
おキヨさんもキットどこかで目にはされていると思います。

投稿: 風花爺さん | 2009年10月13日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/31703621

この記事へのトラックバック一覧です: 「佐久の幽巒」への長い旅:

« 故国で蘇る「乙女の祈り」 | トップページ | 唱歌「田道間守」の思い出 »