« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年3月

漢字読みの思い出

2009年3月27日

恐縮ですが、またまた思い出話です。
ただ、少しばかりホロニガイものですが・・・。

「読めそうで読めない漢字」の類の本が良く売れ、テレビでも難問、奇問の漢字テスト番組など、このところ「漢字」に対する関心が高いようです。

Img042

この「漢字バブル」のような現象が生まれている理由はどこにあるのでしょうか?

その結果が「日本漢字能力検定協会」の「もうけ過ぎて「文部科学省」からお叱りを受けた、などという椿事を生んでいます。

その漢字読み競争での思い出すことがあるのです。

それは確か小学校(当時は国民学校)5年の時でした。
ある授業で先生が漢字読みの競争をさせたのですね。

そのころ、もうすでに「神童」のメッキはすっかり剥げ落ちていたのですが、なんとか「天才」の域には辛うじてしがみついていた私。
とりわけ「国語」は私の最も得意とする分野。

今日ならなら早速「馬券」の場が立つでしょうが、もしそうであったらさしあたり私は「本命」か「対抗」で買われたでしょうね。

先生が黒板に漢字を書き、生徒がそれを読むのですが、読めない生徒は脱落。

当然、進むほどに難易度は上がります。
次第にサバイバルゲームの様相が濃くなっていきます。

乏しい記憶では「待望」が正確に読めなくて、ほとんどここで振るい落とされ、気がつけば残るは二人になっていました。

私は当然としても(自信過剰でシラケますね・・・)もう一人が誰も予想していなかったS君です。

学業でも、体操でも目立つところがまるで無い平凡そのもののSでしたから、私のライバルがSということは教室に意外、という雰囲気を醸しだしましたね。
(後に知ったのですが、彼も並外れた読書家だったようです。)

同時に、勝負は決した、という気もしました。

ところが予想に反し、ライヴァルは只者ではなかったのです。
両雄(?)相譲らぬ切り合い何合か。
しかし、ついに勝負が決する時が来ました。

「須臾」・・・? 
        ・・・・ 何だこれは!  見たことも、聞いたことも無い字だ!

私には全く読めない漢字です。
          ・・・・ギブ アップ・・・・

ところが敵はいともアッサリ「しゅゆ」と正解したのです。

後年「野に遺賢あり」という言葉を知りましたが、まさしくSのような存在を言うのですね。

いつか彼に、あの時のことを覚えているかどうか、どうしてこんな難しい漢字を学んだのか聞きたいものだと思いながら、未だに果たせずにいます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »