« 本居宣長の思い出 | トップページ | 「デルフォイの巫女」に恋をして »

漢字読みの思い出

2009年3月27日

恐縮ですが、またまた思い出話です。
ただ、少しばかりホロニガイものですが・・・。

「読めそうで読めない漢字」の類の本が良く売れ、テレビでも難問、奇問の漢字テスト番組など、このところ「漢字」に対する関心が高いようです。

Img042

この「漢字バブル」のような現象が生まれている理由はどこにあるのでしょうか?

その結果が「日本漢字能力検定協会」の「もうけ過ぎて「文部科学省」からお叱りを受けた、などという椿事を生んでいます。

その漢字読み競争での思い出すことがあるのです。

それは確か小学校(当時は国民学校)5年の時でした。
ある授業で先生が漢字読みの競争をさせたのですね。

そのころ、もうすでに「神童」のメッキはすっかり剥げ落ちていたのですが、なんとか「天才」の域には辛うじてしがみついていた私。
とりわけ「国語」は私の最も得意とする分野。

今日ならなら早速「馬券」の場が立つでしょうが、もしそうであったらさしあたり私は「本命」か「対抗」で買われたでしょうね。

先生が黒板に漢字を書き、生徒がそれを読むのですが、読めない生徒は脱落。

当然、進むほどに難易度は上がります。
次第にサバイバルゲームの様相が濃くなっていきます。

乏しい記憶では「待望」が正確に読めなくて、ほとんどここで振るい落とされ、気がつけば残るは二人になっていました。

私は当然としても(自信過剰でシラケますね・・・)もう一人が誰も予想していなかったS君です。

学業でも、体操でも目立つところがまるで無い平凡そのもののSでしたから、私のライバルがSということは教室に意外、という雰囲気を醸しだしましたね。
(後に知ったのですが、彼も並外れた読書家だったようです。)

同時に、勝負は決した、という気もしました。

ところが予想に反し、ライヴァルは只者ではなかったのです。
両雄(?)相譲らぬ切り合い何合か。
しかし、ついに勝負が決する時が来ました。

「須臾」・・・? 
        ・・・・ 何だこれは!  見たことも、聞いたことも無い字だ!

私には全く読めない漢字です。
          ・・・・ギブ アップ・・・・

ところが敵はいともアッサリ「しゅゆ」と正解したのです。

後年「野に遺賢あり」という言葉を知りましたが、まさしくSのような存在を言うのですね。

いつか彼に、あの時のことを覚えているかどうか、どうしてこんな難しい漢字を学んだのか聞きたいものだと思いながら、未だに果たせずにいます。

|

« 本居宣長の思い出 | トップページ | 「デルフォイの巫女」に恋をして »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えッ!!小学5年で私が今もって解からない〔しゅゆ〕を読める子がいたんですか。これは驚きです。向こうから見たら読めないこちらが驚きでしょうね。。。^_^;PCでは漢字も出ませんが。

かねがね只者ではない文章力の持ち主と感じている風花さんを打ちのめした方の現在に興味を持ってしまいます。

投稿: おキヨ | 2009年3月27日 (金) 12時40分

おキヨ様
ありふれた言い方ですが「上には上がある」もんですね。
「しゅゆ」~「僅かな間」という意味だそうですが、今ではもちろん、当時でも使われることの無い文字でした。
負け惜しみでなく・・・
漢字変換では出ませんね。
私は「IMEパッド」の手書きでようやく探し出しました。
人騒がせな「漢字」です。

投稿: 風花爺さん | 2009年3月27日 (金) 15時13分

風花さん 今晩は
オキヨさんと同じです。国語辞典には記載 PCでは変換否。

私の小学校低学年の頃は2年生頃か 9 9 く く が
毎日のように 競争させられました。

上には 上が・・・・・・・・・・いやいや
風花さんに 感心するのは どのような レスにも
丁寧な返信がある事です。そして文章が上手です。

老老介護 で80才の老夫がトイレで過労死 老婦人はその後
布団で衰弱死 とありました。 あまりにも・・・・・・・
涙がでます。
私の尊敬するメル友さんも(87才) 入退院の繰り返し 奥様は痴呆 疲れた と電話とメール。
遠方でどうする事も出来ない。
誰にでも 言えない。家内にぐちぐち 風花さんにまで。
随分と激励の送信したが。
元気になって 春を迎えて欲しいものである。
随分と横道にそれて ごめんなさい。rain


投稿: 青果 | 2009年3月27日 (金) 22時53分

青果様
私の、少々屈折した自慢話におつきあいいただきsりがとうございます。
「老」と「死」
誰にも避けて通れない問題ですね。
その点は平等なんですが、その迎え方には格差がありますね。
なんでもかんでも政治のせいには出来ませんが、それでも政治によってその格差を縮小出来るはずなのに、小泉さん以後、むしろそれを拡大してしまいましたからね。
私にとっても目の前に迫っていることなんですが、あまり考えないようにしています。
”その時はその時。そうなった時なんとかするしかないんじゃない?”
家人から何かの折に”そうなった時、どうするの?”などと聞かれた時など、そんな答え方しか出来ません。
こんな考え方、かなりいきあたりばったりで、健全ではない、とは思いますが・・・。

投稿: 風花爺さん | 2009年3月28日 (土) 06時30分

子供の頃の風花さんにも読めないものだったのでしょうが
ワタシも今もって聞いたこともありません、もちろん読めもしません!
いったいその方はどうやって知り得たのでしょうかね?

>いつか彼に、あの時のことを覚えているかどうか、どうしてこんな難しい漢字を学んだのか聞きたいものだと思いながら、未だに果たせずにいます。

ええ、未だ聞けず…っていうことありますよね~。
これからの楽しみに取っておくのもいいですよね~♪

投稿: miy | 2009年3月31日 (火) 20時11分

miy様
私だってあの時、この字に出会うことが無かったら、間違いなく今でも読めない筈です。
何故なら、およそ使われることがないですものね。
もし、試験問題に出たりなどしたら、あまりフェアーとは言えないような気がします。
・・・負け惜しみですが・・・
あの人に、あの時のこと聞いてみたい、と言う類の、頭のどこかにこびりついている人生での宿題みたいなもの、皆さんけっこう持っているものでしょうね。

投稿: 風花爺さん | 2009年3月31日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393418/28508128

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字読みの思い出:

« 本居宣長の思い出 | トップページ | 「デルフォイの巫女」に恋をして »